田中 雄太

ブラックハットSEOとは

Googleアルゴリズム

ブラックハットSEOとはのサムネイル

SEO対策の1つであるブラックハットSEOは、検索エンジンを騙すようなコンテンツを作成し、意図的に検索順位を操作する手法です。現在でもブラックハットSEO手法を活用しているサイトもありますがGoogleのアルゴリズムの改善(サイトの理解力の向上)により、検索エンジンを騙すようなことは困難になっており、そのため、正しいSEO対策(ホワイトハットSEO)が主流になっています。今回は、現在でも稀に行われているブラックハットSEOとは何かについて解説していきます。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

ブラックハットSEOとはゲームでいうチートのようなもの

ブラックハットSEOはゲームでいうチート、裏技のようなものです。冒頭の方でもご説明しましたが、ブラックハットは検索エンジンを騙すようなコンテンツを作成し、意図的に検索順位を操作する手法になります。 本来、検索結果で上位に表示されるためには、Googleの定めたガイドラインやアルゴリズムにあったコンテンツを作成しなければなりません。それには、ユーザーと検索エンジンにとって、良質でボリュームのある記事を作成する必要があります。 しかし、ブラックハットSEOの場合はユーザーのための良質なコンテンツ作成は一切無視します。検索エンジンを騙すためだけのコンテンツを作成し、不正を行い、Googleの検索結果で上位表示を図るのです。 ですので、ブラックハットSEOはゲームでいうチート行為に値するのです。ただ、ゲームでもチート行為はペナルティを受けるように、ブラックハットSEOもGoogleからペナルティを科せられます。

ブラックハットSEOのペナルティとは?

ブラックハットSEOのペナルティとして代表的かつ一番ダメージが大きいのは、検索順位の大幅な下落です。このペナルティの厄介なポイントは、もう一度検索順位をあげようとしても、かなりの時間がかかるということです。 時間がかかるだけだとまだマシな方で、一度ペナルティを受けてしまうと、Googleからインデックスを削除されてしまいます。 インデックスを削除されてしまうと、Googleの検索結果に反映されません。ペナルティを解除しなければ、良質なコンテンツを作成したとしても、誰にも見られることはないのです。 ブラックハットSEOは検索順位を意図的に向上させる効果はあっても、Googleからのペナルティを受ける可能性があります。 はっきり言って、「これからWEBサイトを運営したい」と考えている方がとる手法ではありません。上位表示の近道となるブラックハットSEOはリスクが高すぎます。まずは良質なコンテンツを地道に作成し、じっくりとサイトを育てていくことが大切です。

ブラックハットSEOの主な手法

ブラックハットSEOといっても、いくつか違った手法があります。以下では、ブラックハットSEOの代表的な手法をご紹介します。

【ブラックハットSEOの手法1】キーワードスパム

ブラックハットSEOの手法の中に、キーワードスパムというものがあります。これは、過度にSEOに関わる対象キーワードを不自然に多く詰め込み、検索エンジンを騙して上位表示を狙う手法です。 Googleのガイドラインでも、キーワードスパム(キーワードの乱用)はサイトランキングに悪影響を与える記載されています。ちなみに、キーワードスパムに当たる例は以下の通りです。
  • 実質的な付加価値のない電話番号の羅列。
  • ウェブページが特定の市町村や都道府県に関する検索結果の上位に掲載されるようにするために市町村名や都道府県名を羅列したテキスト。
  • 同じ単語や語句を不自然に感じられるほどに繰り返すこと。例: 当店では、カスタムメイド葉巻ケースを販売しています。当店のカスタムメイド葉巻ケースは手作りです。カスタムメイド葉巻ケースの購入をお考えでしたら、当店のカスタムメイド葉巻ケース スペシャリストまで custom.cigar.humidors@example.com 宛てにお問い合わせください 参考:サーチコンソール・キーワードの乱用
上記にもあるように、キーワードを不自然に多く詰め込むことは、ブラックハットに当たります。現在は、検索エンジンを騙すともできず、上位表示を狙うこともできません。 ペナルティを受ける可能性があるので、キーワードスパムや行わないようにしましょう。

【ブラックハットSEOの手法1】質の低い大量の有料被リンク

一昔前のブラックハットSEOでは、質が低かろうが高かろうが関係なく、大量の被リンクを取得しているサイトが検索結果の上位を占めていました。それは、検索エンジンが「被リンクの多いサイトはユーザー評価の高いサイトだ」と認識していたからです。 現在でも有料被リンクの売買は横行しています。しかし、質の低い被リンクを大量に購入したとしても、検索エンジンで高評価を得ることはできません。 なぜなら、最新のGoogleのガイドラインでは「良質な被リンクのみを評価する」と発表しているからです。 また、「検索結果においてサイトのランキングに悪影響を与える可能性のあるリンクプログラム」という項目にリンクの売買に関わるサイトは検索結果に悪影響を及ぼすと記述されています。 参考:リンクプログラム・Search Console 良質なコンテンツを適切に評価してもらえない環境を作りかねないので、有料の被リンクを購入するのはやめましょう。

【ブラックハットSEOの手法2】自作自演リンク

自作自演リンクとは、自身で作成したサイトAから、自身で作ったもう一つのサイトBへリンクを貼ることです。検索エンジンを騙してサイトの評価をあげる自作自演リンクはブラックハットSEOに値します。 しかし、関連性の高い記事への自作自演リンク、いわゆる自然リンクを貼ることは問題ありません。全く関係のない記事へ、あるいは内容の薄い記事へ自作自演リンクを貼ることがペナルティの対象になるのです。

【ブラックハットSEOの手法3】相互リンク

相互リンクとは、サイト間でリンクを交換する行為です。ひと昔前には相互リンク集というページを設け、全く関係のないリンクを乗せることで、リンクを交換したサイト同士の評価が高くなりやすい傾向にありました。 しかし、現在のアルゴリズムによるとサイトと関連性のない相互リンクは、Googleのガイドラインに違反しているとみなされます。その結果、サイト自体がペナルティを受けることとなり、検索結果から除外されてしまいます。 アフィリエイトやブログを始めた友人から「リンク交換しようよ!」と持ちかけられても、極力断るようにしましょう。でなければ、両方のサイトがペナルティを受けてもおかしくありません。

ブラックハットSEOはもう通用しない?

「ブラックハットSEOはまだ通用するの?」と疑問を抱いている方もおられるでしょう。結論から言うと、もうブラックハットSEOは通用しません。 なぜなら、Googleの度重なるアップデートにより、ガイドラインが更新され、ブラックハットSEOの対策が行われているからです。 Googleの検索エンジンが存在している根底には「ユーザーに適切な情報を与える」という目的があります。Googleの収益面は、検索エンジンを利用したユーザーのサービス、または商品の利用を促すための広告費になります。 それがなければ、世界最大手のGoogleを維持することはできません。そのため、検索エンジンを騙して上位表示を図るブラックハットSEOを排除する動きは強まる一方なのです。 ただ、今でもブラックハットSEOで上位表示を実現している方もいます。しかしそれは、長年ブラックハットSEOの対策してきた神のみぞ知る世界。今からWEBサイトを運営する方がいざやろうとしても、簡単にできるものではありません。 ブラックハットSEOの知識があるだけでは、上位表示は愚か、ペナルティ対策もできません。ですので、Webサイトの運営は未経験なのであれば、ブラックハットSEOを使うべきではありません。 ブラックハットSEOに頼らず、良質なコンテンツを作り続けましょう。そうすることで、自ずと結果はついてきます。

それってブラックハットSEO判定?記事を書くときに気をつける4つのこと

知らず知らずの間に、ブラックハットSEOの沼にはまっている記事があります。以下では、「知らない間にGoogleからペナルティを受けていた!」という問題を防ぐために、記事を書くときに気をつける4つのことをご紹介します。

自動生成文章

自動生成文章とは、AIやツールに自動で文章を作成される文章のことです。一昔前のアルゴリズムでは、自動生成された文章を見抜くことができず、低品質のコンテンツが上位表示されていました。 しかし現在では、Googleもアップデートを重ね、自動文章に対策を施しています。Googleのガイドラインでは、以下のように記載されています。
Google では、検索ランキングを操作することを目的としている、ユーザーの役に立たないコンテンツに対し、措置を取ることがあります。
参考:コンテンツの自動生成 これには、自動生成された文章が含まれており、「処置を取る」というのはペナルティを指しているのでしょう。自動生成で文章を作ることはほとんどないでしょうが、「自動文章の作成でSEOの評価が高くなることはない」ことを知っておいてください。

隠しテキスト

隠しテキストとは、サイトを閲覧しているユーザーには見えず、検索エンジンだけが認識できるテキストを挿入することです。 これは、サイトの評価を不正にあげる行為に当たります。ということは、ブラックハットSEOに当てはまるということです。 記事の作成中に白い背景に白色の文字を挿入してしまうと、ユーザーには見えず、検索エンジンにだけ認識できる文字になります。 また、白文字でなくても、テキストに被せるように画像を表示させることも隠しテキストに当たります。 それがたとえ無意識だとしても、隠しテキストはペナルティ対象になりますので気をつけるようにしましょう。

クローキング

クローキングとは、サイトを閲覧しているユーザーに見せているコンテンツとは別のコンテンツを検索エンジンに認識させることです。 詳しく説明すると、検索からサイトにアクセスしたユーザー用のHTMLページと、検索エンジンのクローラー用のHTMLページをわけるという行為です。 高度な技術が必要となる施策ですが、これは検索エンジンを騙す行為に当たります。HTMLコードに疎い方は気にする必要はありませんが、技術的な部分を変更できる方はクローキングに気をつけてください。

独自性のない文章

独自性のない文章とは、先ほど紹介したような「自動生成文章」が当てはまります。他にも、他サイトの記事の文章を少し変えただけのような記事は、高い評価を得られることはありません。 特に、コピー&ペーストしただけの文章は著作権問題にも関わるので危険です。Googleのガイドラインには、独自性のないコンテンツは評価しないとはっきりと断言しています。 以下をご覧ください。 ウェブマスター向け公式ブログ こちらには高品質なサイトをよりよく評価する、と書かれているだけでなく「低品質なサイトの掲載順位を下げる」と記載されています。 サイトや記事を作成する際に、Web上の情報を参考にすることはよくありますが、文章をそのままコピペするのではなく、しっかりと自分の言葉に直して文章を書くようにしましょう。

ブラックハットSEOの時代は終わり!順位の上げやすいSEO対策は?

ブラックハットSEOの時代はもう終わりです。SEO会社から「サイトを最短で上位表示できるよ!」と提案されても、それを鵜呑みにしてはなりません。 最悪の場合、Googleからペナルティを受け、検索結果から削除される危険性もあるため、対策内容を詳しく聞き、ブラックハットSEOに該当するようなら毅然として断りましょう。 今からのSEO対策を実施するのであれば、Googleのガイドラインに則った「ホワイトハットSEO」で対策を行いましょう。 ホワイトハットSEOとは?

まとめ

この記事では、ブラックハットSEOについてを詳しくご紹介しました。Webサイトの運用を始めた方、あるいは始めようと思っている方は、上位表示を短期的に行うことができるブラックハットSEOが魅力に感じるでしょう。 しかし、Googleのアルゴリズムの更新により、ほとんどのブラックハットSEOは通用しなくなっており、高いリスクを払ってまで実施する価値はありません。 安易な気持ちでブラックハットSEOの手法でコンテンツを作成すると、Googleからペナルティを受け、検索結果にすら反映されないことも十分にあり得ます。 「順位が下がってしまった…」そんなレベルではありません。ペナルティを受けたドメインは、どれだけ良質なコンテンツを作ったとしても、上位表示を狙うことすらできないのです。 ですので、これからWebサイトを運用しようと考えている方は、ホワイトハットSEOをオススメします。Googleのアルゴリズムにあった、良質なコンテンツを作成しましょう。

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

当社でご提供しているサービスの資料ダウンロードはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

SEO診断の資料はこちら WEBサイト高速化の資料はこちら

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。