田中 雄太

ハミングバードアップデートとは

Googleアルゴリズム

ハミングバードアップデートとはのサムネイル

近年のコンテンツ重視のSEO対策において欠かせないのが「ハミングバードアップデート」を意識した改善です。 ハミングバードとは、2013年9月にアップデートされ、キーワードの検索意図と文脈を理解して検索順位を決めるアルゴリズムです。このアップデートによって従来の「辞書型の検索」から「会話型の検索」へと変化し、ユーザーの利便性が上がったと言われています。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

ハミングバードの特徴について

ハミングバードアップデートの最大の特徴である「会話型の検索」とは何か?
例えば「東京駅の近くのレストラン」と検索すると、ハミングバードアップデート後の現在の検索結果には東京駅周辺のレストランの情報が表示されます。この時ロボットは「東京駅」「近く」「レストラン」というキーワードの文脈を読み取り、「ユーザーは東京駅の近くでレストランを探している」と理解して、それに応じたサイトを探し出します。

ハミングバードの導入の背景

今では上記の検索結果が当たり前ですが、以前の検索結果では「東京駅の近くのレストラン」と検索すると「東京駅」「近く」「レストラン」というキーワードが含まれるページを表示するのみでした。必ずしもユーザーの検索意図に沿ったサイトを表示する訳ではなく、ユーザーが求める情報にたどり着くまでに様々なキーワードで検索する必要があったり、時間をかけてもなかなか目的のサイトにたどり着けない等の問題がありました。
Googleの理念としては「ユーザビリティを高める検索エンジンを実現すること」があるため、この問題を解決するために「ハミングバードアップデート」が生まれました。

従来のアップデートとの違い

ハミングバードアップデートと従来のアップデートの違いは、「ユーザビリティを重視したアルゴリズム」という点にあると思います。
ペンギンアップデートは「Googleガイドラインに違反するWebページやスパムサイトの順位を下げるアルゴリズム」、パンダアップデートは「低品質なコンテンツが上位に表示されにくくするためのアルゴリズム」という点で、どちらかというとGoogleが良質と考えるサイトを上げるための施策でした。ハミングバードアップデートはユーザーの検索意図に答えるためのアルゴリズムですので、よりユーザー視点から生まれたものと言えるでしょう。

SEOへの影響

アップデートの度に大きな順位変動が起きていましたが、ハミングバードアップデートではさほど大きな影響はなかったという報告がされています。確かに今まで1位だったキーワードが急に圏外になったというサイトもありますが、結果的にはユーザーとサイト運営者側のミスマッチを防ぐことになりますので、アクセス数は減ってもCVの効率は改善に繋がっているはずです。

ハミングバードに適したSEO対策

近年のハミングバードは数年前に比べて改良が進み、今ではコンテンツの内容をより理解して、それを検索結果に反映させるようになりました。基本的には「キーワード」とその「文脈」を読み取り、hタグやtitleタグを大きな指標としてコンテンツを評価しています。SEOのテクニカルな事で言えば、このような「タイトル」「見出し」「キーワード」「共起語」といった点に気をつけてコンテンツ作成をすれば、ハミングバード対策はかなりできるでしょう。しかし将来的な事を踏まえたSEO対策をするなら、以上のクローラビリティの点もしっかり押さえた上で、純粋にユーザーのためになる情報を提供する事が重要です。

ハミングバードでやらなければならないこと

ユーザーが求めるコンテンツか否か

まずはそのコンテンツが本当にユーザーが求める情報かどうかを確認しましょう。コンテンツを作成した者にとってはその判断が難しいと思うので、周りの人に意見を聞いたり、実際にユーザーに感想を聞いてみるのも良いでしょう。また、実際にそのキーワードで検索した時にどんなコンテンツが上位に表示されているかを確認し、自分のコンテンツと見比べてみると良いでしょう。

最低限欲しい情報は揃っているか?

「良いコンテンツ=オリジナル性の高いコンテンツ」とよく言われていますが、いくら専門性が高くて独自の視点で書かれていたとしても、ユーザーが求めている情報がそこになければ離脱してしまいます。そこで最低限載せるべき情報についてはきちんと記載して、そこからユーザーを引き込むようにオリジナルの内容へ導きましょう。

タグはきちんと入っているか

ユーザーが求める情報があり、専門性の高い良質なコンテンツだとしても、見出しタグがついていなかったり、表やリストタグで整理されていない等の乱雑なコンテンツではSEO的に良くありません。あくまで検索順位を決めるのはGoogleのロボットですので、クローラーを意識したコーディングをきちんとしなければなりません。

まとめ

ハミングバードアップデートによって、テクニカルなSEO対策や被リンク頼りの対策では通用しなくなり、ある意味真っ当にコンテンツやサイトが評価されるようになりました。まさに本来あるべきサイト改善の形になったと言えるかもしれません。今後のハミングバードとGoogleアルゴリズムに備えたSEO対策としては、SEO業者だけではなく、サイト運営者と二人三脚でユーザーのためのコンテンツを生み出していかなければなりません。

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

当社でご提供しているサービスの資料ダウンロードはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

SEO診断の資料はこちら WEBサイト高速化の資料はこちら

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。