田中 雄太

モバイルファーストインデックス(MFI)とは

Googleアルゴリズム

モバイルファーストインデックス(MFI)とはのサムネイル

2016年11月に、Googleはモバイル用のサイトを元に検索結果の順位を決める、モバイルファーストインデックス(MFI)を発表しました。

スマートフォンの検索は、場所を問わず利用されるためローカライズされた情報が必要である他、小さな画面でも適切に・スピーディー情報が伝わるように配慮する必要があるため、SEO対策においては従来のHTMLタグの最適化だけではなく、表示スピードやUXを考えたサイト改善が重要な要素となりました。

この記事では、モバイルファーストインデックスの詳しい仕組みや、SEO対策上のポイントなどをご紹介します。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

モバイルファーストインデックスとは?

モバイルファーストインデックスとは、検索結果に表示されるサイトの表示順位の評価基準をパソコンからスマートフォン(以降スマホと表記)に変更するというものです。
今まではパソコンページのデータをインデックスしてアルゴリズム処理を行っていたが、今後はスマホページをインデックスしてアルゴリズム処理します、というのが従来のインデックスとの違いです。

そもそもGoogleが検索順位を決める流れとしては、Googlebot(クローラー)がWEBページのデータをクローリング・レンダリングし、検索エンジンのデータベースへデータを格納した上で、アルゴリズム処理を行って順位を調整します。このデータベースに格納することを「インデックス」と呼びます。

インデックスには、Googlebotによる「クローリング」と「レンダリング」の2つの行程がありますが、「クローリング」では主にコンテンツやファイルの読み込みを行い、「レンダリング」はWEBページの外観を読み込んでコンテンツやファイルと関連づけてWEBページをより深く理解します。

主にGooglebotがクローリング時に読み込むファイルは次のようなものがあります。
・HTMLファイル
・PHPファイル
・JavaScriptで生成されるリンク
・PDF

そして、WEBページの外観については、パソコンとスマホの2種類が存在しますが、モバイルファーストインデックスではスマホの外観をレンダリング時に評価の基準にします。

従来のインデックス

モバイルファーストインデックス

モバイルファーストインデックスの導入時期

モバイルファーストインデックスの導入は、Googleの提供する公式ブログにて2018年3月27日から随時実施とアナウンスされております。

このモバイルファーストインデックスは、ある日から全てのサイトに実施されるものではなく、モバイルファーストインデックスへの移行準備が整ったとGoogleが判断したサイトから個別に移行されております。
ただ、2020年9月には全てのサイトのモバイルファーストインデックスへの移行完了をGoogleが公式にアナウンスしているため、まだ移行されていないサイトも強制的に切り替わることになります。既に70%のサイトは移行が完了しているため、強制移行で実際に影響を受けるサイトは残る1/3程度のサイトになります。

モバイルファーストインデックス移行の確認方法

自社サイトがモバイルファーストインデックスに移行したかどうかを確認するには、Search Consoleを使用します。

Search Consoleにログインすると、モバイルファーストインデックスに移行したサイトであれば次のようなアナウンスがあります。

従来のインデックス

また、Googlebotには「スマートフォン用」と「パソコン用」の2種類が存在しますが、モバイルファーストインデックスに移行が完了していると、スマホ用のGooglebotのクロール割合が多くなります。インデックスクローラがどちらをメインとしているかを確認するには、「設定」>「概要:インデックスクローラ」を見ると分かります。

モバイルファーストインデックス移行完了の場合・・・

従来のインデックス

まだ移行されていない場合・・・

従来のインデックス

スマホ対応をする3つの方法

モバイルファーストインデックスに対応するためには、まずスマホ用ページを制作する必要があります。スマホ用ページの制作方法には主に次の3つがあります。
・レスポンシブデザイン
・スマホ専用ページ(別URL)
・スマホ専用ページ(同一URL)

レスポンシブウェブデザイン

SEO対策上は、このレスポンシブデザインでスマホ対応することを最もおすすめします。メディアクエリを利用してコーディングすることで、iPhone/Galaxy/iPadなど、デバイス(ディスプレイサイズ)別で異なるCSSを適用して表示させます。これにより、HTMLが1つで済むため、ページを修正した際にはパソコンとスマホの両方に反映されて効率的な運用が可能となります。スマホ専用ページが既にあるサイトは、SEO対策を理由にレスポンシブデザインにわざわざ変更する必要はありませんが、リニューアルやこれからWEBサイトを立ち上げる方は、Googleも推奨しているこのレスポンシブで組むことを推奨します。

スマホ専用ページ(別URL)

デバイスごとにHTMLを分けて、別URLとしてスマホページを制作する方法もあります。

・パソコンページ https://◯◯◯.com/
・スマホページ  https://◯◯◯.com/sp/

このように、別URLだと2つのページが存在し、デバイスによって表示させるURLを切り替えることになります。
HTML(CSS)を別々に構築するため、レスポンシブデザインに比べてパソコンとスマホでUIが大きく違うデザインで制作できるメリットがあります。
ただ、Googleは極力コンテンツをパソコンとスマホで統一するように推奨しているため、あまり異なるデザインで組んでしまうとSEOでやや評価されづらくなります。また、canonicalやalternateというタグでURL正規化を行う必要があったり、被リンクやSNSのシェアページが別々になるなど、運用上のデメリットが多いため、スマホの対応方法としてはあまりおすすめしておりません。

スマホ専用ページ(同一URL)

この方法もデバイスごとにHTMLを分けて制作しますが、ユーザーエージェント(UA)別に表示内容を振り分けることで、URLは同一にする方法です。Google検索エンジンも現在はこの方法で組まれています。
ただデメリットしては、ページを更新する際にはHTMLを2つ修正する必要があるという点と、コーディングとは別にプログラミングが必要なため、やや手間がかかります。

モバイルファーストインデックスのSEO対策

Googlebot がレンダリング可能な状態に

せっかくスマホ対応をしても、Googlebotがアクセスしてレンダリングできなければモバイルファーストインデックスに移行することができません。
Googlebotのレンダリングを阻害する「robotsメタタグ」「noindex」「nofollow」の使用は避け、遅延読み込みコンテンツはGoogleが認識できるように設定し、あえてクロールさせないファイル以外は「disallow」でブロックをしないように確認する必要があります。

パソコンとスマホでコンテンツを一致

Googleはパソコンとモバイルでコンテンツを統一させることを推奨しています。スマホ表示を考慮してパソコンよりもスマホページはコンテンツを減らしている場合、Googleはスマホのコンテンツを読み込んでインデックスするため、正確に評価されない可能性が高まります。また、パソコンとスマホでレイアウトやDOMがあまり異なっていると、別のコンテンツとして見なされ、これも正確に評価されない原因になります。
アコーディオンメニューなどを活用してスマホの見栄えには配慮しつつ、パソコンとスマホではコンテンツやレイアウトは極力一致させる必要があります。

構造化データマークアップ

Breadcrumb、Product、VideoObject など、パソコンとスマホで両方に同じ構造化データがあることを確認する必要があります。

メタデータの一致

パソコンとスマホを別々のHTMLで構築している場合、titleタグやdescriptionタグを両方を統一させる必要があります。

広告表示に注意

インタースティシャル広告などUXを阻害する広告については、Googleが公式にペナルティ対象とするとアナウンスしています。スマホ表示時は特にBetter Ads Standardに準拠した広告配置に注意する必要があります。

画像/動画

スマホ表示に、極力高画質な画像を使用し、Googleがサポートしている画像形式を使用して、代替えテキスト(altタグ)をしっかりと入力しておきます。また、動画はスマホ表示に見つけやす場所に配置し、表示スピードが遅くならないように、データの最適化や遅延読み込みなどを活用する必要があります。

まとめ

今後モバイルファーストインデックスがGoogleのスタンダードになるため、以上でご紹介した情報については、WEB担当者や制作会社は少なくともマスターしておく必要があります。
また、SEO対策のためというよりも、スマホ表示のカスターマージャーニーを意識した、ユーザーファーストのUXでサイトを構築するように注意しましょう。
無駄なコンテンツやリンクや広告は減らし、ユーザーが円滑に情報収集ができるようにPDCAを回すことで、自ずと自然検索順位やCVRの向上に繋がっていくと思います。

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富なSEOコンサルタントが診断を行います。