田中 雄太

RankBrain(ランクブレイン)とは

Googleアルゴリズム

RankBrain(ランクブレイン)とはのサムネイル

RankBrain(ランクブレイン)とは、2015年よりGoogleが取り入れたAI(人工知能)を使用した検索アルゴリズムです。ユーザーの検索クエリの意味を理解し、機械学習によって数十億以上あるページから最適なページを選び出して検索結果に表示させています。このRankBrain(ランクブレイン)については「ハミングバード」というGoogleアルゴリズムに組みまれており、自然言語処理によって会話型の検索を実現しました。 ではRankBrain(ランクブレイン)に沿ったSEO対策とは何か?を詳しく解説していきます。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

RankBrain(ランクブレイン)によって検索はどう変わったか?

会話型の検索が実現したことによって、人間が機械に問いかける(検索する)ことによって、機械がその意味を理解し、その答えを返す(検索表示する)ようになりました。
一例としては、「音楽が聞きたい」と入力した場合、検索結果にはYouTubeや音楽聞き放題アプリや、元気が出る曲まとめ等、検索クエリやユーザーの感情的な部分を読み取って答えを出しています。RankBrain(ランクブレイン)が導入される以前の検索であれば、まるで辞書を引いているかのように「音楽」と「聞く」という言葉の意味等の情報が掲載されるはずです。RankBrain(ランクブレイン)は言葉の関連性を理解し、検索意図を予測してPDCAを自動で行うシステムになります。

RankBrain(ランクブレイン)とSEO対策について

Googleは、RankBrain(ランクブレイン)が検索をランク付けする重要な3つのシグナルの内の1つであると公式に言っています。ちなみに、残る2つについては「リンク」「コンテンツ」です。
ソースはこちら

ロングテール対策が重要

自然言語処理によってコンテンツの内容を機械が理解するためには、コンテンツに記述されているキーワードを読み取る必要があります。メインで対策したいキーワードを記事のテーマにしたら、コンテンツ内にはその共起語を含み、hタグ等の見出しに関連性の高い言葉を入れる必要があります。ロングテール対策はタイトルやhタグに入れなくても、テキスト内の言葉を機械が判別して評価し、ランキングに表示してくれます。また、その判別の精度については日々進化しておりますので、自動生成された意味のないコンテンツについてはそれを理解してスパム扱いとしています。上位に表示される=ロングテールが優れているコンテンツですので、基本的にロングテール対策の答えは検索結果の上位サイトにヒントがあると言えます。

まとめ

2017年にGoogle Homeと呼ばれるスマートスピーカーが販売されましたが、これは正に自然言語処理による機械学習によって実現されました。AIの発展とSEOは密接に関係しており、RankBrain(ランクブレイン)を理解することによってGoogleが目指す検索エンジンの将来性も見えてきます。大切なことはSEOのためにコンテンツを改善するのではなく、ユーザーの検索意図に答えるために改善を行うということを覚えておきましょう。

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

当社でご提供しているサービスの資料ダウンロードはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

SEO診断の資料はこちら WEBサイト高速化の資料はこちら

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。