アダムテクノロジーズ運営チーム

【2021年最新版】コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティング

【2021年最新版】コンテンツマーケティングとはのサムネイル

「コンテンツマーケティング」という言葉が、最近では日本でも聞かれるようになってきました。書店ではコンテンツマーケティングに関する書籍もよく目にするようになり、様々な人がその意味や必要性を模索していることでしょう。ここではコンテンツマーケティングとはどういったものなのかまだ何も知らない方のために、その定義やメリットなどについて詳しく解説していきます。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

コンテンツーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、情報を受け取るユーザーにとって意義や価値のあるコンテンツを制作・提供することで、顧客のニーズを育て、購買、最終的にそのコンテンツのファンとして定着させることを目標とするマーケティング手法です。

  • 価値の高いコンテンツ作り
  • 顧客のニーズを育てる
  • ファン化させる

上記3つのプロセスを経ることがポイントとなります。コンテンツマーケティングの特徴は、コンテンツによって自社を知ってもらい、段階的に顧客を購買、そしてリピーターへと押し上げていくことに重点を置いていることです。

今までのマーケティング手法との違い

これまでのマーケティング手法との最大の違いは、「ユーザーのニーズを起点とした情報の発信」という点です。従来行われてきたマーケティングでは、「企業が伝えたいことをどのようにして消費者に伝えるか」という考えのもと、売り込み型の手法が使用されてきました。20世紀までは、消費者が目にする情報の量が少なかったため、売り込み型のマーケティング手法で上手くいっていました。しかし、現代では、消費者が受け取る情報や広告の量がはるかに多くなっており、「広告疲れ」を起こしています。

消費者は、既に「広告は出来れば見たくない」という考えを持っており、広告と分かれば、それだけで拒絶反応を起こしてしまいます。そのため、企業がこれまでのように「企業が伝えたいことをどのようにして消費者に伝えるか」という考えだけで成果をあげるのが難しくなってきました。したがって、「ユーザーのニーズを起点とした情報の発信」を重視するコンテンツマーケティングの重要性が増してきています。

コンテンツマーケティングの種類

コンテンツマーケティングの種類

コンテンツマーケティングには、いくつか種類があります。そこでここでは、コンテンツマーケティングについて、下記の5種類をご紹介します。

  • 記事コンテンツ
  • アンケートコンテンツ
  • インタビューコンテンツ
  • メルマガ
  • ホワイトペーパー

それぞれ順番にご説明します。

記事コンテンツ

コンテンツマーケティングの王道は、この記事コンテンツになります。記事コンテンツは、記事を作成し、自社のホームページ上などで公開して新規顧客獲得に繋げていく方法です。記事の主な種類は下記の通りです。

  • コラム記事:「評論文」や「囲み記事」のこと
  • HOW TO記事:何かしらの「やり方」「仕方」「手順」を掲載した記事
  • まとめ記事:同じテーマの記事を抽出して一つにまとめた記事
  • 専門家記事:特定の分野の専門家が監修している記事
  • 事例記事:導入事例などの事例を紹介した記事
  • 活用方法記事:さまざまな活用方法について解説した記事

質が高い記事を作成し、検索上位に表示させることで、新規顧客の獲得に繋げられます。また、質が高い記事であればSNSでの拡散も見込めます。

アンケートコンテンツ

アンケートコンテンツとは、アンケートや市場調査の結果をまとめたコンテンツのことです。一般的にアンケートは、ユーザーニーズの把握を目的に使用されますが、使い方次第ではコンテンツマーケティングにも利用できます。たとえば、企業が独自でアンケート調査を行い、自社が上位を獲得したアンケートをニュースリリースとして配信という手法があります。ニュースリリース配信サービスを活用すると、20〜30のWebメディアにニュースとして掲載される可能性があり、幅広いユーザーにリーチできます。また、アンケートは数値で結果が出るため、客観的な指標として信頼性が高いと言えます。

インタビューコンテンツ

インタビューコンテンツは、客観的な第三者の言葉を用いて作成されるため、リアリティや説得力が高いコンテンツの1つです。インタビュー記事には、下記のような種類があります。

  • 導入事例:実際にサービス(商品)を利用している顧客の目線で魅力を紹介できる
  • 有識者インタビュー:業界全体の動向を踏まえ、有識者の権威性持って客観的な裏付けに繋がる
  • 開発者インタビュー:実際に開発した人の経緯やこだわり、人柄、技術レベルの高さを伝えることができる
  • 社員インタビュー:顧客とは違った目線でサービスや商品を紹介できる

それぞれ目的やゴールによってインタビューする相手を選ぶことが重要です。また、コンテンツにするために、事前にインタビュー内容を考えておく必要があります。

メルマガ

メルマガとは、企業による一斉メール配信のことです。現在では広く浸透している方法で、顧客にとっては新製品の発表やイベント案内、業界の動向を知るきっかけの1つになっています。メールの件名や内容が読み手にとって魅力的であればあるほど、顧客を自社サイトに誘導できます。

読み手の行動に依存する面はありますが、好きなタイミングで配信でき、コストをかけずに多くの顧客をサイトに呼び込めるのは大きなメリットです。メルマガを定期的に配信し、自社の製品やサービスに関心のある顧客と継続的に接点を持ち、情報提供による関係を構築し、いかに信頼を得られるかがポイントになってきます。

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーは、企業の概要や製品・サービス情報、調査報告書などをまとめたコンテンツです。企業情報に特化しているため、企業やブランドについて深く知ってもらうために有効です。

専門家や有識者に制作、監修してもらうことで、コンテンツや企業の信頼性を信頼性を高める効果が狙えます。

以上、5つの種類のコンテンツマーケティングについて解説しました。しかし、実際にはまだまだ種類はあります。そのため、実際にコンテンツマーケティングを行うメディアを決める際に、一度どのメディアが最適か検討する機会を設けましょう。

コンテンツマーケティングが日本で流行した理由7つ

コンテンツマーケティングが日本で流行した理由7つ

コンテンツマーケティングというものは、その形態自体は100年以上前から存在していたと言います。 しかしながら日本で話題になったのはここ数年のことです。ではなぜ、コンテンツマーケティングが日本でも流行ることになったのでしょうか?

そこでここでは、コンテンツマーケティングが日本で流行した理由を7つご紹介します。下記の通りです。

  • 「売り込み型」マーケティングの限界
  • 検索アルゴリズムの変更
  • コンテンツは資産になる
  • かかるコストが小さい
  • クラウドソーシングの一般化
  • インターネット広告費の高騰
  • 新たな消費行動「ZMOT」への対応

それぞれ順番にご説明します。

「売り込み型」マーケティングの限界

最も大きな理由として、「ユーザーが売り込み広告にうんざりし始めた」ことが挙げられます。情報が飽和状態にある近年、広告主から一方的に発信されていた広告にユーザーは飽き飽きし、ほとんどの広告が無視され始めていました。物を売りたい魂胆が見え見えの広告にうんざりしてしまうのは仕方のないことです。

やがてユーザーは、自分の気になる情報を検索によって集めるようになっていきます。それに伴って、企業側もユーザーの疑問を解消するようなコンテンツを作ることに尽力するようになりました。

検索アルゴリズムの変更

Googleの検索アルゴリズムの変更も大きな要因として挙げられます。Googleの検索アルゴリズムでは、現在「良質なコンテンツを上位に表示させることが、ユーザーの満足度に繋がる」という考えの上で運営されています。

一昔前のブラックSEOと言われる小手先だけのSEO施策では太刀打ちできないため、コンテンツマーケティングを行う企業が非常に増えました。今後もGoogleの検索アルゴリズムにおいて、「良質なコンテンツを上位に表示させることが、ユーザーの満足度に繋がる」という考えは変わらないと考えられるため、日本でコンテンツマーケティングが流行している一因となっています。

コンテンツは資産になる

コンテンツは資産になるという点も流行した理由の1つです。たとえば、従来のテレビCMやマスメディア広告、Web広告では、掲載期間が終わると広告コンテンツとしての役割が終わり、表示されなくなります。そのため、広告制作にかけた費用や時間も掲載期間終了とともに価値がなくなってしまいます。しかし、コンテンツマーケティングで制作したコンテンツは違います。

オウンドメディア等で掲載しているコンテンツに期限はありません。1つ1つのコンテンツは資産としてメディアに蓄積され、情報としての網羅性も高まっていきます。そして、ユーザーにとって必要な情報があることで、オウンドメディアとしての価値も高まっていきます。

継続して制作した良質なコンテンツによって、メディア自体の価値も高まり、長期間無料でユーザーを集客し続ける資産になります。かけた費用や時間で生み出したコンテンツが長期間資産になってくれるからこそ、コンテンツマーケティングの流行に繋がったと言えます。

かかるコストが小さい

コンテンツマーケティングにかかるコストが小さいという点も日本で流行した要因の1つです。コンテンツマーケティングは、記事や動画などのコンテンツを作成してインターネット常に配信していく手法のため、従来のテレビCMやWeb広告と比べてコストがかかりません。自社の中でコンテンツを作成できるノウハウさえ持っておけば、少額の予算でコストを抑えた運用が可能です。しかし、広告と違い、やればすぐに効果が出るものではない点には注意が必要です。

クラウドソーシングの一般化

クラウドソーシングを利用する企業が一般化したというのも理由の1つです。クラウドソーシングの一般化により、自社内にコンテンツを作成できる人材がいなくても、安い費用ですぐに外注できるようになりました。特にクラウドソーシングでは、記事の作成だけでなく、オウンドメディアの構築や動画コンテンツの作成まで依頼できるため、構築から運用まで全て外注できます。これにより、すぐに結果が出ないコンテンツマーケティングの業務に対して、社内のリソースを割く必要が無くなった点もコンテンツマーケティングを行うハードルが低くなった要因と言えるでしょう。

インターネット広告費の高騰

インターネット広告を出す企業が増え、広告費が高騰している点も理由の1つです。また、前述の通り、ユーザーは既に広告を見るのにうんざりしています。そのため、費用が高騰していてユーザー受けも悪い広告にお金をかけるより、コンテンツマーケティングで集客と成約に繋げた方がコスパが良いと考える企業が増え、現在のコンテンツマーケティングの流行に繋がっています。

新たな消費行動「ZMOT」への対応

ZMOTとは、”Zero Moment of Truth”の略で、2011年にGoogle社が消費者行動における新しい概念として提唱しました。これまで店頭で購買の意思決定をしていた消費者が、店頭を訪れる前のWebサイトやECサイト等で情報収集を行い、購買の意思決定をしているという消費者行動を表します。この店頭を訪れる前の情報収集の段階をファーストの前のゼロの段階という意味でZMOTという表現を使用しています。

ZMOT以前の従来の購買における消費者行動のモデルは、2000年にP&Gが提唱したFMOT(First Moment of Truth)とSMOT(Second Moment of Truth)といわれる概念が重要視されていました。FMOTとは「消費者は店頭での陳列棚を見て、最初の3秒〜7秒でどの商品を買うのか意思決定をする」という考え方のことであり、SMOTとは「購買後の体験がブランドへのパーセプション(認識・知覚)を形成し、継続して購入するかどうかの意思決定をする」という考え方のことです。

コンテンツマーケティングでは、ZMOTにおける消費者が店頭に訪れる前のゼロの段階に情報を提供していくイメージです。そのため、企業側が伝えたいことを一方的に伝えるのではなく、消費者側が求める情報を伝えるコンテンツを用意する必要があります。

以上、コンテンツマーケティングが日本で流行した理由7つでした。基本的にはインターネット広告より、コンテンツマーケティングを行った方がメリットが大きくなってきたことが最大の要因です。

コンテンツマーケティングの歴史

「コンテンツマーケティング」という言葉は、日本では2001年頃から使われ始めた言葉ですが、その概念自体はかなり以前から存在していました。今から100年前に発行された農業誌「The Furrow」において、「適切なコンテンツを、時代に即した適切なメディアで伝えること」は、既に解説されていました。

そして、その流れはインターネットの時代になって一般化し、ユーザーが主体的に情報を取得し、推奨し合うことが当たり前になりました。さらに、GoogleがSEOにおいて「コンテンツを重視する」と宣言し、コンテンツマーケティングの気運が高まり、今日に至っています。

※より詳しい情報を知りたい方は、下記の記事をご確認ください。

コンテンツマーケティングの歴史

コンテンツマーケティングのメリット9つ

コンテンツマーケティングには様々なメリットがあります。 ここではコンテンツマーケティングのメリットを9つご紹介します。
  • 1.資産になる
  • 2.低コストで始められる
  • 3.広告宣伝費を抑えられる
  • 4.信頼獲得に繋がる
  • 5.顧客のロイヤリティを高められる
  • 6.SNSでの拡散が期待できる
  • 7.幅広い地域を対象にできる
  • 8.ブランディングに繋がる
  • 9.外注できる

それぞれ順番にご説明します。

資産になる

コンテンツマーケティングの中でも、下記のような媒体で配信したコンテンツは資産になります。

  • オウンドメディア
  • ブログ
  • YouTube

上記のようなコンテンツをストックコンテンツと呼びます。ユーザーのニーズを満たした質の高いコンテンツは、半永久的に検索エンジンからユーザーを集客してくれます。一方で、広告のような資産にならない一時的にユーザーに表示されるようなコンテンツはフロー型コンテンツと呼ばれ、短期的なアクセスを期待する場合に有効です。

低コストで始められる

コンテンツマーケティングは、広告費などの大きな費用はかかりません。たとえば、自社のWebサイトを利用して記事を制作していくだけなら、外注費を考えても1記事3,000円〜5,000円ほどでしょう。低コストで始められるため、「失敗しても良いからとりあえず始めてみよう」と始められるのが、コンテンツマーケティングの良い点でもあります。

集客できる

コンテンツマーケティングで成功すれば、広告費無しでGoogle等の検索エンジンから集客できるようになります。また、一度コンテンツマーケティングで成功してしまえば、下記のように売り上げ増に繋がる良いループに入ることができます。

  • 集客自動化
  • 売上増
  • ふんだんな外注費用の獲得

もちろん上記の仕組みづくりは簡単にできるわけではありませんが、コンテンツマーケティングならその可能性があるというだけでもコンテンツマーケティングを行うメリットと言えます。

広告宣伝費を抑えれる

コンテンツマーケティングには蓄積効果が期待でき、発信後にはコンテンツ自体の情報としての価値がなくならない限りは効果を発揮し続けます。これは従来の広告(主にマス広告)にはなかった効果で、コンテンツの数が多ければ多いほど顧客の目に触れる機会も増え、費用対効果は大きくなっていきます。施策を重ねるほどにコストパフォーマンスが向上していくのはとても大きなメリットだと言えます。

信頼獲得に繋がる

コンテンツマーケティングを行っていくことで、会社の専門性がより認識されていき、大きな信頼が得られるようになります。顧客の興味関心に応えるコンテンツを継続的に提供することで、「専門的な良い会社」というイメージがついていくのです。ブランド力や認知度に不安がある場合、とても望ましい効果が期待できます。

顧客のロイヤリティを高められる

高品質のコンテンツの継続的な発信は、閲覧したユーザーにその発信先への愛着や忠誠心を芽生えさせます。この愛着や忠誠心を顧客ロイヤリティと言います。顧客にとって役に立つ情報を惜しまずに教えてくれる会社というのは「良い会社」というイメージがつきやすいです。また、何より「知識が豊富で余裕のある会社」だというイメージも期待でき、継続発注の契約などさらなる効果が大いに期待できます。

SNSでの拡散が期待できる

情報の拡散を自然な形でできることもメリットの一つです。ユーザーが検索エンジンやソーシャルメディアなどを通じて自然な形で情報を見つけ、さらにそのコンテンツを気に入ってくれればTwitterやFacebookなどで紹介してくれることも見込めるため、情報がどんどん拡散していきます。広告を打つことなく自然に情報が拡散していくのは、コンテンツマーケティングならではの魅力です。

幅広い地域を顧客対象にできる

コンテンツマーケティングは遠方にもターゲットを広げてビジネスを展開することができます。大阪の中小企業が東京の大企業と取引をしたり、沖縄の会社が北海道のメーカーと取引をするなどのケースも十分に考えられるのです。また、これまでなかなか簡単ではなかった海外の企業との取引も、コンテンツを多言語展開することによって可能になります。

ブランディングに繋がる

コンテンツマーケティングは、ユーザーのニーズを満たす良質なコンテンツを発信していくことで、ファンになってもらうというマーケティング手法です。ファンになってもらうためには、コンテンツにより自社の特色や価値を押し出してブランドを確立しなければならないため、必然的にブランディングに繋がります。また、検索エンジン上で上位表示できれば、認知拡大に繋がり、ブランドとしての価値も増すでしょう。

外注できる

コンテンツマーケティングは外注できることも大きな強みです。なぜなら、コンテンツマーケティングの本質は「ユーザーのニーズを満たす良質なコンテンツを提供すること」のため、本質さえ満たしていれば、誰が作ってもあまり変わりません。そのため、自社内で割けるリソースが無い場合は、外注化も視野に入れて運用できるというのはコンテンツマーケティングのメリットの1つと言えます。

以上、コンテンツマーケティングのメリット10つでした。このようにコンテンツマーケティングを行うことで様々なメリットを享受できます。もちろん簡単に成果が出るわけではありませんが、費用対効果を考えると、取り組んでみる価値のある施策と言えます。

コンテンツマーケティングのデメリット4つ

非常にメリットの多いコンテンツマーケティングですが、もちろんデメリットもあります。そこでここでは、コンテンツマーケティングのデメリットについてもご紹介します。具体的には下記の通りです。

  • 制作に時間がかかる
  • 定期的なコンテンツ作成が必要
  • 効果が出るまでに時間がかかる
  • 成果が見えにくい

それぞれ順番にご説明します。

制作に時間がかかる

まず第一にコンテンツ制作に時間がかかる点があります。特に、今まで全くコンテンツを制作したことが無い企業の場合、コンテンツを制作するための体制づくりから始めなければなりません。また、コンテンツマーケティングにおいて、制作するコンテンツはユーザーのニーズを満たすような良質なコンテンツでなければなりません。

そのため、コンテンツを1つ作成するのにも、ユーザーのニーズの把握や良質なコンテンツかどうかのチェックが必要になり、非常に時間と労力がかかります。「とりあえず片手間でやってみる」という姿勢だと確実に途中で挫折してしまうため、しっかりと体制づくりから行う必要があります。

定期的なコンテンツ制作が必要

コンテンツマーケティングの場合、定期的なコンテンツ制作が必要です。理由は下記の通りです。

定期的に更新されているメディアの方が信頼性がアップする
Googleは新しい情報をより評価する

古い情報は「本当にその情報が今でも通用するのか」という観点からユーザーを不安にさせてしまいます。たとえば、あなたが情報を探す際も、定期的に情報を更新しているメディアが発信する情報の方が信頼しやすいのではないでしょうか。また、Googleの検索アルゴリズムでも「より新しい情報を評価する」と言われているため、コンテンツマーケティングでは、一度制作して終わりではなく、定期的なコンテンツ制作が必要になってきます。

効果が出るまでに時間がかかる

コンテンツマーケティングを1から始めた場合、どれだけ少なく見積もっても成果が出るまでに基本的に6ヶ月〜2年ほどの時間がかかります。理由としては下記の通りです。

ユーザーをファン化させるためにはある程度期間が必要なため

Googleの検索エンジンは長期間運営しているメディアを評価するため

まず大前提として、コンテンツマーケティングとは、コンテンツを介してユーザーと関係性を築く施策です。そのため、短期間で効果を得るのは非常に難しいと言えます。たとえば、リアルな人間関係においても、よほど気の合う相手でなければ短期間で関係性を築くのは難しいのではないでしょうか。それと一緒で、コンテンツーケティングにおいても効果が出るまでに長期間必要になるということです。また、Googleは、長期間運営されているメディアの方の評価を高くする傾向があります。そのため、Googleの検索エンジンから集客、成約に繋げるためにも長期間運営する必要があります。

成果が見えにくい

コンテンツマーケティングの場合、成果が見えにくいのもデメリットの1つです。Web広告などの広告の場合は、CTRやCPA、CVRなどの指標を使い、さまざまな分析方法で効果を数値化できます。しかし、コンテンツマーケティングの場合は、指標にできる数値こそたくさんありますが、あくまでコンテンツの内容に依存するため、「良質な情報を提供しているはずなのに、閲覧数や成約数が少ない」ということも珍しくありません。

特に長くコンテンツを提供していると、「意外なコンテンツが人気が出る」ということも起こります。これは、効果検証で得られる数値からはなかなか導き出せない結果と言えます。

以上、コンテンツマーケティングのデメリット4つでした。基本的にコンテンツマーケティングには、労力と時間が思いのほかかかるというのが最大のデメリットになります。ただし、その分、成果が出始めてからのメリットは大きいため、一度取り組んでみる価値がある施策の1つです。

コンテンツマーケティングで成果を上げるコンテンツとは?

コンテンツマーケティングで成果を上げるコンテンツは、ユーザーのニーズを満たす良質なコンテンツです。理由は、下記の2点が挙げられます。

  • ユーザーのニーズを満たさないとコンテンツマーケティングの最終的な目標であるファン化は難しいため
  • Googleの検索エンジンで上位表示されるコンテンツは、ユーザーのニーズを満たすコンテンツのため

ユーザーは、質が低いコンテンツやニーズを満たしていないコンテンツを見ると、すぐに閲覧をやめ、離脱してしまいます。また、ユーザーは、一度「質が低い」と判断したコンテンツにはなかなか戻ってきてくれません。さらに、近年のGoogleのアルゴリズムでは、ユーザーのニーズを満たしているコンテンツが検索上位に表示される傾向があります。そのため、コンテンツマーケティングで成果を上げるためには、とにかくユーザーのニーズを満たす良質なコンテンツを作成しましょう。

また、コンテンツマーケティングは、下記のように情報提供する媒体やツールもさまざまです。したがって、ターゲットユーザーに合わせてどのような方法で情報を提供していくかも鍵になってきます。

  • オウンドメディア
  • ブログ
  • メルマガ
  • ホワイトペーパー
  • SNS
  • YouTube
  • ウェビナー
  • プレスリリース

コンテンツマーケティングの活用事例

ここでは、具体的なコンテンツマーケティングの活用事例として、下記の2つのコンテンツマーケティングにおける活用事例について解説します。

  • 動画コンテンツの活用事例
  • オウンドメディアコンテンツの活用事例

それぞれ順番にご説明します。

動画コンテンツ

動画コンテンツでは、主に下記の3種類がコンテンツマーケティングで活用されています。

  • 商品・サービス紹介動画
  • How To動画
  • 導入事例紹介動画

こちらもそれぞれ順番にご説明します。

商品・サービス紹介動画

商品・サービス紹介では、商品やサービスの特徴を動画で伝え、使い方やデモなども合わせて紹介するのに使われます。主に、ユーザーの商品・サービスの認知向上を目的として制作されます。操作や機能を動画で分かりやすく伝えることで、商品の購入を前向きに検討してもらうという効果が見込めます。

How To動画

How To動画は、顧客満足度の向上を目的に活用されています。動画を使用することで、商品やサービスの使い方や文字では伝えられない手順なども詳細まで伝えられます。実際の使い方を動画コンテンツにすることで、ユーザーに「自分が使ったらどうなるか」をイメージさせるのが狙いです。

導入事例紹介動画

導入紹介動画は、購買率の向上を目的として活用されています。商品やサービスを実際に導入している様子や使用している様子を見せることで、ユーザーは第3者の客観的な意見を取り入れ、購入する際の参考材料にできます。

以上、動画コンテンツマーケティングの種類についてでした。特に動画コンテンツマーケティングでは、YouTubeを活用する例が多くなっています。YouTubeの場合は、無料で利用でき、Googleアカウントさえあれば誰でも動画を投稿できるため、参入障壁自体も高くはないでしょう。しかし、参入障壁自体が高くない分、競合が非常に多く存在するという特徴があります。

オウンドメディア

オウンドメディアでは、主に下記の3種類がコンテンツマーケティングで活用されています。

  • コンテンツSEO
  • SNS
  • 採用

それぞれ順番にご説明します。

コンテンツSEO

後ほど詳しく解説しますが、コンテンツSEOとは、質の良いコンテンツをインターネット上に公開し、検索順位を上げるというSEO施策です。コンテンツSEOで検索上位を獲得することで、集客と成約に繋げられます。コンテンツマーケティングといえば、コンテンツSEOと言われるほど、コンテンツマーケティングの代表格になっています。

SNS

SNSは、コンテンツの拡散やその他コンテンツへのアクセスアップ、自社サイトへのユーザーの流入を狙って活用されています。SNSで伸びやすい面白いネタ記事や映える画像を投稿して、最終的に集客と購買に繋げていきます。バズれば、一気に新規顧客が増える可能性がある爆発力を持っているのが特徴です。

採用

主に人材系の企業が採用を強化する目的で活用しています。入社後の情報や研修内容、事業内容の様子を包み隠さず発信していくことで、会社を知ってもらい、入社後にミスマッチしづらい、より良い人材の獲得を目的に運営されています。

コンテンツを知ってもらうためのコンテンツプロモーション

コンテンツを知ってもらうためのコンテンツプロモーション

コンテンツマーケティングを行う場合、まずはコンテンツをユーザーに知ってもらう必要があります。コンテンツプロモーションとは、コンテンツの存在自体を見込み客に知ってもらうための活動のことです。コンテンツプロモーションを成功させるには、下記の3つの層にコンテンツを届け、コンテンツ自体をシェアしてもらうことが重要です。

  • 既に関係性が構築できている層
  • まだ関係性が無い層
  • インフルエンサー層

それぞれ順番にご説明します。

既に関係性が構築できている層へのアプローチ方法

既に関係性が構築できている層とは、下記のような層を指します。

  • 自社のSNSアカウントをフォローしてくれている
  • 自社が配信しているメルマガに登録している

上記のような層は、既に関係性が出来ているため、SNSやメルマガを通して、自社の商品やサービス情報、お得情報を発信しましょう。本当に良い商品やサービスと感じてもらえたら、コンテンツ自体のシェアをしてくれる可能性も高いです。

まだ関係性が無い層へのアプローチ方法

まだ関係性が無い層へは、自社コンテンツをGoogleの検索エンジンで上位表示させて集客するか、広告を打つという手段があります。コンテンツマーケティングを始めて成果が出るまでには基本的に半年以上かかるため、その期間を短縮するために広告を打つのは有効です。

また、まだ関係性が無い層も、コンテンツマーケティングによってニーズを満たす良質なコンテンツを提供できれば、より深い関係性を持った層へステップアップしていく可能性もあります。

インフルエンサー層へのアプローチ方法

インフルエンサー自身が自社の見込み客に近い場合は、インフルエンサーに直接コンタクトを取って、新しいコンテンツを先に提供するという方法があります。「まだ誰も知らないコンテンツを先に提供してもらっている」というインフルエンサーの潜在的な欲求を満たすことができ、コンテンツをシェアしてもらえる可能性が高まります。

以上、コンテンツを知ってもらうためのコンテンツプロモーションについてでした。コンテンツプロモーションでは、それぞれの層によって全くアプローチ方法が異なります。そのため、今現在どの層にアプローチしているのかしっかり理解した上でアプローチしていきましょう。

コンテンツマーケティングを実践する前の準備

いよいよ、ここからコンテンツマーケティングの実践編に入っていきます。しかし、コンテンツマーケティングを実践していく前にはいくつか準備が必要です。そこでここでは、コンテンツマーケティングを実践する前の準備について解説していきます。具体的な準備としては下記が挙げられます。

  • 既存コンテンツの分析
  • 目的の明確化
  • ターゲットの設定
  • コンテンツ媒体の決定
  • 制作プランを練る

それぞれ順番にご説明します。

既存コンテンツの分析

まずは、Web上に存在している既存コンテンツ(ライバルとなり得るであろうコンテンツ)について分析してみましょう。なぜなら、検索エンジン上やYouTube上で検索した際に表示されたコンテンツは、現状ユーザーのニーズを満たしており、Googleからも評価されているからです。

そのため、既存コンテンツのどこが優れているのかを分析しておくことで、今後、自社でコンテンツマーケティングしていく上での1つの指標にできます。既存コンテンツは、下記について観察、分析しておくと良いでしょう。

  • どのようなユーザーのどういったニーズを満たしていると考えられるか
  • 動画やSNSといった他の媒体も同時に運営しているか
  • どのような内容のコンテンツを発信しているか
  • 投稿頻度はどのくらいか
  • 現状、どの程度のコンテンツ量があるか
  • いつからコンテンツで発信しているか

目的の明確化

コンテンツマーケティングを行う目的を事前に明確化しておきましょう。なぜなら、目的によってアプローチ方法が変わってくるからです。たとえば「既存顧客のリピート率を10%増やす」のと、「新規顧客を10%増やす」のでは、コンテンツマーケティングでもアプローチ方法が異なってきます。

したがって、まずは、自社がコンテンツマーケティングを行う目的を明確化させ、その目的にブレないような運営をしていく必要があります。

ターゲットの設定

コンテンツマーケティングを成功させるためには、ターゲットがどのようなターゲット像であるか明確にする必要があります。なぜなら、ターゲットを理解していないと、そのターゲットのニーズを満たすようなコンテンツを作成できないからです。ターゲットが明確化できれば、そのターゲットに刺さるようなコンテンツを逆算して制作できます。そのため、まずはターゲットを設定し、そのターゲットがどのようなニーズを抱えているかを深掘りして考えてみましょう。

※より詳しい情報を知りたい方は、下記の記事をご確認ください。

【3ステップで解説】ペルソナ設定の具体的な方法と注意点とは

コンテンツ媒体の決定

ターゲットを設定したら、どのコンテンツ媒体でアプローチしていくか決めましょう。コンテンツ媒体には、下記のような種類があります。

  • オウンドメディア
  • ブログ
  • SNS
  • 動画
  • メルマガ

最終的には複数の媒体で発信した方が良いですが、まずは1つに絞ってコンテンツを制作していきましょう。それぞれの媒体で特色が違うため、どの媒体がターゲット設定で決めたユーザーに一番刺さりやすそうかを考えて選びましょう。

制作プランを練る

最後に、どのような制作プランでコンテンツを制作していくのかを決めておきましょう。なぜなら、最初に制作プランを決めておかないと、途中で挫折しやすくなるためです。基本的にコンテンツマーケティングは成果が出るまでに6ヶ月以上かかります。6ヶ月間制作プラン無しで、いつ成果があがるかも分からないコンテンツを制作し続けられる人はごくわずかでしょう。そのため、最初に制作プランを決めておくことで、そのプラン通りに挫折することなく進められやすくなります。

以上、コンテンツマーケティングを実践する前の準備についてでした。基本的に準備を疎かにすると、実際にコンテンツマーケティングを実践した際も失敗する可能性が高くなります。そのため、準備のときから手を抜かずに、しっかり取り組むようにしましょう。

コンテンツマーケティングの実践方法

コンテンツマーケティングの準備が整ったら、いよいよ実践に取り掛かっていきましょう。コンテンツマーケティングの実践方法は、下記の5STEPあります。

  • メディアを作り、アクセスを集める
  • PVを見込み客リストに変える
  • 見込み客を新規顧客に変える
  • 新規顧客を優良顧客に変える
  • 効果測定と改善

それぞれ順番に解説します。

STEP1:メディアを作り、アクセスを集める

まずは、決めたコンテンツ媒体でメディアを構築しましょう。たとえば、ブログならブログ記事、動画なら動画を投稿できるように構築できればOKです。構築完了後、実際にコンテンツを作成し、アクセスを集めていきます。

ただし、このアクセスを集める最初の段階が非常に大変です。当たり前ですが、メディアを構築した段階では、見込み客は0人です。そのため、アクセスを集めるためには、ユーザーのニーズを満たす良質なコンテンツを定期的に制作していく必要があります。このSTEP1で大半の場合は挫折していくため、「アクセスをある程度集めるまでは絶対に更新を止めない」と心に誓ってください。

STEP2:PVを見込み客リストに変える

ある程度PVが集まるようになったら、閲覧してくれるユーザーを見込み客リストに変えていきましょう。PVを見込み客に変えるためには、ユーザーに無料で提供するプレゼント等を用意すると良いでしょう。たとえば、メールアドレスや名前、会社名等を登録してもらう代わりに、登録した人限定の商品やサービス、情報を提供するなど工夫すると良いでしょう。

ただしこの際、登録した人限定の商品やサービスはユーザーの期待以上のものを提供することを心がけましょう。基本的にユーザーは、個人情報を登録したがりません。にも関わらず、メールアドレスや名前を登録してくれるのは、限定商品、サービスにそれ以上の価値を感じているからです。

そのため、この限定商品が期待よりも質が低いものだった場合、ユーザーは失望し、2度と同じメディアに訪れることはないでしょう。そのため、ユーザーの期待以上のものをプレゼントし、一気に見込み客に押し上げることが重要です。

STEP3:見込み客を新規顧客に変える

STEP2までに質の高いコンテンツを提供し続ければ、ユーザーは確実に自社のファンになってくれています。そして、当初は全く自社商品やサービスに興味がなかったユーザーも、このときにはメディアに蓄積された多くのコンテンツから商品に対する知識やビジョンについて理解し始めています。このタイミングで商品の購入検討に役立つ成功事例やお客様の声などのコンテンツを提供していきます。ユーザーは既にあなたの商品、サービスに対して好意的になっているため、購入してくれる可能性が非常に高くなります。

STEP4:新規顧客を優良顧客に変える

次に目指すべきは、STEP3で見込み客に変えたユーザーをリピーターなどの優良顧客に変えることです。実際に優良顧客になってもらうためには、ユーザーの期待を裏切らない高品質のサービスやコンテンツを提供していることが前提です。そして、各STEPで構築した関係性を持つユーザーに対し、他の商品等もアピールしていくことでリピート購入に繋げていきます。ここまでくると、優良顧客が同時に紹介客まで連れてきてくれるようになってきており、さらにコンテンツマーケティングの力を実感することになるでしょう。

STEP5:効果測定と改善

ここまで解説したSTEPで最大限効果を得るためには、各STEPにおいて、効果測定と改善が非常に重要になってきます。各ステップにおいて、下記のような指標を参考にし、改善していくと良いでしょう。

  • 各コンテンツのPV数
  • PVあたりのリスト獲得数
  • メルマガからの成約率
  • リピート率 or 継続率

上記のような指標は、Google AnalyticsやGoogle Search Consoleで閲覧可能です。そのため、コンテンツマーケティングを行う場合、これら2つのツールは必ず導入しておきましょう。

以上、コンテンツマーケティングの実践方法5STEPでした。それぞれのSTEPで行うことやアプローチしていく顧客の層が全く違います。そのため、どの層にアプローチしていくコンテンツなのかを把握した上で適切なコンテンツを作成しましょう。また、上手くいかない場合は、STEP5の効果測定と改善で、どのSTEPで上手くいっていないのか把握して改善していきましょう。

コンテンツマーケティングのポイント8つ

ここまで、コンテンツマーケティングの具体的な実践方法について解説してきました。そこでここでは、コンテンツマーケティングのポイント8つについても解説していきます。ポイントを抑えながらコンテンツマーケティングを行っていくことで、成果が出るまでの期間の短縮や成果の最大化が狙えます。具体的なコンテンツマーケティングのポイントは下記の8つです。

  • キーワード選定
  • カスタマージャーニーマップの作成
  • STEPごとの目標(KPI)を測定
  • 際高品質のコンテンツを制作
  • 最適なタイミングでコンテンツを提供する
  • コンテンツマップの作成
  • コンテンツ同士の連携
  • ターゲットに合わせたコンテンツの発信

それぞれ順番にご説明します。

キーワード選定

キーワード選定とは、SEO施策を行う「単語」や「文章」を選ぶことです。簡単に言うと、ユーザーが検索エンジンに打ち込むであろうキーワードを予測することを言います。検索エンジンからの集客を考える場合は、必ずキーワード選定を行いましょう。

なぜなら、キーワードがそのままユーザーのお悩み、すなわちニーズに繋がっているからです。そのため、ユーザーのニーズを満たした良質なコンテンツを作成するためには、ユーザーのニーズが把握できる検索キーワードを選定する必要があります

カスタマージャーニーマップの作成

カスタマージャーニーマップとは、見込み客があなたの製品やサービスを認知し、さまざまな接点を経て関心を深め、購入に至るまでの一連のプロセスを旅(ジャーニー)に例えて、図(マップ)で表したものです。カスタマージャーニーマップを作成することで、ユーザーがどういった経緯で購入に至るかを逆算して考えることができます。1つ1つの製品やサービスの購入パターンを図で表すのは手間かもしれませんが、成約率に大きな差が出てくるため、必ずカスタマージャーニーマップを作成するようにしてください。

STEPごとの目標(KPI)を測定

各STEPごとに目標(KPI)を設定し、目標に対する実際の結果を測定しましょう。そうすることで、どのSTEPで目標に届いてないか把握でき、改善項目の洗い出しに繋がります。目標(KPI)に関しては、実際に手が届く範囲の目標に設定しておくことも重要です。

最高品質のコンテンツを制作

コンテンツマーケティングを行う上では大前提となってきますが、毎回最高品質のコンテンツを制作しましょう。手を抜いたコンテンツはユーザーに見抜かれます。ユーザーのニーズを満たす最高品質のコンテンツを制作し、ユーザーのファン化を目指しましょう。

適切なタイミングでコンテンツを提供する

意外と重要なのが適切なタイミングでコンテンツを提供することです。たとえば、初めてコンテンツを見てくれたユーザーに対して、優良顧客に提供するようなコンテンツを提供しても全く響きません。そのため、「コンテンツマーケティングの実践方法」で紹介した通り、それぞれのSTEPごとに適切なアプローチをしていきましょう。

コンテンツマップの作成

コンテンツマップとは、サイトのコンテンツ構成を可視化した図(マップ)を意味します。コンテンツマップを作成することで、サイトの「どこに」「どのような」コンテンツがあるのか把握でき、成約につなげるための導線が分かりやすくなります。そのため、コンテンツマップを作成し、常に「どこに」「どのような」コンテンツがあるか把握できるようにしましょう。

コンテンツ同士の連携

  • ブログとSNSを連携させる
  • SNSのプロフィール欄にWebサイトのリンクを貼る
  • YouTubeの概要欄に自社のホームページリンクを貼る

上記のような工夫により、自社の情報発信に興味を持ったユーザーの回遊性を高めます。

また、コンテンツ同士を連携させることで、ユーザーのファン化や情報拡散を促進できます。ただし、成果が出てない状態で同時に複数のメディアの運営は厳しいため、ある程度メディアが育つまでは1つのメディアの運営に注力しましょう。

ターゲットに合わせたコンテンツの発信

ターゲットがどのような情報を欲しがっているかは、コンテンツマーケティングでは非常に重要です。そのため、ターゲットが現在どのような情報を欲しがっているのかを考えてコンテンツを発信しましょう。

また、ターゲットが決まっていない場合は事前に決めておく必要があります。ターゲットがどのような情報を欲しがっているか分からない場合は、Yahoo知恵袋など、直接ターゲットが悩みを書いているQ&Aサイトなどを参考にしましょう。

以上、コンテンツマーケティングのポイント8つでした。やるべきことが多いかもしれませんが、しっかり取り組むことで、早く成果が出やすくなります。したがって、各ポイントを抑え、こちらもしっかり取り組むようにしましょう。

コンテンツマーケティングの注意点

コンテンツマーケティングの注意点

既にコンテンツマーケティングを始めてみようか検討しているのではないでしょうか。しかし、コンテンツマーケティングには注意点も存在します。そこでここでは、コンテンツマーケティングを始める前に知っておくべき注意点について3つ解説します。

  • 自分をアピールしすぎない
  • 自分のこだわりを重視しない
  • 定期的に更新する

それぞれ順番にご説明します。

自分をアピールしすぎない

コンテンツマーケティングでは、あくまでコンテンツが主役です。そのため、発信するコンテンツ内で自分をアピールしすぎないようにしましょう。特に多いのが、「僕なら〜のようにします」などのように自分の考えや感想を書いてしまうことです。ユーザーが知りたいのは、あくまで「自分の悩みを解決する方法」です。そのため、自分をアピールしてユーザーに嫌悪感を抱かれるようなコンテンツはやめましょう。

自分のこだわりを重視しない

これも「自分をアピールしすぎない」と似ていますが、自分のこだわりを重視しないのも重要です。具体的なこだわりとしては下記のようなものがあります。

  • 赤色が好きだから、サイト内の文字も全て赤色で統一
  • 文章の表現にこだわりすぎて、逆に読みづらい
  • 業界用語の使用

ユーザーにとっては上記は全て必要ありません。自分のこだわりより、「ユーザーにストレスを与えず、ニーズを満たしてあげること」を意識しましょう。

定期的に更新する

ユーザーにファンになってもらうためには、定期的な更新が必須です。たとえば、アイドルもファンになってもらうために、定期的に新曲を発表したり、ライブを開催したりしていると思います。コンテンツマーケティングについても同じで、ユーザーにファンになってもらうためには、定期的な更新が必要です。1週間に1度、できれば3日に1度は更新するようにしましょう。

以上、コンテンツマーケティングの注意点3つでした。基本的に「自分」という存在を出すと、失敗します。あくまで主役は閲覧してくれるユーザーであることを理解しておきましょう。

コンテンツマーケティングを外注する際に気を付けること

コンテンツマーケティングを行う際に、自社内ではリソースが足りずに外注することもあるでしょう。そこでここでは、コンテンツマーケティングを外注する際に気をつけるべきことについても解説しておきます。具体的に外注する際に気を付けることは下記の4つです。

  • コンテンツマーケティングの基礎知識を身につけておく
  • コンテンツマーケティングの成功事例を知っておく
  • コンテンツマーケティングの目的を明確にする
  • 社内でも必ず最終チェックをする

それぞれ順番にご説明します。

コンテンツマーケティングの基礎知識を身に付けておく

外注する際も、必ずコンテンツマーケティングの基礎知識は身につけておきましょう。なぜなら、基礎知識が無いと、納品されたコンテンツの質が高いのか、低いのかすら分からないからです。基礎知識があることで、納品されたものに対してしっかり評価でき、「次はこうして欲しい」などの修正についても提案できるようになります。

コンテンツマーケティングの成功事例を知っておく

成功事例を知らなければ、最終的にどこに向かえば良いか分からなくなります。最終的なゴールが分からないのに、外注しても上手くいくはずがありません。まずは、成功事例を知りましょう。また、できれば外注先にもその成功事例を共有し、最終的にどのような成果に繋げたいのかを伝えておきましょう。

コンテンツマーケティングの目的を明確にする

成功事例の把握だけでなく、コンテンツマーケティングの目的も共有しておきましょう。なぜなら、「集客だけが目的なのか」、「成約まで繋げるのが目的なのか」でも、作成すべきコンテンツが違ってくるからです。目的を明確にしておくことで、外注先も作るべきコンテンツが見えてくるはずです。

社内でも必ず最終チェックをする

納品されたコンテンツは社内でも必ず最終チェックするようにしましょう。なぜなら、外注先のスタッフ全てが質の高いコンテンツを制作できるわけでは無いからです。また、外注先は、あなたの会社内のルールに関しては全く知りません。そのため、社内で最終チェックすることで、修正可能な部分は修正できます。

以上、コンテンツマーケティングを外注する際に気をつけるべきことでした。外注するにしても、コンテンツマーケティングの基礎は抑えておくべきです。また、できれば、最初は自社内でリソースを割くようにし、慣れてきたタイミングで外注化を考えましょう。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

よくコンテンツマーケティングと混同してしまうものに、コンテンツSEOというものがあります。 コンテンツSEOとは、質の良いコンテンツを提供して検索順位を上げるというSEO施策です。コンテンツSEOは、近年、単純なキーワード出現率や被リンク数などによるSEO効果が薄れるようなGoogleのアルゴリズム変動があったことで、その代案として生まれた手法です。

しかしコンテンツマーケティングは、ユーザー獲得から購入、その後のユーザーの定着までの一通りの流れを指します。コンテンツSEOと意味合いが被るところがありますが、根本的には別の考え方だと覚えておきましょう。

コンテンツマーケティングに役立つツール

コンテンツマーケティングでは、さまざまなツール使ったり指標を見たりする必要があります。そこでここでは、コンテンツマーケティングに役立つツールを3つご紹介します。下記の通りです。

  • CMS
  • Google Analytics
  • Google Search Console

それぞれ順番にご説明します。

CMS

CMSとは「Contents Management System」の略のことで、簡単にいうと、Webサイトやオウンドメディアのコンテンツを構成するデザインやレイアウト情報、テキスト、画像などを一元的に保存・管理するシステムのことです。CMSを利用することで、プログラミングの知識が無くてもWebサイトやオウンドメディアを構築できます。

特にCMSの1つであるWordPressは、無料で利用でき使い勝手も良いため、様々な企業が活用しています。下記を構築する際には、CMSであるWordPressを利用するのがおすすめです。

  • Webサイト
  • ブログ
  • オウンドメディア

※より詳しい情報を知りたい方は、下記の記事をご確認ください。

コンテンツマーケティングとは?CMSを導入するメリット・デメリット

Google Analytics

Google Analyticsは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。Webサイトのアクセス状況や訪問したユーザーのサイト内での閲覧行動が計測できるツールで、コンテンツマーケティングには欠かせません。Google Analyticsは、「効果測定と改善」STEPで必要になるため、必ず導入しておきましょう。

Google Search Console

Google Search Consoleは、Googleが無料提供しているGoogle の検索結果上でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つツールです。主に、下記のような指標を確認できます。

  • キーワードの表示回数や表示順位
  • クリック数
  • 内部リンク・外部リンク数

こちらもWebサイトやオウンドメディアを運営する上では必須のツールのため、必ず導入しておきましょう。

以上、コンテンツマーケティングで役立つツール3つでした。今回ご紹介した他にもコンテンツマーケティングに取り組む上で役に立つさまざまなツールがあります。そのため、取り組んでいく中で、「こういったことをやりたい」や「この指標を見たい」と思った際は、活用できるツールがないか探してみましょう。

コンテンツマーケティングの将来性

ここまで、コンテンツマーケティングの基本的な考え方から実践方法についてまで解説してきました。しかし、中には「今からコンテンツマーケティングに取り組んでももう遅いんじゃないのか」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。そこでここでは、コンテンツマーケティングの将来性についても解説しておきます。

結論から申し上げると、今後もコンテンツマーケティングの市場は伸びていくことが予想されます。2020年3月にインドのリサーチ会社Research Diveのアナリストが出した統計によると、2018年の世界全体でのコンテンツマーケティング市場は367億8,660万ドル(約4兆46億円)だったのに対し、2026年には、1,075億4060万ドル(約11兆8,294億円)に成長するとしています。

これは、2018年から2026年までの間にコンテンツマーケティングの市場規模が約3倍に成長することを表しており、年平均成長率も14.3%という非常に高い数値を示しています。そのため、今後もコンテンツマーケティングの市場規模は伸び続けることが予想されます。しかし、「ユーザーのニーズを満たす、良質なコンテンツを制作する」というコンテンツマーケティングの根幹はこれまでも、そしてこれからも変わりません。

コンテンツを制作するときは、常にユーザーの立場になって、ユーザーがどのようなコンテンツを求めているかを考え、ニーズに合ったコンテンツを提供していくことが大切です。

コンテンツマーケティングについてよくある質問

ここまでコンテンツマーケティングについて非常に多くのことを解説してきましたが、まだまだ疑問に感じていることも多くあるかもしれません。そこでここでは、コンテンツマーケティングについてよくある質問についても解説しておきたいと思います。よくある質問は下記の10つです。

  • コンテンツマーケティングは外注すべき?
  • コンテンツマーケティングの記事作成の外注費用はどのくらい?
  • コンテンツの更新頻度はどれくらいがいいの?
  • 検索ボリュームが多いキーワードから狙ってコンテンツを作るべき?
  • 記事の文字数はどれくらいがいいの?
  • 量と質はどっちが大切ですか?
  • どのくらいの期間で成果出ますか?
  • 画像や動画は入れるべきですか?
  • 数字が伸びないのですがなぜでしょうか?
  • リスティング広告とコンテンツマーケティングどちらをやるべきですか?

それぞれ順番にご説明します。

コンテンツマーケティングは外注すべき?

基本的には自社内で行った方が良いですが、リソースが足りない場合は外注しましょう。
ただし、最初の3ヶ月ほどは自社内で行った方が良いです。なぜなら、外注するにしても、コンテンツマーケティングについての基礎知識は必要だからです。そのため、最初の3ヶ月でしっかりコンテンツマーケティングの基礎を理解した後で、外注するようにしましょう。

コンテンツマーケティングの記事作成の外注費用はどのくらい?

基本的には、1文字1円と考えておきましょう。そのため、3000文字のコンテンツ(記事)を1つ作成するのに、3,000円ほどかかります。もちろん外注先には、1文字1円以下で受注してくれる方もいますが、コンテンツの質が低い場合が多いです。コンテンツマーケティングはある程度良質なコンテンツが必要です。そのため、最低でも1文字1円ほどで仕事を受けてくれ、質が高いコンテンツを制作できる人を探しましょう。

コンテンツの更新頻度はどれくらいがいいの?

3日に1回以上が理想です。なぜなら、コンテンツマーケティングでは定期的なコンテンツの更新が必要だからです。ただし、どうしても3日に一回が厳しい場合は、最低でも1週間に1回は更新するようにしましょう。

検索ボリュームが多いキーワードから狙ってコンテンツを作るべき?

まずは、検索ボリュームの小さいキーワードから狙っていきましょう。なぜなら、検索ボリュームが多いキーワードはそれだけ競合も強く、コンテンツを作成したとしても、SEOで検索上位に上がりにくいからです。そのため、まずは検索ボリュームが小さいキーワードを狙ってコンテンツを作っていき、慣れてきたら検索ボリュームが多いキーワードも狙っていくと良いでしょう。

記事の文字数はどれくらいがいいの?

記事やコンテンツの文字数を気にする必要はありません。なぜなら、コンテンツがユーザーのニーズを満たす良質なコンテンツであることが重要だからです。その結果として、文字数が短くなったり長くなったりしてもOKです。

量と質はどっちが大切ですか?

質です。たとえば、他の人が同じようなコンテンツを作成しておらず、広めたくなるようなコンテンツ作成できるなら、1つのコンテンツだけでも成果を出せる可能性があります。ただし、最初から質を求めすぎると挫折してしまいます。

また、定期的に更新し続けて初めて質が高くなっていくため、結果的に最初は量もある程度必要になってくるでしょう。そのため、最初から「質が高いコンテンツを作ろう」と意識しすぎないようにしてください。

どのくらいの期間で成果出ますか?

基本的には3日に一回更新し続けても、6ヶ月〜1年以上かかります。ただし、さまざまな要因が重なり1ヶ月程度で成果が出る場合もあります。基本的に、短期間で成果が出ないということは、初めに理解しておきましょう。

画像や動画は入れるべきですか?

ユーザーが読みやすい場合は入れることが望ましいです。ただし、入れすぎても見づらいため、基本的には画像をH2見出しの下に1枚ずつに入れる程度で良いでしょう。動画については、文字で解説が難しい場合や実際に自社の商品やサービスを使用してもらっている映像を見せたい場合に利用しましょう。

しかし、画像や動画を入れると、サイトやメディアの読み込み速度の低下が起きやすくなります。そのため、画像や動画を入れる場合は、サイトやメディアの表示速度にも注意しましょう。表示速度が遅すぎると、ユーザーのストレスになり、コンテンツが表示される前に離脱してしまいます。基本的にはクリックして3秒以内にコンテンツが表示されるようにしておきましょう。

数字が伸びないのですがなぜでしょうか?

定期的に更新しているのであれば、少しずつではありますが、数字も伸びてきます。もし、どうしても数字が伸びないのであれば、下記のような原因が考えられます。

  • 重複コンテンツが多い
  • コンテンツの質が低い
  • ユーザーのニーズを満たすコンテンツになってない

基本的に長期間運用しているのに伸びない場合は、コンテンツの質が低いのが最大の原因です。その場合は、既存コンテンツを修正し、より良いものに仕上げましょう。他の伸びているメディアのコンテンツと何が違うのか観察するのも有効な手段です。

リスティング広告とコンテンツマーケティングどちらをやるべきですか?

結論から申し上げると、双方取り組むことを推奨します。。なぜなら、リスティング広告で学べるキーワードの選定の方法や「どうやったら成約に繋がるか」などの考え方は、コンテンツマーケティングでも活かせるからです。ただし、コンテンツマーケティングはあくまで長期向きの施策のため、短期間で成果を出す必要がある場合は、リスティング広告のみに絞って予算を投下した方が良いでしょう。

以上、コンテンツマーケティングについてよくある質問でした。コンテンツマーケティングを行っていくと、分からない点や疑問点が多く出てくるはずです。その場合は、都度ググったり本を活用したりするなどして調べ、しっかり知識を習得していきましょう。また、日頃からググった際に、「このコンテンツはなぜ検索上位に表示されているのだろう」と考えてみると、ユーザーのニーズについて考えるきっかけになりやすいので、おすすめです。

コンテンツマーケティングについてさらに学ぶには

ここまで記事をお読みになった方は、コンテンツマーケティングについてかなり知識がついていることでしょう。しかし、コンテンツマーケティングについて、「もっと深掘りした内容まで知りたい」と考えている方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。そこで最後に、コンテンツマーケティングについてさらに学ぶための方法についても解説しておきます。

  • 書籍を読む
  • ブログやサイトで学ぶ

それぞれおすすめの書籍やブログ、サイトについて順番にご説明します。

書籍を読む

コンテンツマーケティングについて解説した本は世の中にたくさんあります。しかし、「どの本を読めば良いか分からない」という方は、下記の書籍の中からまずは1つ選んで読んでみてください。 エピック・コンテンツマーケティング 顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書 Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書 オウンドメディアのやさしい教科書。-ブランド力・業績を向上させるための戦略・制作・改善メソッド-

本記事と合わせてどれが1冊でも読んでおくと、コンテンツマーケティングについてさらに理解を深められるでしょう。

ブログやサイトで学ぶ

実際にコンテンツマーケティングで成功しているブログやサイトを分析して学ぶ方法です。下記の5つのサイトが非常に参考になります。

経営ハッカー サイボウズ式 ベイジの日報 mercan(メルカン) Book&Apps

どのサイトもPV数が多く、成約に繋げる導線作りもしっかり行っています。特に、オウンドメディアを構築する際は、参考になるでしょう。他にもコンテンツマーケティングについて、参考になる書籍やサイトはたくさんあります。そのため、まずは気になったものから手に取り、興味が湧いてきたらどんどん学んでいきましょう。

まとめ

本記事では、コンテンツマーケティングの概要と仕組み・成果を出すために押さえるべきポイントについて解説してきました。最も大事したいコンテンツマーケティングの考え方としては、「ユーザーのためのコンテンツであること」です。 今後、マーケティングの手法が進化したとしても、この考えに則って運用と改善をしていれば、大きな機会損失をすることはないでしょう。また、最新のSEOも、このコンテンツマーケティングの考え方に近いものがあるため、Googleの検索エンジンからの評価が大きく下がることも無いでしょう。

コンテンツマーケティングをしっかりと行い、適切なコンテンツを作り込んでいけば、新規顧客の獲得から優良顧客の獲得まで可能です。また、作成したコンテンツが検索エンジンから集客してくれれば、営業や広告運用に時間もお金もかけなくて済むようになります。

したがって、まずはコンテンツマーケティングの概要と仕組みを抑え、良質なコンテンツを作成することから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者

田中雄太

twitterアイコン Facebookアイコン

アダムテクノロジーズ執行役員 SEOコンサルタント

株式会社アダムテクノロジーズ 執行役員。
ユーザーニーズと最も近いSEO対策で、あらゆるビジネスを加速させ、より良い社会の実現を目指す。
入社から5年間で100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードでの上位表示を実現。顧客目線での目標達成にコミットしたSEOコンサルティングが強み。

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

当社でご提供しているサービスの資料ダウンロードはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

SEO診断の資料はこちら WEBサイト高速化の資料はこちら

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。

アルゴリズム学園で
SEOの最新情報をGET!

アルゴリズム学園ではSEOに関する情報をメールマガジンにて定期的に配信しています。

最新SEO情報から、知っておくべき知識までプロの視点でわかりやすく解説。

>>メルマガ登録はコチラ