田中 雄太

【完全版】ブログのSEO対策でチェックするべき13のポイントを解説

コンテンツマーケティング

【完全版】ブログのSEO対策でチェックするべき13のポイントを解説のサムネイル

Webサイトを運営するならば、SEO対策が必須と言っても過言ではありません。SEO対策を強化して検索エンジンで上位表示することができれば、見込み客を無料で集客することも可能になるためです。

しかし、SEO対策が重要とは聞いたことはあるものの、具体的なチェックポイントがわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ブログでSEO対策をするポイントを13個厳選して解説をします。自社のWebサイトで成果を出すためにも、ぜひ参考にしてください。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

ブログのSEO対策とは

まずは、SEO対策の概要から見ていきましょう。SEO対策には、内部SEOと外部SEOの2種類があります。内部SEO対策とは、htmlのタグの最適化・適切な構造化データの記載など、Webサイトの「設計」に関してを指します。

一方の外部SEO対策とは、「被リンク獲得」などの、Webサイトの外部における適切な施策を講じることを指します。

内部SEO対策

上述したように、内部SEOとは、適切なhtmlの記述など、検索エンジンに対してわかりやすい設計にするSEO対策のことです。加えて、読者のニーズに応えるコンテンツを作成をすることも内部SEO対策の一環であり、Webサイトのアクセスアップや売上アップに直結する施策が多くあります。

検索エンジンのクローラビリティが円滑であり、なおかつユーザーにとって理解のしやすいコンテンツを制作できると、総合的にWebサイトの評価が高まります。結果、検索エンジンと双方にとって良質なWebサイトであると判断され、上位表示できる可能性を高めることが可能です。

外部SEO対策

外部SEOの目的は、別のサイトからの被リンクをもらい、サイトの検索順位を向上させることです。外部のサイトに掲載されることで、自社サイトのドメインパワーがUPします。SEOでは、ドメインパワーの高いサイトの記事が上位表示される傾向があるため、被リンクを意図的に獲得することが非常に重要です。

被リンクを獲得するためには、自社の強みを発揮できるオリジナルの情報を盛り込むことが欠かせません。他の競合サイトでも打ち出せる情報は、良くも悪くもユーザーにとって本当に必要な情報にはなりにくいため、ユーザーの求めているものに対して、自社のみが出せる一次情報をコンテンツに盛り込みましょう。

ブログでSEO対策をするべき4つの理由

ブログでSEO対策をすべき理由は、Googleの検索エンジンからの評価を高めるためです。

  • Googleからの評価が高まる
  • Googleのアップデートに対応できる
  • 自社のブランド力が向上する
  • 広告費を削減し、長期的に売上が伸ばせる

ここでは、上記の理由を1つずつ解説します。

Googleが10の事実を掲げている

Googleでは、Googleが掲げる10の事実という指標を重要視しています。

上述の記事で解説されている10項目がSEO対策の根幹であり、1つたりとも見逃すことはできません。とはいえ、指標は10項目あるものの、それらはすべて「ユーザーファースト」という考え方が基本となります。

ユーザーにとってより良い記事になるように10項目の指標が用意されているため、それらを1つずつ確認しながらコンテンツを制作するようにしましょう。

SEO対策の歴史としてアップデートが繰り返されている

Googleは、SEOのアップデートを定期的に繰り返しています。アップデートとは、定期的に検索エンジンのアルゴリズムを変更することを指します。アルゴリズムアップデートが起こると、検索順位にも大きな変動が起こります。アップデートに関しては、2・3年前までは、1年に1回ほどのペースでアップデートが行われていました。

しかし、2021年では3ヶ月〜6ヶ月ほどに1回の頻度となっています。最近のSEOのアップデートの傾向や変更点を確認しないと、SEO対策はできません。

SEOは常に読者ファーストを意識して改善されています。常に、世間からニーズのある時代背景にあったWebサイトやコンテンツ作りをしましょう。

自社のブランド力が向上する

3つ目は、自社のブランド力がUPすることです。SEOで上位表示できれば、集客力を高めることができ、売り上げ増加に繫がります。自社商品が売れるようになれば、リピーターやファンを獲得でき、世間からの認知度が向上するため「◯◯と言えば◯◯社」のようなブランディング効果を獲得できます。

広告費を削減して長期的に売上を伸ばせる

4つ目は、広告費を抑えつつ、長期的に売り上げを伸ばすことができるためです。SEOで上位表示することができれば、中長期に渡って安定したアクセスを獲得できます。

たとえば、リスティング広告を運用しての集客を考えた場合、1ヶ月あたり約10万円以上の費用が必要になる場合があるものの、SEOではコンテンツ制作費用以外の経費は発生しません。

上位表示することによって広告費等の諸経費を削減できるため、自社の売上を伸ばせると同時に、キャッシュフローや利益率を高めることも可能であるということです。

ブログのSEO対策は「コンテンツSEO」が重要

コンテンツSEOとは、ユーザー満足度の高い記事を作ることです。ここでは、コンテンツSEOについて掘り下げて解説します。

読者満足度の高いコンテンツ

読者満足度の高いコンテンツとは、読者のメリットだけでなく、ベネフィットにも応えている記事です。ベネフィットとは、商品やサービスを利用して得られる利益となります。

たとえば、Web集客を依頼した場合を考えてみましょう。Web集客を依頼する「メリット」とは、自社サイトへのアクセスが増えることです。アクセスが増えた結果、自社の売り上げが伸びることが「ベネフィット」となります。

読者満足度の高いコンテンツを作るためにも、顕在的なニーズはもちろん、潜在的なニーズにも応えられる内容に仕上げることを意識しましょう。

読者に必要な内容を網羅したサイト設計

読者がWebサイトに訪問した際、仮に「このWebサイトには自分の欲しい情報がない」と感じた場合、読者は自社サイトを離脱し、結果競合サイトへ移動してしまいます。これらを防ぐためには、読者の求めている「検索意図」に対して網羅的に応えることが重要です。

たとえば、先ほどご紹介した「Web集客」について考えてみましょう。読者は自社サイトのアクセスを増加させたいと考えているため、アクセスを増やす方法をいくつかイメージします。

それらの検索意図に応えるためには、オウンドメディアのアクセスを伸ばすための施策・自社サイトのページスピードを上げてSEOの評価を上げるためのノウハウコンテンツなどを盛り込むことが挙げられます。

ただ、1つの記事にすべての情報を網羅しすぎてしまうと、長文になりすぎて読みづらくなってしまう可能性も考えられます。

従って、長文になりすぎてしまうと感じた場合は、適切な箇所に関連記事への「内部リンク」を設置してあげるようにしましょう。

リライトなどの継続的なサイト運営

コンテンツSEOでは、リライトなどの継続的なサイト運営も必要です。1ヶ月に1回など、定期的に検索順位チェックを行い、まずは検索順位が20位〜40位ほどの記事に絞り込み、リライトを検討してみましょう。

リライトにおける重要な点は、公開して間もないコンテンツは、リライトの対象から外すことです。通常、コンテンツは3ヶ月〜6ヶ月間をかけて検索順位が決まっていくため、公開間もない記事をリライトしても、成果が現れにくいなどのデメリットが考えられるためです。

ブログの基本的なSEO対策13選

ブログの基本的なSEO対策13選

ここからは、ブログの基本的なSEO対策を13個厳選してお伝えします。基本的な内容も多くご紹介しますので、自社サイトでも対応できるものから改善をしていきましょう。

適切なキーワード選定

ブログでは、適切なキーワード選定が重要です。キーワードには、上位表示できるかどうかの難易度が定められており、検索エンジンで上位表示されないキーワードを選んでしまうと、どれだけ労力をかけても上位表示させることが困難になります。

適切なキーワード選定を行うためには、キーワード毎に「月間の検索回数」「競合の強さ」などを調べられる「Googleキーワードプランナー」などを活用しましょう。

また、狙うキーワードの「競合調査」を行うことも重要です。競合サイトのドメインパワー・文字数・被リンク数などを細かく確認し、上位表示ができそうなキーワードから優先して制作するようにしましょう。

キーワードをコンテンツに盛り込む

キーワードを選定したら、以下3点を意識してコンテンツを作成しましょう。

  • 記事のタイトルにキーワードを左寄せで盛り込む
  • 記事の見出しに左寄せで盛り込む
  • 本文内で狙うキーワードを近づける(2つ以上の場合)
SEO対策では、狙うキーワードを多く含めれば良い訳ではありません。見出しやタイトルに狙うキーワードを含めつつも、あくまでユーザーファーストで制作することを心がけ、読みやすく理解のしやすいコンテンツを届けましょう。

URLにキーワードを含める

次に、URLにキーワードを含めることも大切です。たとえば、「東京 お昼ご飯」の2語キーワードを狙う場合は、「tokyo-lunch」のようにURLを英語にて表記しましょう。もしくは、ローマ字で分かりやすく設定する方法も効果的です。

URL(パーマリンク)は、日本語表記にしてしまうと、クローラーがURLの内容を読み取ることができません。結果、「%3%2%2%」のように、読者から見て意味のわからないURLになってしまうため注意が必要です。

わかりやすいナビゲーションメニューの設置

ブログを立ち上げたら、トップページの上部にわかりやすいナビゲーションメニュー(カテゴリのメニュー)を設置しましょう。読者が必要な記事をトップメニューから探しやすくなるからです。記事一覧が表示される「サイトマップ」や「カテゴリ」などをナビゲーションメニューに設置することで、読者が使いやすいブログとなります。

ブログを訪問した読者がすぐに離脱することを回避できれば、必然的にサイト滞在時間が長くなり、SEOにおいて一定の効果が見込めます。

パンくずリストを用意する

パンくずリストとは、クローラーや読者自身が、現状Webサイト内のどのページに滞在しているのかがわかるタグのことです。

パンくずリストによって現在位置がわかることで、ユーザビリティが高まり、サイト滞在時間のアップが見込めます。また、検索エンジンのクローラーに関しても、パンくずリストがあることによって、到達しにくいページにも到達ができるようになります。

結果、すべてのページをインデックスし、Webサイト全体をSEOで評価してもらえることに繋がります。

サイトの階層構造をシンプルにする

読者が求めるコンテンツに辿り着けるように、サイトの階層構造をシンプルにしましょう。できれば、トップメニューから2クリック以内に求めるコンテンツに辿り着けることが望ましいです。

サイト構造がわかりやすいと、ユーザビリティが高まり、読者満足度の高いWebサイトとなります。また、クローラー(検索エンジンロボット)が回遊しやすくなると、すべてのページに対してのクローリングがしやすくなる他、公開してからのインデックス速度を速められます。

見出しの正しい使い方を理解する

次に、見出しの正しい使い方を知ることが重要です。基本的には、「h2の次はh3」など、見出しを順番通りに使用すれば問題ありません

また、記事全体として狙うキーワードを見出しに盛り込むことができれば、SEOにも一定の評価が見込めます。ただ、SEO効果を重視しすぎて読者に分かりづらい内容にしてしまっては本末転倒であるため、このあたりも必ずユーザーファーストを意識しましょう。

XML・HTMLサイトマップを設置する

SEOの評価を高めるために、XML・HTMLのサイトマップを用意しましょう。XMLサイトマップとは、ブログ内の構造やコンテンツが分かるページのことです。

XMLサイトマップがあることで、Googleのクローラーが巡回しやすくなります。ブログ運営初期は、XMLサイトマップがないと検索エンジンに認知されず、記事が誰にも読まれなくなってしまう場合もあるので、早めにサイトマップを設置しましょう。

また、HTMLサイトマップがあれば、ブログ内の全ての記事を閲覧することが可能です。つまり、読者が使いやすいサイトになります。読者の滞在時間を伸ばす施策にもなるため、XMLサイトマップ同様に、Webサイトの初期段階で導入すると良いでしょう。

404エラーページを用意する

404エラーページとは、読者が「存在しないページ」を訪問した際に表示されるページのことです。

読者がブログ内に存在しないページにアクセスした場合に備えて、エラーページを用意しておきましょう。エラーページを設定しておけば、読者がすぐに元のページへ戻り、他のコンテンツを閲覧することが可能となります。

また、404エラーページは「ノーインデックス」にしておきましょう。閲覧不可能なページあると、読者に不便なページだと判断され、サイト全体の評価が下がってしまう危険性があるためです。

内部リンクを適切なアンカーテキストで設置する

アンカーテキストとは、のタグに挟まれる文章のことです。読者とクローラーからわかりやすいアンカーテキスト(内部リンク)を設置しましょう。

短文で簡潔にし、読者に不要なリンクとならないよう注意しましょう。必要な箇所に設置することで、読者のクリック率が向上します。クリック率が高くなれば、「適切なリンク」だとSEOから評価されます。また、アンカーテキストにキーワードを含めすぎてしまうと、かえってSEOにマイナスの評価を与えます。

従って、アンカーテキストにはキーワードを含めると同時に、完結でわかりやすく設定するようにしましょう。

画像利用を最適化する(軽量化・altタグを設置)

 

ブログ内の画像を軽量化し、altタグを設置しましょう。ブログの画像が軽量化されると、ページの表示スピードが向上し、離脱率を下げることができます。

また、altタグを設置することで、画像が表示されない場合にテキストが表示されます。テキストによって読者に画像の内容を伝えることが可能であるため、結果ユーザーファーストの記事であるとのSEO評価を受けられます。

自社が発信できる一次情報を洗い出す

自社がコンテンツを発信する前に、まずは一次情報を洗い出しましょう。経験したことがある内容や、データなどに基づく内容は情報としての価値が高いからです。体験に基づく情報は信頼性があり、読者のためになるコンテンツとなります。そして、結果権威性が高まり、SEOで高く評価されることにも期待ができます。

また、高品質コンテンツガイドラインでも解説されているように、Googleは、EATと呼ばれる「権威性・信頼性・専門性」の3つの指標を重要視しています。権威性や信頼性のあるコンテンツであれば、検索上位を狙うことが可能です。

例えば、法人であれば、自社ならではの実験に基づくデータなどの専門性を出すことも1つのポイントになります。まずブログを立ち上げる前に、自社のオリジナルコンテンツを発信できるように、一次情報を洗い出すことが大切です。

まとめ:弊社でもコンテンツSEOのご相談を承っております

弊社でもコンテンツSEOのご相談を承っております

Googleから評価されるWebサイトを作るためにも、常にユーザーファーストを意識しながら、サイト設計やコンテンツ作成をしましょう。本記事で紹介しているSEO対策のポイントを踏まえてコンテンツを作成することで、検索エンジンとユーザーの双方に好まれる高品質なWebサイトを作ることが可能です。

しかし、SEO対策に初めて取り組まれる方や、現状Webサイトがどの程度SEOにおいて評価をされているのか、疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。

弊社では、多角的な観点からSEO対策の改善点を診断する「SEO診断サービス」をご用意しています。まずは、下記のページから無料で資料をダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

SEO診断の詳しい内容はこちら

この記事の執筆者

田中雄太

twitterアイコン Facebookアイコン

アダムテクノロジーズ執行役員 SEOコンサルタント

株式会社アダムテクノロジーズ 執行役員。
ユーザーニーズと最も近いSEO対策で、あらゆるビジネスを加速させ、より良い社会の実現を目指す。
入社から5年間で100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードでの上位表示を実現。顧客目線での目標達成にコミットしたSEOコンサルティングが強み。

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

当社でご提供しているサービスの資料ダウンロードはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

SEO診断の資料はこちら WEBサイト高速化の資料はこちら

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。