アダムテクノロジーズ運営チーム

ECサイトで今すぐに実践するべき広告手法7選|選び方も解説

コンテンツマーケティング

ECサイトで今すぐに実践するべき広告手法7選|選び方も解説のサムネイル

ECサイトを運営し始めたものの、なかなか集客に繋がらず、どのような施策を打てば良いのか悩む方は非常に多いです。また、集客のために広告を用いようと考えても、どの広告手法が最適なのか分からないケースも多々あるかと思います。

そこで本記事では、ECサイトで今すぐに実践するべき広告手法を7つ解説します。また、ECサイトで広告を打つメリットデメリットに加えて、広告以外におすすめの集客手法を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

ECサイトで今すぐに実践するべき広告手法7選

まずは、ECサイトで実践するべき広告手法を7つ解説します。
  • リスティング広告
  • Googleショッピング広告
  • アフィリエイト広告
  • ディスプレイ広告
  • SNS広告
  • リマーケティング広告
  • メルマガ配信(メルマガ広告)
それぞれ順番に見ていきましょう。

リスティング広告

リスティング広告は、検索連動型広告と呼ばれる広告のことです。Googleの検索結果の一番上に配信できる種類の広告であり、ユーザーが広告をクリックする度に課金される仕組みとなっています。 裏を返せば、クリックされなければ課金は発生しないので、予算管理も比較的簡単です。さらに、リスティング広告は月間の広告予算の上限額を設定すれば、その予算以上は消化されません。そのため、広告予算の管理が難しいと感じている場合であっても、必要以上に予算が消化される心配はないでしょう。 リスティング広告のメリットは、売上が早期に発生することに期待できる点です。広告の配信設定さえしてしまえば、当日中に広告を配信できるので、短期的に売上を伸ばしたい場合は必ず取り組むべきでしょう。

Googleショッピング広告

Googleショッピング広告は、商品名、ジャンル名でユーザーが検索した際に、リスティング広告よりも上部に表示される広告のことです。Googleショッピング広告のメリットは、無料枠が用意されていることです。大きな利益を望むことはできないものの、無料枠を上手く活用すれば、その分だけECサイトの流入数や売上を増やすことができます。 また、Googleショッピング広告は画像も検索結果に表示されるため、ECサイトを運営している事業者は絶対に取り組むべき広告の1つです。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、アフィリエイターに自社の商品を宣伝してもらい、成果が発生したら報酬を支払う広告のことです。アフィリエイト広告に取り組む際は、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼ばれる、アフィリエイターと提携しているサービスに登録をします。 そこで自社商品を掲載すると、いくつかの審査を経た後に、ASPに登録しているアフィリエイターに商品を宣伝してもらえるようになります。なお、ASPに対して支払う報酬は、販売額の30%程度が相場であり、加えて月額30,000円〜50,000円程度の費用が発生するのが一般的です。 アフィリエイト広告は、月額費用はかかってしまうものの、多くのアフィリエイターと繋がれる可能性があることがメリットです。アフィリエイターは商品販売のプロであるため、多くのアフィリエイターと繋がることができれば、爆発的な売上増加にも期待ができます。 ただし、化粧品などの薬機法に関連する商品では、アフィリエイターが違法な宣伝行為を行っていないかの監視も必要です。したがって、自社の商品や状況に合わせて利用を検討しましょう。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、WEBサイトのサイドバーや画面下部などに、バナーを表示して集客する広告です。バナーがクリックされたら費用が発生する仕組みであり、品質の高いデザインでバナーを作ることができれば、リスティング広告と同じく早期に集客することができます。 ただし、バナーは表示する場所によってサイズを変更しなければならない他、クリック率も平均して高くない傾向にあります。そのため、これから広告を使ってECサイトに集客しようと考えている事業者であれば、一旦ディスプレイ広告は検討不要でしょう。

リマーケティング広告

リマーケティング広告はディスプレイ広告の一種で、ECサイトに訪問したユーザーを追いかけて配信する広告です。本記事を読んでいる方の中にも、例えばクレジットカードの情報を検索した後に、クレジットカード関連の広告ばかり出てきた経験はないでしょうか。それらがリマーケティング広告です。 リマーケティング広告の最大のメリットは、一度訪問したユーザーに対して広告を配信できることです。一度訪問したユーザーは見込み客である可能性が高く、追いかけて配信を行うことで、売上に繋がる可能性も高くなります。

SNS広告

SNS広告は、Twitter、Facebook、LINE、InstagramなどのSNSで配信する広告です。Instagramであれば美容に関連する商品など、それぞれのSNSの特性に合わせた商品を広告で宣伝すれば、高い費用対効果を発揮します。 ただしSNS広告の場合は、広告のリンク先を直接ECサイトにしてしまうと、CVRが低下する傾向にあります。必ず、LP(ランディングページ)や記事LPを挟み、それらからECサイトに飛ばす仕組みを作ることが重要です。 そのため、現時点でLPを保有しており、なおかつSNS広告と相性の良い商品がある場合は、SNS広告も検討してみると良いでしょう。

メルマガ配信(メルマガ広告)

メルマガ広告とは、一般的なメルマガ配信とは異なり、外部が保有しているメーリングリストに配信する広告です。メルマガの上部、下部に配信される仕組みとなっており、テキストメール、HTMLメールの2種類が存在します。 以前までは、一定以上の成果が見込めたメルマガ広告ではあるものの、近年では効果が落ちてきている傾向にあります。それは、メールを閲覧するユーザーが少なくなっていたり、他の広告手法のほうが成果を出しやすかったりするためです。 そのため、自社商品に非常に強い興味を抱いているユーザーがいる場合にのみ検討するべき広告だと言えるでしょう。

ECサイトでWEB広告を打つメリット

ここまで、ECサイトが取り組むべき広告について解説をしました。ここからは、ECサイトでWEB広告を打つメリットをご紹介します。
  • 早期に売上が立ちやすい
  • 費用対効果の最大化
  • テストマーケティングを行える
それぞれ順番に見ていきましょう。

早期に売上が立ちやすい

特に、リスティング広告やリマーケティング広告の場合、早期に売上が立ちやすいメリットがあります。早ければ、広告の設定を開始した当日から配信できるようになるため、スピード感を求める方は非常に取り組みやすいでしょう。

費用対効果の最大化

ECサイトの広告経由で上がった売上を、さらに広告予算として投じることで、費用対効果の最大化にも期待できます。例えば、リスティング広告やディスプレイ広告で売上を出し、それらをSNS広告やアフィリエイト広告の予算にすることで、あらゆる方面からユーザーを獲得できます。 また、後述するコンテンツマーケティングなどにも予算を投じれば、短期的のみならず、中長期的に安定した集客を実現可能です。

テストマーケティングを行える

最後に、テストマーケティングを行えることもWEB広告のメリットです。新たに開発した商品を販売したい場合、まずはどの程度ユーザーに商品が求められるのかを確認したいところでしょう。そのような場合に、WEB広告を使ってテストマーケティングを行うことで、本当に販売したい商品から売上が上がるのかを確認できます。 また、仮にあまり売上が上がらないようであれば、損失を最低限に抑えることも可能です。こういった形でテストマーケティングを繰り返し、よりユーザーに求められる商品を開発できれば、少ない広告予算でも売上を上げられるようになるでしょう。

ECサイトでWEB広告を打つデメリット

先ほど、WEB広告のメリットを解説しました。一方で、ECサイトでWEB広告を打つ際は、下記のデメリットがあることも理解する必要があります。
  • 広告費用がかかる
  • 代理店に運用を任せる場合はノウハウが貯まらない
  • 最新のトレンドを追い続ける必要がある
それぞれ順番に見ていきましょう。

広告費用がかかる

WEB広告は、やはり広告費用がかかるデメリットがあります。また、仮に月額の広告予算が30,000円程度しかない場合、どうしても期待以上の成果を上げることは難しくなります。 ただし、月額で20万円〜30万円程度の予算を用意して適切に運用すれば、広告予算以上の売上を上げることは十分可能であるため、費用がかかることを悲観的に捉える必要はありません。

代理店に運用を任せる場合はノウハウが貯まらない

自社に広告運用の知見がない場合は、代理店に運用を任せることになります。その場合、自社に広告運用のノウハウが貯まらないというデメリットがあります。例えば、リスティング広告の場合、代理店に支払う必要は広告予算の20%が相場です。つまり、月額30万円の広告予算を使う場合は、手数料の60,000円に加えて、合計36万円の費用が必要です。 自社にノウハウを貯めながら運用したい場合は、運用の内製化を支援してもらえる代理店に依頼すると良いでしょう。

最新のトレンドを追い続ける必要がある

WEB広告は、最新のフォーマットやトレンドの移り変わりが激しいため、常にこれらを追い続ける必要があります。自社で内製化して運用する場合、当然ながら広告運用以外の業務も発生するため、これらを追い求めるのが難しいケースが多々あります。 そういった背景から、広告運用を代理店に任せる事業者が多いことも事実です。自社にノウハウを蓄積させたいという側面と、リソースが足りずに代理店に任せたいという側面は表裏一体であり、それぞれにメリットデメリットがあるため、自社の状況を鑑みながら検討しましょう。

ECサイトの広告以外の集客手法

ここまで、ECサイトでWEB広告を打つメリットとデメリットを解説しました。WEB広告には様々なメリットがあるものの、毎月一定の予算を用意したり、クリック単価が高騰したりすると利益率が著しく悪くなるなど、注意点も多いです。 そこで、ECサイトの広告以外の集客方法にも目を向ける必要があります。代表的な広告以外の手法は下記のとおりです。
  • コンテンツマーケティング
  • ECサイトをアプリ化する
  • CVRを改善する施策を打つ
それぞれ順番に見ていきましょう。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、記事や動画、SNS、ホワイトペーパーなど、コンテンツを起点にして集客し、見込み客を売上に繋げる方法(施策)のことです。コンテンツマーケティングで重要なことは、記事や動画などの方法に関わらず、見込み客に有益な方法を届けることになります。 有益な方法を届け、見込み客が購入などをして売上に繋がれば、結果的にリピーターになってくれる可能性も高まります。また、コンテンツマーケティングに取り組む際、どのコンテンツから始めれば良いのか分からない場合は、記事コンテンツを中心とした「コンテンツSEO」がおすすめです。 コンテンツSEOは、記事を中心に検索結果で上位を獲得し、そこからアクセスを得て売上に繋げる施策になります。一度Googleで上位表示できれば、一定期間は上位表示が続くため、ほぼ自動で売上を上げることも可能です。 広告で得た利益をコンテンツSEOに投じることで、短期と中長期のどちらも安定した集客ができるようになるため、まずはコンテンツマーケティングから検討してみましょう。

ECサイトをアプリ化する

ECサイトをアプリ化することで、ユーザーにプッシュ通知を送れるようになります。そのため、ユーザーがECサイトに訪問していなくとも、運営者側から購買を促せることがメリットです。 ただし、ECサイトのアプリ化は多くの費用がかかる他、ユーザーにアプリをインストールしてもらうハードルもあります。そのため、すでに多くのユーザーのリストを保有していたり、多くの予算を投じられたりする事業者にのみおすすめです。

CVRを改善する施策を打つ

最後に、広告やその他のWEB集客方法に関わらず、CVRを改善する施策を打つことが大切です。CVRとは購入率のことで、クリックしたユーザーの何%が購入したかによって計算されます。 現状のアクセスが少なくとも、CVRを上げるだけで売上は何倍にも増える可能性があります。具体的な施策としては、問い合わせフォームの入力項目を減らしたり、ショッピングカートのかご落ち率を下げたりすることが挙げられます。 広告で見込み客を集めても、CVRが悪ければ取りこぼしが多くなり、費用対効果を最大化させることはできません。そのため、CVRは常に改善する意識を持ちましょう。

まとめ

本記事では、ECサイトの広告手法について解説をしてきました。ECサイトで広告に取り組む場合、まずはGoogleショッピング広告、リスティング広告、リマーケティング広告を試すことが大切です。また、必要に応じてSNS広告やアフィリエイト広告など、自社の商品や状況に合わせて配信する広告を追加しておきましょう。 そして、広告だけに頼った集客から脱却するためにも、コンテンツマーケティングなどに取り組むことも大切です。アダムテクノロジーズでも、中長期的に大きな利益を上げられるコンテンツマーケティングの支援を行っておりますので、まずは無料で資料をダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者

田中雄太

twitterアイコン Facebookアイコン

アダムテクノロジーズ執行役員 SEOコンサルタント

株式会社アダムテクノロジーズ 執行役員。
ユーザーニーズと最も近いSEO対策で、あらゆるビジネスを加速させ、より良い社会の実現を目指す。
入社から5年間で100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードでの上位表示を実現。顧客目線での目標達成にコミットしたSEOコンサルティングが強み。

【弊社実績】

HUMAN
住環境ジャパン
読売IS
ESMODJAPON
ヒューリックホテルマネジメント
CBパートナーズ

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。