田中 雄太

関連キーワードとは?仕組みとおすすめの調査ツールを解説

コンテンツマーケティング

関連キーワードとは?仕組みとおすすめの調査ツールを解説のサムネイル

SEO対策をする上で、「関連キーワードを網羅したほうが良い」と聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、関連キーワードがわからない・サジェストキーワードとの違いがわからないといった方も多いかと思います。

そこで本記事では、関連キーワードの概要や、関連キーワード・サジェストキーワードの調べ方を解説します。 さらに、それぞれのキーワードを調べる上で役立つ無料ツールもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

関連キーワードとは

関連キーワードとは、Googleでキーワード検索をした際、検索結果のページ下部に表示されるキーワードのことです。 具体的には「〇〇に関連する検索キーワード」といった形で、主に10個表示されるケースが多いです。

関連キーワードの特徴が上記であることに対して、サジェストワードは特徴が異なります。サジェストとは「提案」という意味で、ユーザーが検索窓にキーワードを打ち込む際、文字候補として表示される言葉のことを指します。

つまり、関連キーワードは検索した後、サジェストキーワードは検索する前と理解すると覚えやすいかと思います。これら2つの特徴の異なるキーワードを対策することで、SEOにおいて有利になると言われています。

関連キーワードとサジェストキーワードの調べ方

ここからは、関連キーワードとサジェストキーワードの調べ方を、画像を用いて具体的にご紹介します。

関連キーワードの調べ方

関連キーワードは、検索したいキーワードで検索した後、検索結果のページ下部を見ることで調べられます。例えば、下記の画像は「静岡 レストラン」で検索した際の検索結果です。

「静岡 レストラン」で検索した際の検索結果

関連キーワードは「静岡 レストラン」で検索したユーザーが、その後に検索していることが多いキーワードが表示されます。これらのキーワードを覚えておき、記事内の見出しや本文等で網羅することで、ユーザーニーズを満たすSEO対策に繋がります。なお、関連キーワードは、キーワードによっては表示されないケースがあることも理解しておきましょう。

サジェストキーワードの調べ方

サジェストキーワードは、調べたいキーワードを検索窓に打ち込むことで調べられます。「静岡 レストラン」を検索窓に打ち込むと、Googleがキーワードを提案してきますので、それがサジェストキーワードということになります。

サジェストキーワード

サジェストキーワードは多くのキーワードが検索していることが予想できるため、記事内で網羅することでユーザーニーズを満たすことに繋がり、SEOにおいて有利になります。

関連キーワードとサジェストキーワードはどんな仕組みで表示される?

ここまでを読んできた方の中で、関連キーワードとサジェストキーワードが表示される仕組みを知りたい方は多いのではないでしょうか。事実として、表示される裏側を知ることで、より明確な対策が打てるようになります。

ここでは、それぞれのキーワードが表示される仕組みを解説していきます。

関連キーワードが検索結果に表示される仕組み

関連キーワードは、Googleのアルゴリズムによって自動的に表示されています。Googleにインデックスされている情報を参考に、関連サイトで取り上げられている情報・ユーザーが検索したクエリに基づき、自動的にキーワードが抽出されます。

従って、関連キーワードは常に検索されているボリュームが多い情報が表示されていることに加えて、アルゴリズムによって表示されるキーワードが変更されるという特徴があります。Googleのアルゴリズムが変更になったタイミングや、世間のトレンドが発生したタイミングで、よりキーワードの動向を追う必要があると言えるでしょう。

サジェストキーワードが検索結果に表示される仕組み

サジェストキーワードは、検索するユーザーが過去に検索した情報や閲覧したWebサイト・言葉や文字列を基に、Googleのアルゴリズムによって自動的に表示される仕組みです。また、検索しているユーザーの居住地域なども、アルゴリズムの1つの要素に取り上げられています。

つまり、関連キーワードは多くのユーザーの関心関心があるキーワードを表示していることに対して、サジェストキーワードは個々人のユーザーが興味関心のあるキーワードを表示しているという違いがあります。

おすすめの関連キーワード取得ツール4選

おすすめの関連キーワード取得ツール4選

ここからは、関連キーワードを調べられるおすすめのツールを4つ解説していきます。

  • ラッコキーワード(関連キーワード取得ツール)
  • Uber Suggest
  • Googleキーワードプランナー
  • KOUHO.jp

それぞれのキーワードの特徴を順番にご説明します。

ラッコキーワード(関連キーワード取得ツール)

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、会員登録等を一切せずに関連キーワードを調べられるツールです。Googleサジェスト・教えて!goo・Yahoo!知恵袋の関連キーワードを一括抽出し、一覧で教えてくれます。

ラッコキーワード関連キーワード一覧

上記は「SEO」で検索した際の結果ですが、左上の「SEO」という欄に表示されているキーワードが、ユーザーが多く検索しているキーワード一覧です。
つまり、SEO対策では左上のキーワードを優先的に制作していく必要があるということです。

50音順で結果を表示してくれるため、非常に見やすさと使いやすさを兼ね備えた便利なツールとなっています。
ラッコキーワード

Uber Suggest

Uber Suggest

Uber Suggestは、関連キーワードのみならず、狙うキーワードの難易度・強豪の強さがわかるSEOツールです。
Googleアカウントでツールを使用できますが、無料プランでは一部機能に制限がかかります。

Uber SuggestKW一覧

上記の画像のように、サジェストキーワード・関連キーワード等を指定できます。

「SEO」というキーワードを狙って制作されたコンテンツの一例

上記画像は「SEO」というキーワードを狙って制作されたコンテンツの一例です。なお、上記画像のページが上位表示されているわけではないことを理解しておきましょう。

Uber Suggestでは、特定のキーワードのみならず、競合サイトのURLを入力すればアクセス数・被リンク数なども調べられるため、参考情報を抜き出したい際に有効活用してみましょう。

Uber Suggest

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Webサイトの運営者が広告を出稿する際に使用するツールです。もちろん、関連キーワードも調査することができる他、下記のような用途にも使用できます。

  • 狙うキーワードの検索ボリューム
  • より関連性の高いキーワードの調査
  • 広告を出稿する際の競合難易度

Googleアカウントを作成し、ログインをすると、下記のような画面が表示されます。

KW入力画面

関連キーワードを調べる際は、「検索ボリュームと予測のデータを確認する」を選びましょう。

なお、調べる際は先ほどご紹介した「ラッコキーワード」を使用するのが便利です。ラッコキーワードでキーワードを入力し、下記画像の右上にある「全キーワードコピー」をクリックしましょう。

サジェストキーワード一覧

サジェストキーワードがコピーできたら、キーワードプランナーに戻り、「検索ボリュームと予測のデータを確認する」にペーストし、検索します。

検索ボリュームと予測のデータ

上記画像のように表示されるため、「過去の指標」という部分をクリックしましょう。

過去の指標

上記画像のように、それぞれの関連キーワードの検索ボリュームを調べられます。基本的に上位表示されやすいと言われている、0〜100、100〜1000のキーワードに絞って対策していくことをおすすめします。

Googleキーワードプランナー

KOUHO.jp

KOUHO.jp

KOUHO.jpは、キーワード候補を探すためのSEOツールです。Googleサジェストの他にも、Bing・Amazon・楽天などのサジェストを調べることが可能です。

基本的に、上記までに紹介した4つのツールを駆使することで、関連キーワード・サジェストキーワードは網羅できるはずです。Webサイトを立ち上げた初期の頃は、それぞれのツールの無料プランで問題ありませんが、より正確な対策をしたいと考えているのであれば、有料プランへの移行も検討してみてはいかがでしょうか。

KOUHO.jp

SEOにおける関連キーワードの重要性

SEO対策をする上では、関連キーワード・サジェストキーワードを網羅することが重要だと言われています。その理由としては、より明確にユーザーニーズを満たすことができるからです。

例えば、1ページ内でユーザーニーズを満たしているWebサイトと、数ページに渡って調べなければいけないWebサイトがあった場合、ユーザーはどちらを好むでしょうか。1ページの文字数が多くなりすぎてしまうと、ユーザーが離脱してしまうという懸念点もありますが、基本的にユーザーが好むのは1ページ完結のWebサイトです。

つまり、1ページでユーザーニーズを満たすコンテンツを作るために、関連キーワードとサジェストキーワードを網羅することが重要だということです。ユーザーに好まれるWebサイトは、Googleや検索エンジンにも好まれるため、結果的にSEOにおいて良い影響をもたらします。

関連キーワードとサジェストキーワードの削除は検索エンジンによって異なる

関連キーワードとサジェストキーワードは、Googleのアルゴリズムによって表示されると解説しました。しかし、場合によっては表示される検索候補が不適切な場面も出てくるかもしれません。最も考えられるのは「企業名」で検索された場合です。企業名に関連するキーワードが表示されていては、不利益を被ることもあるかもしれません。

明らかに検索候補がふさわしくない場合や、名誉毀損だと捉えられる場合は、それぞれの検索エンジンに「削除申請」をすることで、検索候補を削除してもらうことができます。ここでは、検索エンジン別の削除方法を解説します。

Googleの場合

Googleには、オートコンプリートポリシーと呼ばれるものが存在します。基本的に、こちらのオートコンプリートポリシーに反するもの・名誉毀損に該当するものに対しては削除申請が可能です。

ただ、削除申請をしても受理されない場合があり、申請回数を重ねるごとに削除基準が高まるとも言われているため、申請には注意が必要です。

Google削除申請ページ

Yahoo!の場合

Yahoo!にはオートコンプリートポリシーのようなページは存在しませんが、Google同様に削除申請が可能です。具体的には、虚偽の情報・法律上に問題がある情報が表示されている場合です。

上記に該当するのであれば、下記のページから削除申請をしてみましょう。

Yahoo!JAPANヘルプセンター

Bingの場合

Bingの場合は、関連キーワード・サジェストキーワードに対して、明確な削除申請手段を設けていません。Bingヘルプでは、「Bing ではユーザーが関連情報に確実にアクセスできるように、特定の条件と環境のセットを満たす検索結果のみを削除します。」と記載されています。

従って、Bingは上記2つの検索エンジンと比較して、検索候補を削除することは難しいのではと考えられます。ただ、運営に削除の申請をすること自体は可能です。

Bingに関する問題をご報告のページから、削除してほしい検索候補などを申請することで、対応してもらえる可能性はあるかもしれません。

サジェストキーワードは削除できるのか

2020年11月時点で、サジェストキーワードを削除することはできないとされています。こちらはGoogleが公式に明言しており、ユーザーに迅速に検索結果を返すために、必要不可欠な機能であるとのことです。

Googleは、サジェストキーワードが必要ない場合は「検索候補をクリックしないという選択をしてください」とのことで、こちらが唯一の解決手段ということになります。

また、サジェストキーワードはユーザー個人の検索候補でもあるため、一概にアルゴリズムで解決することは難しいとも考えられます。

適切に関連キーワードを網羅しましょう:まとめ

まとめ

関連キーワードとサジェストキーワードについて解説をしてきました。関連キーワードは、Googleの検索結果の最下部に表示されるキーワードのことで、サジェストキーワードは、ユーザーの検索候補に表示されるキーワードを指します。

それぞれのキーワードを適切に網羅することで、よりユーザーニーズを満たした濃いコンテンツを制作できるようになります。

まずは、本記事でご紹介した複数のツールを使い分け、対策するキーワードや関連キーワードを洗い出してみてはいかがでしょうか。

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

当社でご提供しているサービスの資料ダウンロードはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

SEO診断の資料はこちら WEBサイト高速化の資料はこちら

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。