医師監修のコンテンツ相場【依頼するメリットとアサイン方法を解説】

薬機法

医師監修のコンテンツ相場【依頼するメリットとアサイン方法を解説】のサムネイル

SEOコンテンツに医師の監修を入れることで、検索順位に好影響をもたらすことがあります。人の命や健康に関わるジャンルである「YMYL」と呼ばれる領域では、信頼性や専門性などが特に重要視されるため、より効果を発揮しやすいと言えます。

しかし、医師監修にどれだけの費用がかかったり、どのように医師の方を探せば良いのか分からなかったりする方は多いのではないでしょうか。また、医師監修コンテンツの作成方法が分からない方も多いかと思います。そこで本記事では、医師監修のSEOコンテンツの相場やメリット、アサイン方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の執筆者

田中雄太

twitterアイコン Facebookアイコン

アダムテクノロジーズ執行役員
SEOコンサルタント

株式会社アダムテクノロジーズ 執行役員。
ユーザーニーズと最も近いSEO対策で、あらゆるビジネスを加速させ、より良い社会の実現を目指す。
入社から5年間で100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードでの上位表示を実現。顧客目線での目標達成にコミットしたSEOコンサルティングが強み。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

医師監修とは

医師監修とは、言葉の通り特定のコンテンツに対して、医師の方の監修を入れることです。特定のコンテンツの定義は広く、SEO記事や動画、データなどが挙げられます。本記事を読んでいる方も、誰が発信しているのか分からない情報を信じることは滅多にないのではないでしょうか。それは、情報が不透明であり、潜在的に情報の信頼性の部分を恐れているからかと思います。

たとえば、医師でもないのにおすすめの薬を紹介されたり、特定の症状が改善する可能性があると言われても信じないでしょう。しかし、これらの情報であっても医師が監修することで信頼性が高まり、情報を信じる可能性も高まります。

医師監修は、上記のようなユーザーへの安心感や信頼性、商品の権威性などを担保するために行われます。

医師監修と編集の違い

医師監修と似たものに、編集という言葉があります。これらは似て非なる言葉であり、監修に関しては、特定のコンテンツの情報に透明性があるかを判断したり、齟齬がないかを確認したりするものです。

上記に対して編集は、特定のコンテンツの企画、設計、構成段階から一緒に作り上げていくことを指します。つまり、監修よりも編集のほうがコミットする度合いが大きいと言えるでしょう。

なお、どちらが良いかは明確には決められません。なぜなら、コンテンツの作成者にある程度の知見があれば監修で済みますし、費用もあまりかからない傾向にあります。しかし、編集では知見がなくとも、医師と一緒に取り組めることで信頼性が高まる一方で、費用もその分大きくかかってきます。

そのため、どちらの取り組み方が良いかは状況によって異なることを理解しておきましょう。

医師監修が重要視されるようになった背景

医師監修が重要視されるようになったのは、大きく分けて下記3つが影響しています。

  • ・GoogleがE-A-Tを重要視するようになった
  • ・WELQ事件と医療健康アップデート
  • ・YMYL

それぞれ順番にご説明します。

GoogleがE-A-Tを重要視するようになった

E-A-Tとは、下記3つの言葉の頭文字を取ったもののことです。

  • ・Expertise(専門性)
  • ・Authoritativeness(権威性)
  • ・Trustworthiness(信頼性)

Googleは、上記3つの指標を近年特に重要視しています。検索エンジンには膨大な情報が溢れているため、ユーザーからすれば「誰が書いているのか」「何を参考にしているのか」といった部分を潜在的に求めています。

それこそ上記で解説したように、医師でもない方が医療に関連する情報を発信するなどです。こういった信頼性や専門性の低い情報を検索エンジンで上位表示させないために、GoogleはE-A-Tを重要視しています。

そこで、専門的知見はそれほどないものの、E−A-Tを担保するための1つの施策として医師監修が存在するということです。

WELQ事件と医療健康アップデート

WELQ事件(問題)とは、WELQと呼ばれるサイトに、多くの専門的知識を持たないライターが書いた医療に関する記事を投稿し、健康被害を生んでしまう危険性のあった問題のことです。医療に関連する多くのキーワードで検索1位を獲得しており、それらを危惧した医師や医療ライターが問題点を指摘し、最終的にWELQは閉鎖となりました。

これらの問題を踏まえ、Googleは医療健康アップデートを実施しました。医療健康アップデートとは、専門的知識ないライターが書いた記事は上位表示されず、医師や看護師など専門的知見を有するライターが書いた記事が上位表示されやすくなったアップデートのことです。2017年に医療健康アップデートは実行され、以降医療に関連する情報に関して、ユーザーの利便性が高まったと言えます。

YMYL

YMYLとは、Your Money Your Lifeのことで、人の命や健康、お金に関連するジャンルを指します。上述した医療健康アップデートに伴い、検索エンジンはより情報の透明性を重要視し、著者情報や引用元まで厳しく精査するようになりました。

そこで、YMYLに関して執筆した著者自身のE-A-Tはそれほど高くないものの、それらを補うために医師を監修者としてアサインします。それにより、検索エンジンとユーザー双方からの信頼を得られるメリットがあります。

近年、YMYLのジャンルは広がりつつあるので、今後はより医師監修の重要度が高くなっていくと言えるでしょう。

医師監修のコンテンツの相場

医師監修コンテンツは、監修する方が医師免許を持っているのか、士業の方なのかによって異なります。まず医師免許を持っている方の場合は、1記事あたり30,000円程度、高くても50,000円程度に収まるケースが多いです。一方の看護師等の士業の方は、1記事あたり20,000円〜40,000円程度が相場となります。

また、仮に上記以外の方に監修を依頼する場合、1記事あたり5,000円〜50,000円と非常に幅が広いことが特徴です。すべての記事で医師監修を入れると費用も膨大になってしまう恐れがあるため、自社の中でも特に重要度の高いキーワードや、E-A-Tを担保したいキーワードから優先的に依頼することを推奨します

医師監修を依頼するメリット

医師監修を依頼するメリット

ここまで、医師監修の概要を解説してきました。ここからは、医師監修を依頼する具体的な4つのメリットをご紹介します。

  • ・E-A-Tが担保される
  • ・炎上リスクが軽減される
  • ・信頼性によりCVRが向上する
  • ・検索順位に好影響をもたらす

それぞれ順番に見ていきましょう。

E-A-Tが担保される

医師の監修を入れることによって、E-A−Tが担保されます。Googleはもちろん、ユーザー自身も誰がどのような情報を基に記事を書いているのかを見ているので、これら双方の信頼性が高まるメリットがあります。

また、仮に医師や看護師自身が記事を書いたとしても、ダブルチェックを目的として医師監修を入れるのもおすすめです。

炎上リスクが軽減される

上述した内容と少し重複しますが、炎上リスクも軽減されます。近年はSNSも活性化し、ユーザー自身が自由に発信できる時代です。そのため、事実と異なる記載がされていたり、齟齬があったりする記事をユーザーに発見されると、SNSを通じて世の中に広まり炎上が起こります。

一時的な炎上であれば対処方法もあるものの、結果的に商品やサービスのみならず、企業のレピュテーションリスクも大きく高まります。

しかし、医師監修を入れることで情報の齟齬をなくすことができ、ユーザーからの信頼性も高まるため、炎上リスクが大幅に軽減されるメリットがあります。

信頼性によりCVRが向上する

誰が書いた情報か分からない記事より、著者情報が明確に記載されている記事のほうがCVR(成約率)が高まります。これはシンプルに、ユーザーが「医師が監修している商品なら安心できる」と潜在的に感じるためです。

そのため、現状サービスや商品紹介記事の成約率がなかなか高まらない問題を抱えているのであれば、医師監修を検討するのは大いにありだと言えるでしょう。

検索順位に好影響をもたらす

GoogleはE-A-Tを重要視していますが、医師監修が直接検索順位に影響するとは明言していません。しかし、E-A-Tが担保されており、なおかつユーザーからの信頼性が高まって滞在時間などが伸びれば、副次的に検索順位に好影響をもたらします。

また、医師の監修を入れている高品質なコンテンツはSNSでも拡散されやすいため、そこから被リンクを獲得したり、サイテーションを獲得できたりするでしょう。そのような事実からも、検索順位に良い影響をもたらすメリットがあります。

監修してくれる医師をアサインするには

ここまで、医師監修の概要やメリットを解説してきましたが、具体的にどのように医師を探せば良いのか分からない方は多いのではないでしょうか。監修してくれる医師を探すには、大きく分けて下記2つの方法が存在します。

  • ・信頼性の高い業者に依頼する
  • ・知り合いの医師や権威のある医師に直接依頼する

それぞれ順番に見ていきましょう。

信頼性の高い業者に依頼する

まずは、信頼性の高い業者に依頼する方法です。信頼性の高い業者の例としては、SEOに関する事業を専門的に展開していたり、医療系の自社サービスを保有していたりする企業が挙げられます。

弊社アダムテクノロジーズでも、オウンドメディアやLPにおいて、専門的知識を有する医師をアサインできます。在籍人数は500人を超えており、顔写真やプロフィールの記載、SNSのリンクも設置できるので、ユーザーと検索エンジン双方からの信頼を勝ち取ることが可能です。

化粧品、医薬部外品、健康食品に関連するコンテンツを作成したい方は、まずは一度アダムテクノロジーズにお問い合わせください。

知り合いの医師や権威のある医師に直接依頼する

次は非常にシンプルな方法で、知り合いの医師や権威のある医師に直接依頼する方法です。ただし、知り合いの医師に依頼する場合でも、自社商品やサービスとの親和性は必ず確認する必要があります。たとえば、眼科の医師に関連性のない化粧品の監修を依頼しても、E-A-Tは担保されないと思ったほうが良いでしょう。とはいえ、関連性の高い医師の方がすでにいる場合は、その方に依頼するのも非常におすすめです。

次に、SNSのフォロワー数が多かったり、業界の中で知名度の高い医師の方に直接依頼する方法です。この場合、直接SNSのアカウントで連絡をしても絶対に返信が来る保証はなく、権威のある医師の方側でもコンテンツの監修に入るか審査が行われます。そのため、通常と比較しても時間がかかるデメリットがあります。

これらを踏まえると、専門性の高い業者に依頼をするか、知り合いの医師に方に交渉をするかの2択が医師のアサイン方法だと言えるでしょう。

医師監修コンテンツの制作の流れ

医師監修のコンテンツは、SEOや成約率を高める観点から非常にメリットがあります。ここでは、医師監修コンテンツの制作の流れを解説します。

  • ・対策するキーワードの選定
  • ・キーワードを基に構成を作成
  • ・監修者にヒアリング・事前チェックの依頼
  • ・執筆と監修者の最終チェック

上記はあくまで一般的な流れになるので、必ずしも同様とは限りません。今回は、上記の流れを例にして1つずつの手順をご紹介します。

対策するキーワードの選定

まずは、対策するキーワードの選定を行います。この時点で医師の方が介入する業務は発生しません。ただし、専門業者に医師監修を依頼する場合は、媒体等をチェックする流れが発生します。

アダムテクノロジーズでも、医師監修を入れたい媒体を事前ヒアリングにてお聞きしております。

キーワードを基に構成を作成

キーワードを選定したら、構成を作成していきます。この段階に関しても、通常のSEOの気コンテンツを作成する流れと相違ありません。

監修者にヒアリング・事前チェックの依頼

この部分は専門業者によって異なりますが、監修者に構成のヒアリングを行い、事前チェックを依頼します。執筆後に大幅な修正が発生すると、医師の方と制作する方の双方の手間が増えてしまいます。そういった時間ロスや手間を軽減するためにも、構成の確認を一度していただき、全体的なコンテンツの流れが問題ないかを精査します。

執筆と監修者の最終チェック

最後に、構成のとおりに執筆を行い、監修者に最終チェックをしていただきます。問題点や齟齬がある場合は、修正をした上で公開する流れとなります。また、多くのケースではコンテンツの公開後に料金を支払う形となっています。

なお、どれだけ専門性の高い医師の方に監修をしてもらうとしても、全体的なリーガルチェックは自社で行うことも必要です。なぜなら、コンテンツを公開する媒体は、あくまで自社のWEBサイトになるためです。

そのため、監修の医師の方に任せっきりになるのではなく、自社も併せてコンテンツの質を担保できる体制を整えるようにしましょう

まとめ

医師監修の概要やメリット、方法

本記事では、医師監修の概要やメリット、方法を解説してきました。医師の監修を入れることでコンテンツのE-A-Tが担保され、炎上リスクが軽減されるとともに、検索順位に好影響をもたらす可能性が高まります。費用も30,000円程度が相場であるため、そこまで高いわけではなく、成約率が向上することを踏まえれば安価と捉えることもできます。

アダムテクノロジーズでも、500人を超える専門的知識を有する方の中から最適な人材をアサインします。ご相談は無料ですので、医師監修を検討している方はまずは一度お問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせ

弊社の医師・専門家監修サービスをご利用いただくことで、
医学的なリスクを抑えるだけでなく、SEOによる集客も見込むことができます。