アダムテクノロジーズ運営チーム

医師監修記事とは?目的と注意点・メリットを解説

薬機法

医師監修記事とは?目的と注意点・メリットを解説のサムネイル

医療分野は命に関わる領域であることから、多くのユーザーが信頼性の高い情報を求め、数多くのコンテンツに目を通しています。しかし、すべての記事を現役の医師や看護師の方が執筆できるリソースは確保できないことから、医師の方に監修のみを依頼して公開する記事も増えてきています。

とはいえ、医師監修記事の具体的な目的や、どのようなメリットがあるのか分からない方は多いのではないでしょうか。そこで本記事では、医師監修記事の目的やメリット、重要度が増した背景をご紹介します。また、医師監修記事を依頼する際の注意点も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

医師監修記事とは?

医師監修記事とは、現役で勤務されている医師の方に、監修に入ってもらう記事のことです。監修であるため、医師の方自身は執筆業務を担当することはなく、基本的には医療分野に知見はあるものの、医師や看護師ではない方が執筆した記事の監修のみを担当します。

また、医師監修記事では、担当医師の方の経歴や写真、SNSなどの情報を掲載できることも特徴です。多くのユーザーは医療に関する情報を求めているものの、何を基準に信じれば良いのかが分かりません。そこで医師の方が記事を監修することで、ユーザーに信頼感や安心感を与えることができ、結果的に医師の方の権威性も増す可能性が高まります。

医師監修記事の目的

医師監修記事と一口に言っても、目的はWEBサイトや媒体によって異なります。ここでは、医師監修記事を依頼する下記3つの目的をご紹介します。

  • 信頼性があることの証拠を提示する
  • Googleに評価してもらう
  • 購入率(CVR)を高める

それぞれ順番に見ていきましょう。

信頼性があることの証拠を提示する

ユーザーは医療に関する情報を求めているものの、何を基準に正しい情報であるかを判断できません。ただし、記事を医師が監修することで「お医者さんが監修しているなら、安心できる情報だろう」という理解を助けることができ、情報に信頼性があることの証拠を提示できます

また、監修する医師の方の名前や経歴、写真を掲載することで、より信頼性の高い情報としてユーザーも安心するでしょう。

Googleに評価してもらう

詳しくは後述しますが、Googleは「誰が書いたコンテンツであるか」を重要視しています。これはE-A-Tと呼ばれ、専門性と権威性、信頼性の3つの観点からコンテンツを評価します。

その際、医師や看護師でもない方が医療に関する情報を発信したとしたら、Googleはどのように評価するでしょうか。当然ながら、高い評価を与えることはなく、情報のソースが不適切であったらマイナス評価を下すでしょう。

また、上記の情報はユーザーからの信頼感も得られません。つまり、Googleは情報に対して、「このコンテンツを読んだユーザーが何を感じるか」を重要視しており、それらがコンテンツを評価する基準となっています

そこで、専門的な知見がないライターが執筆した記事を医師に監修してもらうことで、Googleからの評価を高めることも目的の1つです。Googleからの評価が高まれば検索順位も上がり、より多くのユーザーに自社のコンテンツを読んでもらえたり、医師の方の権威性も上がったりします。

購入率(CVR)を高める

最後に、購入率(CVR)を高めることも医師監修記事の目的です。ユーザーは安心感の低い情報は信じないと同時に、医療に関わる商品に対しても購入意欲が湧きません。たとえば、睡眠を促進するサプリや薬、美容商品に関しても同様です。

ただし、これらを紹介するページの内容を医師に監修してもらうことで、ユーザーに安心感が生まれて購入率が高まります。ただ単にサプリの成分を解説するのではなく、「医師が監修した信頼性の高い情報です」と訴求するイメージです。

購入率が0.1%でも上がれば売上も大きく伸びるので、購入率に伸び悩んでいる方も医師監修を検討すると良いでしょう。

医師監修記事のメリット

医師監修記事のメリット

医師監修記事には多少の費用がかかるものの、それ以上に大きなメリットが得られることは間違いありません。代表的なものは下記の2点です。

  • SEOで高い評価を得られる可能性が上がる
  • ユーザーからの信頼を得られる

総じて、医師が監修することでユーザーとGoogleからの評価が高まるメリットがあります。また、検索エンジンで上位を獲得すれば、自社の商品やサービスの認知が拡大することにも繋がり、事業を永続的に拡大できる可能性が高まることもメリットです。

なぜ医師監修記事の重要度が増したのか

ここまで、医師監修記事の目的やメリットを解説しました。しかし、なぜ医師監修記事の重要度が増したのでしょうか。代表的な理由は下記の3つです。

  • YMYLに該当するため
  • 医療健康アップデートが起きたため
  • E-A-Tが重要視されているため

それぞれ順番に見ていきましょう。

YMYLに該当するため

医療領域は、YMYLと呼ばれるジャンルに該当します。YMYLとは「Your Money Your Life」の略語で、人の命や健康、お金などの人生に関わるジャンルのことです。Googleは、これらのYMYLジャンルのコンテンツを他のジャンル以上に厳しく見ており、少しでも情報に齟齬があるだけで検索順位を落とします。

それらを防ぐために、情報の適切さを担保する手段の1つとして医師監修が重要視されています。現に、医師が監修することで直接的に検索順位が上がる傾向はあまりないものの、情報が適切であるためユーザーからの信頼を得られ、副次的に検索順位が上がることは多々あります。

医療健康アップデートが起きたため

2017年に、医療に関する情報を発信していた「WELQ」と呼ばれるWEBサイトが閉鎖する問題が起きました。背景としては、医療分野の情報であるにも関わらず、不適切な情報ばかりを発信しており、多くの医師や看護師の方が問題を指摘したためです。

これらの問題を踏まえて、Googleは2017年に医療健康アップデートを実施しました。これにより、医療や健康などの命に関わるジャンルのアルゴリズムが変更され、コンテンツの評価方法が一新されました。具体的には、医師や専門家などが発信し、なおかつユーザーからの信頼を得られるコンテンツが上位表示されるようになったのが特徴です。

医療健康アップデートは、検索結果の約60%に影響を及ぼしたため、コンテンツの信頼性を担保できる医師監修の重要度が増しました。

E-A-Tが重要視されているため

先ほども少し触れたE-A-Tとは、下記3つの言葉の頭文字を取ったものです。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

これら3つが担保されていないコンテンツは高い評価を得られない傾向にあり、GoogleもE-A-Tを重要視しています。しかし、一般の医師や看護師でもないライターがE-A-Tを担保するのは困難であり、今から医師の方に匹敵する知見を得るのは現実的ではありません。

そこで、E-A-Tを担保する手段の1つとして医師監修が重要視されています。特に、商品やサービス、コンテンツとの関連性が高い医師が監修するコンテンツは高い評価を得られます。

医師監修記事を依頼する際の注意点

医師監修記事は正直なところ、基準のない判断で選んだ医師の方に依頼をしても結果は出ません。医師監修記事を依頼する際は、下記3つの注意点を留意することが大切です。

  • 専門分野を担当できる医師に依頼する
  • 研究や論文などの裏付けを確認する
  • ユーザーに分かりやすい言葉で伝える

それぞれ順番に見ていきましょう。

専門分野を担当できる医師に依頼する

まずは、商品やサービス、対策するコンテンツの専門分野を担当できる医師に依頼しましょう。専門分野が異なる医師の場合、上述したE-A-Tの観点が少々弱くなってしまう恐れがあるためです。

たとえば、診療科目として精神科に関する記事コンテンツを監修してもらう場合は、精神科を専門分野として担当している医師に依頼することが大切です。

なお、弊社アダムテクノロジーズでも医師監修サービスをご提供しており、専門分野の異なる医師の方が500名以上在籍しています。まずは監修を依頼したい記事や目的をヒアリングさせていただき、最適な医師の方を監修者としてアサインさせていただきます。ご相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

研究や論文などの裏付けを確認する

次に、医師の方が監修したコンテンツであったとしても、研究や論文などの裏付けを確認することが大切です。なぜなら、万が一不適切な情報が記載されており、医師の方が見逃してしまったとしても、責任の所在は自社になるためです。

そのため、医師監修と言っても、医師の方に任せきりにしないことも念頭に置きましょう。研究や論文などを確認するとともに、不明点がある場合は、都度監修医師に確認することが大切です。

ユーザーに分かりやすい言葉で伝える

最後に、コンテンツの内容をユーザーに分かりやすい言葉で伝えることも大切です。医師の方は専門知識を有しているものの、少々言葉は悪くなってしまうものの、ユーザーは医療分野に知見のない素人の方です。そのため、コンテンツが専門用語ばかりだったり、一部の方しか理解できない内容ばかりだと、早期に離脱してしまう恐れがあります。

それらを防ぐためにも、医師の方に監修してもらうとともに、できる限り噛み砕いた表現で伝えられる工夫をしましょう。適宜注釈を入れるなどすることで、ユーザーの理解を促進できます。

まとめ

医師監修記事の目的やメリット、注意点を解説

本記事では、医師監修記事の目的やメリット、注意点を解説しました。医師監修記事は、医療健康アップデートが実施されたり、E-A-Tが重要視されている背景があることで、年を追うごとに重要度が高まってきています。また、医師が監修することでユーザーからの信頼感を得られるとともに、Googleからの評価も高まります。まずは、専門分野を担当できる医師の方を探すことから始めてみてはいかがでしょうか。

また本記事でも解説したように、弊社株式会社アダムテクノロジーズでも、医師、専門家の監修サービスをご提供しています。500名を超える医師が在籍しているため、お客様の展開している領域に最適な人材をアサイン可能です。無料相談をご用意しているので、まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事の執筆者

田中雄太

twitterアイコン Facebookアイコン

アダムテクノロジーズ執行役員 SEOコンサルタント

株式会社アダムテクノロジーズ 執行役員。
ユーザーニーズと最も近いSEO対策で、あらゆるビジネスを加速させ、より良い社会の実現を目指す。
入社から5年間で100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードでの上位表示を実現。顧客目線での目標達成にコミットしたSEOコンサルティングが強み。

【弊社実績】

電通
プロアクティブ
INHOP
大丸松坂屋

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。