【2023年版】薬機法コンテンツマーケティングに強い会社3選!失敗しない選び方のポイントも解説!

薬機法

【2023年版】薬機法コンテンツマーケティングに強い会社3選!失敗しない選び方のポイントも解説!のサムネイル

集客において、コンテンツマーケティングによるアプローチの重要度が高まっている近年、それを支援するコンテンツマーケティング会社も増えています。

だからこそ、コンテンツマーケティング会社に支援を依頼したい時に、「本当に優れている会社はどこだろうか?」と悩むことも多いでしょう。

特に薬機法コンテンツマーケティングは、一歩間違えると法律に抵触するリスクがあることから、依頼する会社選びはとりわけ慎重に行わなければなりません。

そこで今回は薬機法コンテンツマーケティングに強い会社と、会社選びの際に失敗しない選び方のポイントを解説していきます。

この記事の執筆者

田中雄太

twitterアイコン Facebookアイコン

アダムテクノロジーズ執行役員
SEOコンサルタント

株式会社アダムテクノロジーズ 執行役員。
ユーザーニーズと最も近いSEO対策で、あらゆるビジネスを加速させ、より良い社会の実現を目指す。
入社から5年間で100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードでの上位表示を実現。顧客目線での目標達成にコミットしたSEOコンサルティングが強み。

無料セミナー

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

会社選びに失敗すると危険!薬機法コンテンツマーケティング会社を慎重に選ぶべき理由とは?

そもそも、なぜ薬機法コンテンツマーケティング会社は、慎重に選ばなければならないのでしょうか?

その理由は、次のようなリスクが存在するためです。

  • 薬機法(旧薬事法)に違反してしまう
  • 集客効果が得られない

薬機法違反のリスク

美容・健康に関連する商品やサービスは、薬機法に違反しない範囲で魅力を伝えなければなりません。

万が一薬機法に詳しくない会社に薬機法コンテンツマーケティングの支援を依頼してしまうと、記事の中で知らないうちに薬機法違反の表現が使用され、課徴金の支払いを求められるなど、処罰を受ける恐れがあります。

<記事広告が薬機法に抵触し、処罰された事例>

2020年、健康食品通販会社「ステラ漢方株式会社」の従業員と、広告代理店の社長ら6名が、薬機法違反の疑いで逮捕されました。

ステラ漢方株式会社の従業員が医薬品および薬剤師を所有していないにも関わらず、健康食品「肝パワーEプラス」について、「肝臓疾患の予防に効果がある」「無敵の肝臓を手に入れる」と、第三者が語ったような記事広告を掲載した疑いから、逮捕に至ったとのことです。

参考:ステラ漢方、KMウェブ、ソウルドアウト社員の薬機法違反逮捕、大阪府警「情報提供あった」(NetIB-News)

以上のように、法律による制約があることから、薬機法コンテンツマーケティングは通常のコンテンツマーケティング会社では対応は難しいと言えるでしょう。

自社でコンテンツのチェック体制を用意できないのであれば、万が一の違反リスクも考慮して依頼も避けるべきと言えます。

薬機法コンテンツマーケティングと表現については、下記のコラムも併せて参考にしてください。

薬機法コンテンツマーケティングのポイントと表現リスク

集客効果が得られないリスク

薬機法への対応も可能というコンテンツマーケティング会社も増えています。とはいえ、そういった薬機法コンテンツマーケティング会社であればどこでも良いのか?というと、それは違います。

たとえ薬機法に詳しくても、肝心のコンテンツマーケティングの実力が不足している場合、SEOでの上位表示ができず集客ができません。

提携先の専門家がいたり、薬機法チェック部門があったりするような薬機法コンテンツマーケティング会社であれば、薬機法に違反することなく商品やサービスの魅力を伝えることは可能でしょう。

しかし、コンテンツマーケティングの目的は、SEOで上位表示してユーザーを集客し、自社商品の販売やサービスの利用に繋げる必要があります。

つまり薬機法コンテンツマーケティング会社には薬機法の知識に加え、集客に繋げることのできるSEOの知識も求められます。

薬機法コンテンツマーケティング会社の選び方のポイント

薬機法に違反せず集客効果を得るために、薬機法コンテンツマーケティング会社を慎重に選ぶべきであることが分かりました。

そこで、今度は具体的な会社の選び方のポイントを解説していきます。薬機法コンテンツマーケティング会社選びに、ぜひご活用ください。

薬機法・景表法の知見・実績があるか

最初にチェックしたいのは、薬機法・景表法の知見・実績の有無です。

例えば薬機法管理者のような薬機法関連の資格があれば、薬機法に関して一定の知見があると分かります。

依頼したい分野によっては、薬機法と関わりが深い景表法の知識も必要になるため、併せてチェックしておきましょう。

加えて、実際に薬機法分野のコンテンツマーケティングを請け負った経験があるのか?その際にしっかりと結果を残しているのか?この2点も調べることで、ノウハウを持つ会社を選びやすくなります。

実績を調べる時は件数と、公開されているようであれば事例にも目を通しておくことをおすすめします。

医師・専門家に記事監修を依頼できるか

薬機法に関わる分野は、SEO対策においては『YMYL』と呼ばれる分野に当たります。

『YMYL』とはYour Money or Your Lifeの頭文字をとった略語です。

Googleの「Google検索評価ガイドライン」で示されている「ユーザーに危害を与える可能性のあるテーマ、トピック」を意味し、金融、保険、医療などのテーマが該当します。

そして、YMYLの分野での上位表示には『E-E-A-T(※)』が重要です。E-E-A-Tを高めるためには、専門家による記事監修が必要になることが多いため、医師・専門家に記事監修を依頼できるかどうかも、薬機法コンテンツマーケティング会社を選ぶ上では重要です。

実際に記事監修を頼むかはさて置き、依頼できる体制があるかをチェックしておきましょう。いざという時に記事監修を依頼できるのは心強いですし、体制が整っているということは、それだけ専門性が高いとも判断できます。

※E-E-A-Tとは

GoogleがWebサイトを評価する基準であり、Experience(経験)、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、のTrust(信頼性)の頭文字をとった略語。一般的に、E-E-A-Tが高いWebサイトほどGoogleの評価も高い。なお、2022年12月までは、経験を除くE-A-Tが評価基準であった。

YMYL、E-E-A-T(E-A-T)については、下記のコラムで詳しく解説しています。

E-A-TとYMYLのSEO対策方法【具体的な5つのポイントを解説】 【2022年SEO対策まとめ】最新の『E-E-A-T』も含めGoogleアップデートの重要トピックと2023年予想

コンテンツマーケティング・SEOの知見・実績があるか

薬機法に詳しくても、コンテンツマーケティングやSEOに詳しくないと集客効果は得られません。

薬機法や景表法の知見・実績に加えて、コンテンツマーケティングやSEOの知見・実績があるかも重要になります。

会社によって得意分野や施策内容が異なるため、実際にどんな分野のSEOに詳しいのか?どんな施策が行われるのか?といった点も、併せてチェックしましょう。

依頼可能な業務範囲、運用体制を確認する

依頼可能な業務範囲や運用体制も、会社ごとに多種多様です。

例えばキーワード選定や構成案の作成から依頼できるのか?それともコンテンツの作成のみを請け負っているのか?

また、納品された記事にはどれくらい修正対応してくれるのか、その回数や最低依頼本数なども、会社ごとに異なります。

依頼したい内容を考えて適切な会社を探す必要があるため、まずは依頼したい業務や依頼するうえでの希望をまとめておくと、スムーズに会社探しができます。

薬機法コンテンツマーケティングに強い会社3選

前項で薬機法コンテンツマーケティング会社の選び方を解説しましたが、数多くある会社から候補を絞るのは大変。

そこでまずは、薬機法コンテンツマーケティングに強い会社を3社に絞り込んでみました。

「薬機法コンテンツマーケティングを依頼したいが、会社が多くて絞り込めない」

そんな時に、ぜひ参考にしてください。

①株式会社アダムテクノロジーズ

株式会社アダムテクノロジーズ

株式会社アダムテクノロジーズのおすすめポイント

  • 薬機法有資格者がサービスを開発!
  • 医師・薬剤師などの専門家による記事監修も対応可能!
  • SEO歴15年以上!コンテンツマーケティングの知見・実績も豊富!

薬機法有資格者がサービスを開発!

株式会社アダムテクノロジーズには薬機法管理者が在籍しており、元々の会社の強みであったSEO対策と薬機法に関する知見を合わせて『薬機法コンテンツマーケティング』サービスを開発しました。

どちらにも知見・ノウハウを持つ会社だからこそ可能な、薬機法分野での質の高いコンテンツマーケティングが特徴で、記事作成代行だけでなく、薬機法関連の表現チェックや代替表現の提案も可能です。

医師・薬剤師などの専門家による記事監修も対応可能

株式会社アダムテクノロジーズは、医師・医療関係の監修者500人以上と提携しています。これにより、医学的根拠に基づいた品質の高いコンテンツの作成が可能です。

医師プロフィールや顔画像の掲載もでき、信頼性をアピールできる記事が提供されます。

SEO歴15年以上!コンテンツマーケティングの知見・実績も豊富!

薬機法に限らず、SEOの知見・実績も豊富。15年以上のSEO対策歴により蓄積されたノウハウを活かし、大手企業から広告代理店まで、多数の課題を解決しています。

最新アルゴリズムに対応できる技術者が年々減っている中でも、業界トップクラスのSEO技術者が専門的な知見と豊富な経験に基づいた課題解決をサポートしています。

株式会社アダムテクノロジーズの概要

TEL 03-6262-5382(代表)
住所 〒100-0004
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル3階
創業 2006年8月
設立年 2020年1月
事業内容 SEOコンサルティング、 SEO診断、大規模サイトリニューアルSEO、コンテンツマーケティング、運用広告代行、MEO tracker
リンク https://adam-technologies.jp/service/medical/

②株式会社ネオマーケティング

ネオマーケティング

株式会社ネオマーケティングのおすすめポイント

  • 薬機法表現チェック&リライトが可能
  • インタビューから記事作成まで取材代行にも対応

薬機法表現チェック&リライトが可能

株式会社ネオマーケティングでは経験豊富な専門チェッカーが、薬機法や景品表示法等の法律や医薬品等適正広告基準などを踏まえて表現をチェック。きめ細かなアドバイスとフォローをします。

薬機法に抵触している箇所に関しては、代替表現の提案やリライトのサービスが提供されており、安心して任せることができます。

インタビューから記事作成まで取材代行にも対応

取材・インタビュー記事は、ライティング業務の中でも難易度が高く、対応できるライターが限られています。

株式会社ネオマーケティングは、そんな取材・インタビュー記事にも対応可能。経験豊富なライターが現場でインタビュー・取材を行い、その内容を記事へと仕上げます。

臨場感溢れる記事の作成が可能です。

株式会社ネオマーケティングの概要

TEL 03-6328-2880
住所 〒150-0036
東京都渋谷区南平台町16-25 養命酒ビル
創業 2000年10月
設立年 2000年10月
事業内容 記事作成代行・法人ニーズWEB記事外注
リンク https://content.neo-m.jp/service/

③Think a Phase株式会社(シンク ア フェーズ)

シンク ア フェーズ

Think a Phase株式会社のおすすめポイント

  • 自社メディア運用のノウハウを活かしたコンテンツマーケティング
  • 薬機法の専門ライターと専門担当が在籍

自社メディア運用のノウハウを活かしたコンテンツマーケティング

Think a Phase株式会社では、自社メディア運用のノウハウと実績を活かしたコンテンツマーケティングサービスを展開。実際に結果が出ているリアルな施策とマーケティング情報を提供することで、「商品やサービスが売れない」「新規顧客や見込み客の獲得に苦戦している」などの課題を解決しています。

薬機法の専門担当と専門ライターが在籍

Think a Phase株式会社には、10年以上化粧品・健康食品の単品通販マーケティングに従事している担当者が在籍しています。

また、社内に専門ライターもいるため、低コストで安心かつ効果が出るコンテンツマーケティングを始められます。

Think a Phase株式会社の概要

TEL 03-5755-5826
住所 〒145-0071
東京都大田区田園調布2-22-2-202
創業 2013年5月
設立年 2013年5月
事業内容 Webマーケティング事業、オウンドメディアの企画・構築・運用、コンテンツマーケティング支援、記事LPの企画・構築・制作・運用
リンク https://thinkaphase.co.jp/occupation/webmarketing_division/contentmarketing/

どこに依頼すべきか迷っている方へ

今回は薬機法コンテンツマーケティングに強い会社と、会社選びの際に失敗しない選び方のポイントを解説しました。

マーケティングにおいて薬機法関連の商材やサービスは、一歩間違えると法律に抵触するリスクがあるため、慎重に施策を行う必要があります。

専門家である薬機法コンテンツマーケティング会社に任せることで、安心して集客ができ、高い集客効果も見込めるため、ご検討ください。

また、どこに依頼すべきか迷っている方がいらっしゃいましたら、一度弊社にご相談ください。

弊社では「薬機法管理者」の資格を持つ担当者が、その知見と経験を活かして、安全かつ効果のある薬機法コンテンツマーケティングを提供しています。

記事作成に関しては医師や専門家へ、監修を依頼することも可能。課題解決に繋がる最大限の支援ができるよう、体制を整えています。

SEO診断を行った実績はこれまでに400社以上、上位表示率は85%です。1社1社への丁寧な対応が、結果に表れています。

弊社の薬機法コンテンツマーケティングに興味がある方は、まず無料の資料をダウンロードいただくことをおすすめします。

>>薬機法コンテンツマーケティングSEOサービス資料のDLはこちら

もちろん、直接お問い合わせをいただいても問題ございません。お電話でのご相談も受けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

>>お問い合わせはこちら