アダムテクノロジーズ運営チーム

記事作成代行サービスおすすめ7選【メリットデメリットも解説】

SEO診断, 薬機法

記事作成代行サービスおすすめ7選【メリットデメリットも解説】のサムネイル

WEBサイトやホームページのSEO対策を強化しようと考えた際、記事をこまめに更新したり、魅力的な文章を書いたりすることは欠かせません。しかし、自社の中で内製化することを検討しても、あまりリソースが割けないと悩んでいる方は非常に多いです。そこでおすすめなのが、記事作成代行サービスになります。

本記事では、記事作成代行の概要を解説するとともに、おすすめの記事作成代行サービスをご紹介します。また、記事作成代行に依頼するメリットデメリットも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

記事作成代行とは?

まずは、記事作成代行の概要から解説します。記事作成代行とは、文字通り記事の作成を代行して依頼できるサービスです。記事作成代行会社は、記事の作成に特化している場合と、SEO対策を包括的に依頼できる場合の2パターンがあります。

記事作成に特化している会社に依頼する場合は、ある程度自社でその他のSEO対策を見る必要があります。そのため、SEOの専門家が社内にいたり、自社のみでSEO対策を遂行できる自信があったりする場合にのみ検討するべきです。

一方のSEO対策を包括的に依頼できる場合は、記事作成と併せて必要なSEO対策を総合的に任せられるので、自社がSEOに詳しくなくても集客力が高まるメリットがあります。どちらのケースも一長一短ですので、自社の状況に合わせて検討することを推奨します。

おすすめの記事作成代行3選

ここからは、おすすめの記事作成代行を3社ご紹介します。

  • 株式会社アダムテクノロジーズ
  • サクラサク流SEOメソッド
  • ランサーズ

それぞれ順番に解説します。

株式会社アダムテクノロジーズ

株式会社アダムテクノロジーズは、過去4,000以上のキーワードで対策してきた実績を持ち、SEO対策を15年以上提供してきたノウハウのあるSEOコンサルティング会社です。ただ単に記事作成のみならず、SEO対策も包括的に依頼できることが最大のメリットです。

また、株式会社アダムテクノロジーズでは、通常のSEOコンテンツのみならず、薬機法に関連するジャンルも任せられます。社内に薬機法管理者も在籍しているため、薬機法に関して圧倒的に信頼した上で記事作成を任せられることが特徴です。

他にも、美容や医療に特化したコンテンツマーケティングを提供したり、医師を監修者として付けたりすることもできます。ジャンル問わず、SEO対策を包括的に任せたい場合や、専門性の高い領域で記事作成を任せたい場合に、第一に検討してみてはいかがでしょうか。

サクラサク流SEOメソッド

サクラサク流SEOメソッドは、SEO対策を総合的に任せられる記事作成代行サービスです。予算は少々高く用意する必要があるものの、レポーティングや内製化の支援もしてもらえるので、幅広いニーズに応えてもらうことができます。

サクラサク流SEOメソッドでは、月間500本を超える記事制作のノウハウを有しているため、リード獲得やインバウンドでの集客力の強化など、達成したい目的を達成できる可能性も高いです。しかし、月間予算50万円程度のコンサルティングは、契約期間が24ヶ月と設定されているので、それだけで1,000万円程度の予算が必要になります。したがって、24ヶ月と、それだけ長期的に発注する必要があるリスクを踏まえて検討することを推奨します。

ランサーズ

ランサーズは、主にインターネット関係の業務を第三者に外注できるサービスです。記事作成に関しては、おおよそ1文字1円程度から依頼でき、比較的予算は安い部類に入ります。スポットで数記事程度依頼したい場合や、多くの予算をかけられない企業におすすめです。

しかし、単価が安いことには、それなりのリスクがあることは事実です。中には副業として取り組んでいる受注者も多いので、突然連絡が付かなくなったり、途中で仕事を放棄したりするケースも多いです。それでは、せっかく外注しても予算と時間が無駄になり、本来の記事作成に力を入れることの目的も達成できないでしょう。

そのためランサーズに関しては、一時的に数記事程度を依頼する場合にのみ利用してみてはいかがでしょうか。

その他の記事作成代行サービス

先程、おすすめの記事作成代行を3社ご紹介しました。ここでは、その他利用されている記事作成代行サービスをご紹介します。

  • Shinobiライティング
  • Bizseek
  • サグーワークス
  • エディトル

それぞれ順番に解説します。

Shinobiライティング

Shinobiライティングは、500,000人以上のライターが登録している記事作成代行サービスです。1文字1円から発注でき、記事の作成からコピペチェックまでを一元化してお願いできます。コピペチェックとは、ライターが執筆した記事とすでに検索結果に出ている記事を比較して、どれだけ文章が類似しているかのチェックのことです。

一致率が高いほど独自性の低い文章になってしまうため、SEOでマイナス評価を受ける可能性が高くなります。そのため、Shinobiライティングであればコピペチェックまで対応してもらえるので、自社の工数をできる限り割かずに品質の高いコンテンツを公開できるでしょう。

Bizseek

Bizseekは、ライティングの他にも、WEBデザインやコーディングといった業務を外注できるサービスです。ランサーズと同様に、クラウドソーシングサービスの1つになります。見積もりから発注・決済までのすべてサービス内で完結できるため、予算管理や発注の手間を削減できることがメリットです。

1文字1円程度からが相場となっており、ライターの過去の実績も見れるようになっているので、発注で失敗してしまうリスクを軽減できるでしょう。

サグーワークス

サグーワークスは、ライティングに特化したクラウドソーシングサービスです。累計発注企業は3,000社を超えており、特徴や強みの異なるライターが約300,000人登録していることが強みとなっています。

プランが2つ用意されており、1つはライティングのみを発注できるプランであり、もう1つはディレクターに記事構成の作成まで任せられるプランです。ディレクターが介入するプランは最低予算が100万円となっているため、作成したい記事数や予算を鑑みて検討すると良いでしょう。

エディトル

エディトルは、オンラインでコンテンツ制作専門のチームを構築できるサービスです。上述したサグーワークスと連携したサービスであり、サグーワークスの認定ライターを中心にチームが構築されることが特徴です。

要件のみを伝えれば、記事の作成からチェック、納品までをすべて代行してくれるため、自社のリソースを最大限削減したい企業におすすめです。

記事作成代行に依頼するメリット

記事作成代行に依頼するメリット

ここからは、記事作成代行に依頼する3つのメリットを解説します。

  • 専門知識が担保されたコンテンツが完成する
  • リソースの削減に繋がる
  • 早期に売上が上がることに期待できる

それぞれ順番に見ていきましょう。

専門知識が担保されたコンテンツが完成する

記事作成代行会社は、特定の領域に専門知識を有したライターを抱えているケースが多いです。そのため、記事作成代行会社に依頼することで、専門知識が担保されたコンテンツが完成します。

特に、近年のGoogleは記事の専門性を重要視しており、誰がどのような情報を参考にして書いたのかを細かくチェックしています。だからこそ、記事作成代行会社に依頼することで、Googleとユーザー双方に評価される記事が完成するメリットがあります。

リソースの削減に繋がる

次に、リソースの削減に繋がることもメリットです。自社でキーワード選定から記事の公開まで行った場合、どれだけ早くても、1記事あたり6時間〜8時間程度の時間を要します。これは、社員1人当たりの1日の労働時間に該当する時間であり、記事作成を行うことでその他の業務に支障をきたす恐れがあります。

しかし、記事作成代行会社に依頼すれば、自社は代行会社が書いた記事内容を確認するだけで済みます。つまり、リソースを削減しつつ品質が担保された記事が完成することがメリットです。

早期に売上が上がることに期待できる

最後に、早期に売上が上がることに期待できるメリットがあります。専門性や信頼性の高いコンテンツはGoogleから評価され、検索順位も上がりやすいです。検索順位が上がれば、それだけ検索結果での露出も増え、お問い合わせやリード獲得に繋がります。

記事作成とSEO対策を行い、6ヶ月間程度でリード獲得数が2倍以上になる事例は珍しくありません

記事作成代行のデメリット

先程、記事作成代行に依頼するメリットを解説しました。一方で、下記のようなデメリットがあることも事実です。

  • 内製化と比較して費用がかかる
  • ライターとの相性が合わない可能性がある
  • スケジュール感が合わない可能性がある

当然ながら、記事作成は自社で対応すれば、社員の人件費のみで収まります。そのため、記事作成は外注する量が増えるほど、費用がかかる点に関しては間違いありません。また、クラウドソーシングサービスで発注してしまうと、品質担保が難しく、ライターとの相性やスケジュール感が合わない可能性もあります。

こういったデメリットを回避するためには、記事作成やSEO対策で結果を残しているサービスに依頼するべきです。内製化やクラウドソーシングと比較して少々費用は高くなるものの、間違いなく早期に結果が出る可能性は高く、売上が伸びることにも期待できます。

記事作成代行を検討する際のポイント

最後に、記事作成代行を検討する際のポイントを3つご紹介します。

  • SEO対策を包括的に任せられるか
  • 料金面は適切であるか
  • 実績は十分であるか

それぞれ順番に解説します。

SEO対策を包括的に任せられるか

SEO対策は、記事作成のみならず、他にも内部対策や外部対策も進めなければなりません。特に内部対策が適切でなければ、記事を作成したとしても検索エンジンに評価されず、記事の作成が無駄になってしまう恐れがあります。

それらを解決するためには、SEO対策を包括的に任せられる会社に依頼するべきです。自社にSEOに詳しい担当者がいなくてもSEO対策を講じられるため、自動で集客力が上がると言っても過言ではありません。そのため、まずはSEO対策を包括的に任せられる会社を優先して検討しましょう。

料金面は適切であるか

次に、料金面が相場から逸脱していないかを確認することが大切です。記事作成は、どれだけ高くても1本あたり30,000円程度が相場になります。そのため、まずは記事1本あたりの費用が30,000円以下であるかを確認しましょう。

また、費用以上の売上を回収できるかも十分に検討する必要があります。費用以上に売上を回収できなければただ単に損失になるので、ノウハウや事例は必ず確認するようにしましょう。

実績は十分であるか

最後に、当然ながら実績部分も十分であるかを確認することが重要です。特に、自社が対策を検討している領域での対策実績があるかを確認しましょう。たとえば、自社が健康食品を販売している会社であれば、健康食品に関連するジャンルで対策実績があるかを確認することを推奨します。

まとめ

まとめ

本記事では、記事作成代行サービスについて解説をしてきました。記事作成代行サービスを利用することで、専門知識が担保された記事が完成され、より早期に売上や集客力が上がることに繋がります。一方で、スケジュール感が合わない可能性や費用がかかることも事実なので、自社の目的を改めて鑑みた上で検討することが大切です。

また、依頼する記事作成代行サービスに悩まれている場合は、一度弊社アダムテクノロジー図をご利用ください。ご相談は無料ですので、依頼を検討しているジャンルや目的を擦り合わせて、最適なご提案をさせていただきます。

この記事の執筆者

田中雄太

twitterアイコン Facebookアイコン

アダムテクノロジーズ執行役員
SEOコンサルタント

株式会社アダムテクノロジーズ 執行役員。
ユーザーニーズと最も近いSEO対策で、あらゆるビジネスを加速させ、より良い社会の実現を目指す。
入社から5年間で100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードでの上位表示を実現。顧客目線での目標達成にコミットしたSEOコンサルティングが強み。

【弊社実績】

電通
マイナビ
読売IS
プロアクティブ
大丸松坂屋
サムシンググループ
PARIS MIKI
アイペット損害保険株式会社
ヒューリックホテルマネジメント
大江戸温泉
M3carrier
全日本不動産協会

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。