BingのSEO対策は行うべき?必要性とポイントを解説

SEO診断

BingのSEO対策は行うべき?必要性とポイントを解説のサムネイル

BingはGoogleと同じ検索エンジンサービスの1つであり、Microsoftが開発しています。しかし、同じ検索エンジンでありながらも、Googleと比較して重要視されているケースは多くありません。それは、シンプルにGoogleよりも利用シェアが低く、どれだけ対策をしてもGoogle以上の流入は見込めないためです。

しかし、Bingの検索エンジンならではの対策できる項目もあるため、それらを対策することで、現状のアクセス数を伸ばすことは可能でしょう。本記事では、検索エンジンのBingについて解説をするとともに、BingのSEO対策のポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の執筆者

田中雄太

twitterアイコン Facebookアイコン

アダムテクノロジーズ執行役員
SEOコンサルタント

株式会社アダムテクノロジーズ 執行役員。
ユーザーニーズと最も近いSEO対策で、あらゆるビジネスを加速させ、より良い社会の実現を目指す。
入社から5年間で100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードでの上位表示を実現。顧客目線での目標達成にコミットしたSEOコンサルティングが強み。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

Bingとは?

Bingとは、検索エンジンサービスの1つであり、Microsoftが開発しています。Bingは、より早く行動を実行できる検索エンジンであることを目的にしており、Googleと比較してサジェストキーワードも大きく異なっています。

たとえば、旅行に関するサジェストキーワードでは、Googleは「カップル・関東・沖縄」といったものが表示されていますが、Bingでは「ランキング・1泊2日」などが表示されています。

これらのサジェストキーワードから分かるように、Bingは検索を開始してから、ユーザーが実際に行動するまでを少ない回数で終われるようになっていることが特徴です。

主要検索エンジンが利用されている割合

ここまで、Bingに関して解説をしてきましたが、主要検索エンジンはどの程度の割合で利用されているのでしょうか。なお、主要検索エンジンはGoogle、Yahoo!、Bingの3つを指しています。結論として、Googleが日本全体の92%、Yahoo!が5%〜6%、Bingは2%3%程度となっています。

Googleが圧倒的にシェアを獲得しており、最も多くユーザーを集められる検索エンジンだと言えます。では、2%〜3%程度のシェアしか獲得していないBingに対して、本当に対策するべきか迷うのではないでしょうか。その答えを次の章でご紹介します。

BingのSEO対策は行うべき?必要性を解説

結論として、BingのSEO対策は行うべきです。なぜなら、BingはMicrosoftが開発した検索エンジンであり、Windows10以降のWindowsパソコンには、デフォルトでBingが設定されているためです。

そして、Microsoft(Windows)ユーザーは一定以上の安定した需要があるため、Bingの対策をすることで、安定したアクセスを共有できることは間違いありません。これらを踏まえると、Googleと比較してアクセス数が少ないことは事実ではあるものの、アクセスを底上げしたい場合はBingの対策も行うようにしましょう。

BingのSEO対策のポイント

先程、Bingでも適切にSEO対策を行うべきであることを解説しました。では、具体的にどのような対策を行えば良いのでしょうか。ここからは、BingのSEO対策のポイントを解説します。

基本的にはGoogleと同様の対策で構わない

結論として、BingのSEO対策は、基本的にはGoogleと同様の対策で構いません。なぜなら、検索エンジンとしてのアルゴリズムが似ているので、Googleに対して適切に対策をすれば、Bingでも自動的に対策されるためです。

国内のシェア数を見ても、Bingのアルゴリズムを全面的に優先するよりも、Googleのアルゴリズムを優先したほうが集客しやすいことは事実です。今後もそのシェア数に大きな開きが生まれることはないので、基本的にはGoogle優先で取り組むことを念頭に置きましょう。

Bingウェブマスターツールを導入する

Googleを優先的に対策したほうが良いものの、Bingに対して行ったほうが良いものはあります。その1つ目は、Bingウェブマスターツールを導入することです。Bingウェブマスターツールは、GoogleサーチコンソールのBing版だと捉えれば問題ありません。SEOレポート、キーワードリサーチといった機能が搭載されています。

また、Bingウェブマスターツールを使うことでサイトマップの送信もできるようになるため、インデックスを促すことも可能となります。Bingの対策を行う際は、必ずBingウェブマスターツールを導入するようにしましょう。

Bingのガイドラインを読み込む

次に、Bingのガイドラインを読み込むことも大切です。「Bing Webmaster Guidelines」というものが用意されており、これがBing版のルールブックになります。基本的には英語で記載されていますが、重要なことは「関連性」「品質と信頼性」「ユーザーエンゲージメント」「鮮度」「場所」「ページの読み込み時間」の6つだとされています。

加えて、Bingでは「CTR」もランキング要因として組み込まれていることが特徴です。つまり、クリック率の高い記事やWebサイトは、検索順位が上がりやすいことが分かります。

とはいえ、これらはGoogleでも重要視されている項目です。Bingに対する理解をより深めたい方は、Bing Webmaster Guidelinesを一読しておきましょう。

まとめ

本記事では、BingのSEO対策について解説をしてきました。Bingは、Googleと比較してシェア率が低いものの、適切に対策すれば今よりもアクセス数を伸ばすことは可能となります。加えて、Windows10にはBingが標準搭載されており、今後もWindows需要が一定以上存在することを踏まえると、Bingからは安定したアクセスを獲得することが可能です。

基本的にはGoogleと同様の対策で問題ありませんが、Bingウェブマスターツールを導入したり、ガイドラインを読み込んだりして、的確に上位表示を目指してみてはいかがでしょうか。

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。