アダムテクノロジーズ運営チーム

歯医者がSEOに取り組む重要性【具体的な6つのポイントも解説】

SEO診断

歯医者がSEOに取り組む重要性【具体的な6つのポイントも解説】のサムネイル

歯医者が集客をしようと思った際、SEO対策は有用なのか疑問に感じている方は多いのではないでしょうか。

加えて、実際に自院のみで対策をすることが得策であるか、悩んでいる方も多いかと思います。

そこで本記事では、歯医者がSEOに取り組むべき2つの理由と、SEO対策のポイントを6つご紹介します。

また、歯医者のSEO対策を自院で取り組むべきかも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

SEOとは?

まずは、SEOの概要から解説します。SEOとは「Search Engine Optimization」の略語のことで、日本語では検索エンジン最適化と呼ばれます。

検索エンジンの代表格であるGoogleに対して対策を行い、検索エンジンが理解しやすいコンテンツにすることで、自然検索結果での上位表示獲得を目指します。

SEOは、上位表示までには3ヶ月〜6ヶ月程度の時間を要するものの、一度上位表示を獲得できれば、中長期で安定した集客が見込めます

また、外部の専門家の力を借りながら運用をしたとしても、6ヶ月間で必要な費用は150万円〜200万円程度です。

1件あたりの単価が高い歯医者であれば、回収は比較的早期に望めます。

さらに、SEO対策は上位表示ができた後は、簡易的なメンテナンスは必要ではあるものの、ほぼ自動的に来院の問い合わせを獲得できるため、SEO対策の費用回収後はすべて自院の利益として残ります。

これらを鑑みても、歯医者がSEO対策に取り組むメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

歯医者がSEOに取り組むべき2つの理由

ここまで、SEOの概要を解説してきました。ここからは、歯医者がSEO対策に取り組むべき2つの理由をご紹介します。

  • 地域性の強いビジネスであるため
  • ホームページが上位表示されることで信頼性が高まる

それぞれ順番に見ていきましょう。

地域性の強いビジネスであるため

歯医者は、特定のエリアに限定された地域性の強いビジネスです。

患者様の多くは、隣の市に足を運んでまで来院するケースは滅多にありません。

そこで「地名×歯医者」などのキーワードで上位表示を獲得できれば、対策前と比較して圧倒的な集客が見込めます。

また、地方の歯医者になるほど、SEO対策には力を入れていません。

そのため、特定のエリアで自院のホームページを上位表示できれば、安定的にSEO経由で患者様を集められるでしょう。

ホームページが上位表示されることで信頼性が高まる

特定のエリアの中でも、歯医者の数は増えてきており、患者様からすればどの歯医者を選んで良いのか分かりません。

しかし、SEO対策で自院のホームページが上位表示されており、魅力的なコンテンツが発信されていれば、患者様からの信頼を獲得できます。

その結果「この歯医者なら通っても大丈夫そうだ」と患者様に思わせることができ、来院や問い合わせを獲得できるのです。

つまり、自院の来院数を増やしたいのであれば、SEO対策には必ず取り組むべきです。そのための方法やコツを次でご紹介します。

歯医者のSEO対策のポイント6選

歯医者がSEO対策に取り組む場合は、下記6つのポイントを抑えることが重要です。

  • 診療内容ごとにカテゴリーを分ける
  • 院長や医師など信頼性の高い情報を掲載する
  • 歯医者に来院したい患者が検索するキーワードを洗い出す
  • 実際にSEOコンテンツを作成する
  • 初期段階はポータルサイトにも登録する
  • ローカルSEO対策を行う

それぞれ順番に解説します。

診療内容ごとにカテゴリーを分ける

検索エンジンは、関連性の高いテーマが多く取り扱われているホームページを評価する傾向にあります。

その上で、関連性の高さをより分かりやすく伝えるためにも、診療内容ごとにカテゴリーを設定することが大切です。

たとえば、診療内容として「インプラント」「痛くない治療」「矯正歯科」などのカテゴリーに分けることが挙げられます。

また、ブログ記事を発信する際は、必ず1キーワード1カテゴリーで設定することも大切です。

キーワードがカテゴリーをまたいでしまうと評価が分散してしまい、適切な評価を受けられない可能性が考えられるためです。

したがって、まずは診療内容ごとにカテゴリーを分けることから始めましょう。

院長や医師など信頼性の高い情報を掲載する

検索エンジンは、専門性や権威性、信頼性がある情報を求めています。

そのため、ホームページ内に、院長や医師の方などを紹介するページを作成することが重要です。

具体的な掲載内容としては、先生の顔写真、経歴、保有している資格、専門分野などが挙げられます。

これらの情報を掲載することで、検索エンジンから質の高い情報と判断される可能性を高められます。

また、来院を検討している患者様からしても、誰に治療してもらうかを事前に知ったほうが問い合わせしやすくなります。

検索エンジンと患者様双方からの評価を上げるためにも、院長や医師、歯科助手などのスタッフページを作成するようにしましょう。

歯医者に来院したい患者が検索するキーワードを洗い出す

次に、歯医者への来院を検討している患者様が検索するキーワードを洗い出しましょう。また、その際は自院の診療カテゴリーに沿って洗い出すことが大切です。

たとえば「痛くない歯医者」というカテゴリーがある場合は、「エリア名×歯医者×無痛」「歯医者 痛みを軽減する方法」などのキーワードが挙げられます。

これらのキーワードを洗い出す際は、Googleキーワードプランナーを活用するのがおすすめです。

Googleキーワードプランナーでは、主要キーワードに関連するキーワードを洗い出せるため、患者様が検索するキーワードを効率良く確認できます。洗い出したキーワードは、Excelなどのデータにまとめておきましょう。

実際にSEOコンテンツを作成する

キーワードの洗い出しが完了したら、次にSEOコンテンツを作成していきます。SEOコンテンツを作成する際の注意点は、主に2つ挙げられます。

1つ目は、検索ボリュームの少ないキーワードから対策することです。

上述したGoogleキーワードプランナーでは、キーワードごとの検索ボリュームも洗い出せます。

その際、検索ボリュームが1,000を超えるようなキーワードだと競合も強くなる傾向にあるので、上位表示までに時間がかかります。

しかし、10〜100程度の検索ボリュームであれば、比較的ホームページを立ち上げたばかりの段階でも上位表示が可能です。

2つ目の注意点は、競合の歯医者が発信している情報を参考にすることです。

競合の情報を参考にするのは抵抗があるかもしれませんが、競合が患者様の求めている情報を発信していると判断した場合は、積極的に参考にするべきでしょう。

ただし、競合とほぼ同様のコンテンツでは意味がありません。

必ず、自院独自の見解や魅力的な情報を付け加えることで、競合の歯医者よりも自院に来院したほうが良いという、患者様への動機付けが可能になります。

初期段階はポータルサイトにも登録する

SEOコンテンツを作成すると同時に、地域に特化したポータルサイトが存在する場合は、そこへの掲載も検討しましょう。

ポータルサイトとは、特定の業種や特徴に絞って、その地域で展開している企業や病院をまとめて紹介するサイトのことです。

歯医者の業界では「EPARK歯科」などが有名です。

これらに掲載することで、多少の費用は必要になるものの、自院のホームページが育っていない段階でも効率的な集客が見込めます。

その後、ホームページのSEO対策が育ってきたタイミングにて、ポータルサイトの掲載を辞めても構いません。

まずは、自院のホームページと併せてポータルサイトへも掲載し、問い合わせの窓口を広げることを念頭に置きましょう。

ローカルSEO対策を行う

最後に、SEO対策と併せて、ローカルSEO対策も進めましょう。

ローカルSEO対策は「MEO対策」とも呼ばれ、特定の地域で検索された際に、Googleマップで上位表示されることを狙う対策のことです。

ローカルSEO対策を進めるには、まずGoogleマイビジネスに登録をします。

Googleマイビジネスに登録すると、写真や画像を投稿したり、最新情報を更新できたりします。

継続的に更新することで、特定の地域にて「エリア名×歯医者」などで検索された際に、自院が上位表示されるようになります

SEO対策と併せて対策を進めることで相乗効果を生めるため、ぜひローカルSEO対策にも取り組むようにしましょう。

歯医者のSEO対策は自院で行うべき?

歯医者のSEO対策は自院で行うべき?

ここまで、歯医者のSEO対策の手順やポイントを解説してきました。

一方で、手順が少々専門的であり、自社のみで取り組むべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

ここからは、歯医者のSEO対策は自院のみで行うべきかを解説します。

専門領域のSEOのため知見がないと難しい

結論、歯医者は専門領域であるため、知見がないとSEO対策で大きな成功を収めることは難しいでしょう。

自院のみで行う場合でも、SEO対策を進める前後では数字に大きな変化が表れますが、改善方法やコンテンツの細かなポイントに対する知見がない場合、中長期的に渡って不適切な施策を打ってしまう危険性があります。

また、歯医者のSEOは、通常のGoogleのSEOガイドラインと併せて、医療広告ガイドラインにも留意することが必要です。

医療広告ガイドライン

医療広告ガイドラインとは、患者様が自身で適切な判断をできるようにするための、医療広告におけるルールブックのようなものです。

従来では、医院のホームページは医療広告とはみなされていませんでしたが、2018年からホームページもみなされるように変更されました。

医療広告ガイドラインは非常に内容が細かく、自院のみでSEO対策を行う場合、どこか気付かぬタイミングで抵触してしまうリスクがあります。万が一抵触してしまい、改善の対応が遅れてしまうと、行政指導を受ける危険性も秘められています。

では、これらを踏まえて歯医者がどのようにSEO対策を進めれば良いかというと、重要部分を専門家に任せる方法を推奨します。

重要部分は専門家に任せる

SEO対策は、行うべき施策が多岐にわたるため、すべてを自院のみで行うのは非常に大変です。

すべてを自院で行うとした結果、本質的に対策しなければならない医療広告ガイドラインに抵触するリスクも考えられます。

そのため、初期の戦略設計やホームページの内部対策、レギュレーションの構築などを専門家に任せ、自院の負担をできる限り軽減することが大切です。

また、専門家はSEOの知見を豊富に持っているため、自院のみで対策するよりも、早期に期待以上の結果を上げられるでしょう。

弊社アダムテクノロジーズでも、医療業界に精通したライターや、SEOのコンサルタントが歯医者のSEO対策を支援します。

1,000名以上のライター、500名以上の監修者にアクセスできることが強みであり、ご希望に合わせた体制で安定的な集客を実現させます。

まずは、弊社サービスの概要資料からダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

ダブルチェックの体制を整えることが重要

最後に、歯医者などの医療業界のSEO対策では、ダブルチェックの体制を整えることが大切です。

1人の担当者のチェックでは、事細かにチェックをしているつもりでも、どうしてもミスやチェック漏れが起こる危険性があります。

その結果、医療広告ガイドラインに抵触してしまうことも考えられるのです。

それらを未然に防ぐためにも、ダブルチェックの体制を整え、第三者のチェックも交えて確認することが必要です。

弊社アダムテクノロジーズでも、公開前にコンテンツのチェックを行いますので、事前に抵触リスクを踏まえたポイントをお伝えさせていただきます。

まとめ

歯医者のSEO対策

本記事では、歯医者のSEO対策について解説をしました。

歯医者は、地域性の強いビジネスであり、ホームページが上位表示されることで信頼性が高まるため、必ずSEO対策に取り組むべきです。

SEO対策に取り組む際は、院長や医師などの信頼性の高い情報を掲載したり、初期段階はポータルサイトに登録したりすることも大切です。

また、自院のみの対策では立ち行かない部分も多々あるため、専門的な部分はSEOの専門家に任せることを推奨します。

アダムテクノロジーズでも、過去4,000以上のキーワードで対策してきた知見を基に、歯医者の効率的なSEO集客を支援します。

概要資料を用意しておりますので、まずは資料を無料でダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

この記事の執筆者

田中雄太

twitterアイコン Facebookアイコン

アダムテクノロジーズ執行役員 SEOコンサルタント

株式会社アダムテクノロジーズ 執行役員。
ユーザーニーズと最も近いSEO対策で、あらゆるビジネスを加速させ、より良い社会の実現を目指す。
入社から5年間で100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードでの上位表示を実現。顧客目線での目標達成にコミットしたSEOコンサルティングが強み。

【弊社実績】

マイナビ
大江戸温泉
VOYAGE MARKETING
あゆみトラストホールディングス
サムシンググループ
日本教育クリエイト
PARIS MIKI
アイペット損害保険株式会社
M3carrier
全日本不動産協会
桑沢デザイン

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。