GA4とGoogleタグマネージャーを連携する3つの手順【カスタムイベントも解説】

SEO診断

GA4とGoogleタグマネージャーを連携する3つの手順【カスタムイベントも解説】のサムネイル

2020年、従来のGoogleアナリティクス(UA)から、大きくバージョンアップしたGA4(GoogleAnalytics4)がリリースされました。従来とは管理画面も大きく異なり、仕様に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、GA4の概要を解説するとともに、GA4とGTM(Googleタグマネージャー)を連携する手順を解説します。また、GA4とGTMを連携するメリットも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の執筆者

田中雄太

twitterアイコン Facebookアイコン

アダムテクノロジーズ執行役員
SEOコンサルタント

株式会社アダムテクノロジーズ 執行役員。
ユーザーニーズと最も近いSEO対策で、あらゆるビジネスを加速させ、より良い社会の実現を目指す。
入社から5年間で100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードでの上位表示を実現。顧客目線での目標達成にコミットしたSEOコンサルティングが強み。

無料セミナー

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

GA4(GoogleAnalytics4)とは?

まずは、GA4(GoogleAnalytics4)の概要から解説します。GA4とは、次世代バージョンのGoogleアナリティクスのことです。従来のアナリティクスとの一番の違いは、アプリとWEBを同時に計測できるようになったことです。

従来のアナリティクスでWEBとアプリを計測する場合、WEBはGoogleアナリティクス、アプリはFirebaseアナリティクスを使う必要がありました。しかし、GA4ではこれらを一元管理することが可能になりました。

上記のように、様々なケースを横断して計測できるようになったことがGA4の特徴です。加えて、GA4ではイベント単位でページビューを計測します。アプリの場合、ページ遷移という概念があまり存在しておらず、イベントごとにページビューを計測する必要があります。GA4ではそれらにも対応できるように、ページビューをイベント単位で計測するように変化したということです。

  • タグの一元管理が可能
  • 復元が容易
  • GA4との相性が抜群

なお、従来のGoogleアナリティクスは、2023年7月にサポートが終了すると言われています。だからこそ、今のうちからGA4の仕様に慣れる必要があると言えるでしょう。

GTMでGA4(GoogleAnalytics4)を設定するメリット

ここまで、GA4(GoogleAnalytics4)の概要を解説してきました。ここからは、GTMでGA4を設定するメリットを解説します。

それぞれ順番に見ていきましょう。

タグの一元管理が可能

GTMのコードをWEBサイトに設置することで、以降GTMでタグの設定を変更するだけで、自動的に変更が反映されます。仮にGTMを設置しない場合では、プラットフォームや製品ごとにタグの管理をする必要があり、非常に大変なことは間違いありません。

GTMでは、Google製品の他にも様々なプラットフォームに対応しているので、担当者の手間を削減できます。また、HTMLタグの設置ミスも防げるため、適切にデータを計測することが可能になります。

復元が容易

GA4は従来のアナリティクスと比較して管理画面の仕様も大きく変わっており、日々アップデートが繰り返されています。そのため、何らかの原因で、GTMのタグが機能しない可能性も考えられます。

しかし、GTMはバージョンごとに設定を管理する仕様になっていることが特徴です。これにより、現状のバージョンで不具合が起きてタグが機能しなくなった場合は、機能していた1つ前のバージョンに戻して計測することが可能です。

GA4と相性が抜群

GA4のイベント管理は、GTMでも行えます。GA4はカスタムイベントを使用して計測する機会も多いので、イベント管理をGTMで行えるのは非常に大きなメリットです。また、GA4設定やGA4イベントに関しても、予めGTMに用意されています。

上記のように、GA4とGTMはともにGoogle製品であるため、非常に相性が良いことが特徴です。

GA4(GoogleAnalytics4)とGTMを連携する手順

GA4(GoogleAnalytics4)とGTMを連携する手順

ここまで、GA4(GoogleAnalytics4)とGTMを連携するメリットを解説してきました。ここからは、GA4とGTMを連携する手順を解説します。

  • GA4で測定IDを抽出
  • GA4の測定IDをGTMに設置する
  • トリガーの発火を確認する

それぞれ順番に見ていきましょう。

GA4で測定IDを抽出

GA4の管理画面に「プロパティ」のタブがあります。プロパティから「データストリーム」を選択し、次に「ウェブストリーム」を選択しましょう。計測したいウェブストリームの種類を選択することも可能ですが、選択肢が出てこない場合はウェブストリームのみを選択する形で構いません。

ここでは、はじめにウェブストリームをコピーしておきましょう。

GA4の測定IDをGTMに設置する

次に、GTMの管理画面にログインします。管理画面のサイドバーに「タグ」というメニューがあるので、そこで「新規」をクリックします。様々なタグタイプが出てきますが、「Googleアナリティクス:G4設定」を選択しましょう。

次に測定IDを入力する画面が出てくるので、そこで上記でコピーしたGA4の測定IDをペーストします。最後に、配信トリガーの種類を選択します。All Pages(PV計測)など、目的に合わせて種類を選択しましょう。

トリガーの発火を確認する

次に、GTMの管理画面のサイドバーに「サマリー」という項目があるのでクリックします。右上に「プレビュー」ボタンが設置されているのでクリックしましょう。URL部分に、測定IDを抽出したWEBサイトのURLを入力して「Connect」ボタンをクリックします。

「Tag Fired」の中にGA4が含まれていれば発火は完了です。仮に表示されない場合は設定が間違っている可能性が高いので、抽出した測定IDが合っているかや、タグタイプでGA4を選択しているかなどを確認するようにしましょう。

GA4(GoogleAnalytics4)でおすすめのカスタムイベント

ここまで、GA4(GoogleAnalytics4)とGTMを連携する手順などを解説してきました。ここからは、GA4(GoogleAnalytics4)の重要機能であるカスタムイベントに関して解説をします。

カスタムイベントとは?

カスタムイベントとは、パラメータ名とイベント名をオリジナルで設定したい場合に使う項目のことです。GA4の管理画面から「イベントを作成」を選択することで、カスタムイベントを作成できます。

従来では、カスタムイベントをGTMを使ってカスタマイズしたり、gtag.jsを変更したりする必要がありました。しかし、現行のバージョンでは管理画面から設定できるようになっているので、非常に便利になったと言えます。

次に、おすすめのカスタムイベントを3つご紹介します。

一定金額以上の購入に絞り込む

商品をWEBサイトで販売する場合、一定金額以上の購入に絞ってデータを計測したいケースが多いのではないでしょうか。そういった場合、下記のようにカスタムイベントを設定してみましょう。

  • イベント名:自由
  • パラメータ:event_name(上段)・value(下段)
  • 演算子:等しい(上段)・以上(下段)
  • 値:purchase(上段)・5,000(下段)

上記を設定することで、5,000円以上の購入に絞り込むことが可能です。適宜、販売する商品の価格帯に合わせて変更してみてください。

ページ到達率を計測する

次に、ページ到達率を計測したい場合のカスタムイベントです。ページ到達率とは、ページ内のどの部分までユーザーが読んでいるのかを表す指標を指します。下記のようにカスタムイベントを設定しましょう。

  • イベント名:自由
  • パラメータ:event_name(上段)・page_scrolled(中断)・page_location(下段)
  • 演算子:等しい(上中下段すべて)
  • 値:scroll(上段)・70(中断)・URL(下段)

値の下段にあたるURLには、計測したいページのURLを入力しましょう。

表示回数を計測する

最後に、特定のページの表示回数を計測したい場合のカスタムイベントです。たとえば、サンクスページなどが代表例として挙げられます。表示回数を計測したい場合のカスタムイベントは、下記のように設定しましょう。

  • イベント名:自由
  • パラメータ:event_name(上段)・page_location(下段)
  • 演算子:等しい(上段)・含む(下段)
  • 値:page_view(上段)・URL(下段)

値の下段には、サンクスページのURLを設定しておきましょう。

まとめ

まとめ

本記事では、GA4(GoogleAnalytics4)とGTM(Googleタグマネージャー)を連携する手順を解説しました。連携はGA4でIDを抽出し、GTMに設置した後に発火を確認するという手順で行えます。連携することでタグの一元管理ができたり、復元が容易になったりするメリットがあるため、GA4の導入と併せて必ず行うようにしましょう。

まずは、GA4を導入することから始めてみてはいかがでしょうか。

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。