アダムテクノロジーズ運営チーム

Googleサジェストとは?SEOへの影響と対策方法について解説

SEO診断

Googleサジェストとは?SEOへの影響と対策方法について解説のサムネイル

GoogleやYahoo!などの検索エンジンでキーワードを入力する際、キーワードの別候補が表示されることがありますが、これを「サジェスト」と呼びます。サジェストはユーザーニーズを深く理解するために重要であり、サジェストを効果的に使用することで、より万全なSEO対策を講じることが可能になります。

そこでこの記事では、サジェストキーワードと関連キーワードの違いや、表示される仕組みについて解説をします。さらに、サジェストキーワードをSEO対策に活かす方法も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

Googleサジェストキーワードとは?

冒頭でも少しご説明したように、サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入力した際に、自動的に表示される「検索候補」のことです。サジェストは広く使われている言葉ではありますが、Googleの正式名称では「オートコンプリート」と呼ばれ、Yahoo!では「入力補助」と呼ばれています。

詳しくは後述しますが、サジェストキーワードは、検索ボリュームやキーワードとの関連度合いによって、表示される検索候補が異なります。また、それぞれのキーワードによって当然検索候補は異なるため、それらの検索候補からユーザーニーズを紐解くことで、より検索意図に合致したコンテンツを作成することができるでしょう。

Googleサジェストキーワードとその他のキーワードの違い

SEO対策にサジェストは重要と聞いたことがある方も多いかと思いますが、同時に、「関連キーワード」や「共起語」も重要だと聞いたことがあるのではないでしょうか。

ここでは、サジェストとそれぞれのキーワードの違いについて解説をします。

関連キーワードとの違い

関連キーワードとは、なんらかのキーワードで検索した際に、検索結果の最下部に表示される「〇〇に関連するキーワード」のことです。こちらは合計で10個表示されます。つまり、サジェストが検索する前の候補であることに対して、関連キーワードは、検索した後の候補ということになります。

関連キーワードは、検索ボリュームやクエリ(検索キーワード)によって、自動的に表示される仕組みになっています。なお、ユーザーやデバイスごとに関連キーワードが変わることはないため、基本的にすべてのユーザーに同様の関連キーワードが表示されます。

共起語との違い

次に共起語ですが、共起語とは、特定のキーワードの文章中で頻出しやすい言葉のことです。サジェストの検索候補、関連キーワードの検索結果とは異なり、共起語は「本文中」で頻出される単語になります。

たとえば、スマートフォンのサジェストが「日本語・英語・おすすめ」などに対して、共起語は「楽天モバイル」「比較表」などであるため、大きく異なることが分かるかと思います。

サジェストや関連キーワードでユーザーニーズを調査し、共起語を本文で使用してあげることが、よりユーザーニーズに応えられるコンテンツ制作の1歩と言えるでしょう。

Googleサジェストが表示される仕組み

ここからは、Googleサジェストが表示される4つの仕組みについてご説明します。

  • キーワードに関連するWebサイトがすでに存在している
  • ユーザーの検索位置によってサジェストが変わる
  • パーソナライズド検索が適用されることがある
  • トレンド性のあるキーワードが表示される可能性もある

それぞれの仕組みを1つずつ見ていきましょう。

キーワードに関連するWebサイトがすでに存在している

検索エンジンで大きなシェアを獲得しているのはGoogleとYahoo!ですが、そのどちらも、キーワードの検索ボリュームに応じて、表示されるサジェストが変わる仕組みになっています。しかし、それ以上にGoogleで重要視されているのが、キーワードに関連するWebサイトがすでに存在しているかどうかです。

たとえば、ユーザーが「SEO対策」というキーワードで検索した場合、SEO対策で表示されているWebサイトには、どのような「他のキーワード」が多く含まれているかが確認されます。これらの中で多く含まれている他のキーワードが、アルゴリズムによって「サジェスト」として検索候補に表示されます。

つまり、サジェストが表示される仕組みの裏側では、検索ボリュームと同時に、ユーザーニーズとの関連度合いがチェックされているということです。

ユーザーの検索位置によってサジェストが変わる

サジェストはユーザーの検索位置によっても変わります。たとえば、東京都の銀座に住んでいるユーザーが「中華料理」と検索すると、サジェストには「銀座 中華料理」が表示されます。

これは、検索エンジンがユーザーのGPS情報やIPを読み取り、サジェストに反映させているためです。特に、上述した飲食店や美容室・病院など、位置情報と紐づきやすいキーワードはサジェストに多く表示される傾向にあります。

パーソナライズド検索が適用される場合がある

上記のように、サジェストワードは、検索位置によって表示される検索候補が異なります。加えて、ユーザーによっても表示されるサジェストが異なる場合があります。

これは、Cookieを使用してユーザーの過去の検索履歴を基に最適化した検索候補を表示させる仕組みとなっており、「パーソナライズド検索」と呼ばれます。パーソナライズド検索では過去の検索履歴が重要視されますが、他にも、年齢や性別も影響していると言われています。

トレンド性のあるキーワードが表示される可能性もある

最後に、サジェストは、トレンド性のあるキーワードが表示される場合もあります。特に、検索エンジンやSNSで話題のキーワードがサジェストとして表示されることも多いです。こちらは、短期的な検索数の増加が考慮され、最も関連性の高いキーワードにサジェストされる仕組みとなっています。

トレンド性の高いキーワードや、検索数の増加などは「Googleトレンド」を利用すればすぐに確認できます。Googleトレンドを利用して、自社と関連性の高いキーワードがトレンドになっているようであれば、新規コンテンツの作成や、既存コンテンツのリライトに役立ててみると良いでしょう。

サジェストキーワードをSEOに活かす方法

この記事でも解説しているように、サジェストを調べることで、ユーザーの検索意図などを紐解くことができます。ここからは、サジェストキーワードをSEOに活かす3つの方法をご説明します。

ユーザーの検索意図を分析する

まずは、サジェストキーワードをユーザーの検索意図を分析するために使用します。サジェストキーワードは、いわば多くのユーザーがメインのキーワードと一緒に検索しているキーワードであるため、それらをコンテンツに盛り込むことで、検索意図を深く満たしたコンテンツを作成できます。

最新のサジェストキーワードをリライトに活用する

上述したように、サジェストキーワードは、検索ボリュームやトレンドによって日々変化しています。そこで、最新のサジェストキーワードを既存のコンテンツに含めることで、新たな流入に期待ができるでしょう。

細かな改善施策ではありますが、検索エンジンはコンテンツの「新鮮度合い」も見ているため、SEO対策全体の観点から見ても大きな効果があります。

新規コンテンツのキーワードとして活用する

最後に、サジェストを新規コンテンツのキーワードとして活用することも可能です。たとえば、メインのキーワードが「SEO対策」であった場合、検索候補には8個前後のサジェストが表示されます。

この時点で、合計9個のコンテンツを作成することが可能です。また、「サジェストのサジェスト」も検索すれば表示されるため、さらにコンテンツを新規で増やしていくことも可能になるでしょう。

こういった形でメインのキーワードを選定し、そのキーワードのサジェストを対策していくことで、ユーザーニーズに合致したコンテンツを多く制作していくことが可能です。

ブランドイメージが傷つく「サジェスト汚染」とは

ここまでサジェストの概要などを解説してきましたが、サジェストには良い面だけではなく、悪い面もしばしば見られます。その悪い面は「サジェスト汚染」と呼ばれます。サジェスト汚染とは、たとえば「ブランド名 詐欺」「ブランド名 ブラック」など、特定の企業や商品名で悪質なサジェストが表示されることを指します。

ここでは、サジェスト汚染によって考えられる被害や、その解決方法を解説します。

サジェスト汚染によって考えられる被害

サジェスト汚染は、基本的に特定のユーザーによって故意に仕掛けられることが多いです。そのサジェスト汚染によって考えられる被害は下記のとおりです。

  • ブランドのイメージ毀損を招き、業績が悪化する
  • 新規顧客の獲得が困難になる
  • 新卒や中途採用に影響が出る
  • 既存の取引先の信頼性が低下する

サジェスト汚染では、このような被害が考えられます。検索エンジンのアルゴリズムに「スパム」と判定されかった場合は、そのままサジェストが残り続ける可能性もあり、大きな危険性を秘めていると言って良いでしょう。

サジェスト汚染を解決する方法

検索エンジンには、サジェストに関するポリシーが設定されています。法的な理由でコンテンツを報告するによると、下記のいずれかのポリシーに反する場合は、問い合わせを行うことによって削除の対応が行われるとされています。

  • 露骨な性表現を含む検索候補
  • 集団および個人に対する産別的な検索候補
  • 暴力的な検索候補
  • 危険かつ有害な行為を助長する検索候補

お問い合わせに関しては、上述した「法的な理由でコンテンツを報告する」のページから行えます。実際に削除対応をしてもらえるかは確実ではありませんが、自社にわずかにでも被害が生まれているようであれば、できる限り早い段階でお問い合わせしてみると良いでしょう。

Googleサジェストキーワードの抽出ツール

ここまで、サジェストの仕組みやSEOに活かす方法などを解説してきました。ここからは、Googleサジェストキーワードの抽出ツールを3つ紹介します。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

グーグルサジェスト キーワード一括DLツールは、Googleのサジェスト機能で表示されるキーワードを候補を、CSVでダウンロードできるツールです。

検索ボリュームの大きいキーワードや、最新のトレンドを踏まえたサジェストも表示されるようになっているため、新規コンテンツの作成や、既存コンテンツのリライトにも役立てることが可能です。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、キーワードの検索ボリュームなどを調査できるツールです。

キーワードプランナー1つでサジェストキーワードを抽出することはできませんが、コンテンツに含めたいサジェストが出てきた場合は、一度キーワードプランナーで検索ボリュームを調査してみましょう。

仮に、検索ボリュームがあまりにも少ない場合は対策する必要がありませんし、あまりにも多い場合は、コンテンツの競合が強く、対策しても上位表示できない可能性があります。

SEO対策では無駄なコンテンツ作成をしないことが1つのポイントになりますので、必ずキーワードプランナーで検索ボリュームを調べるようにしましょう。

関連キーワード取得ツール

関連キーワード取得ツールは、現在「ラッコキーワード」にサービス名が変更された、関連キーワードやサジェストを調べれるツールです。

Googleに限らず、BingやYouTubeのサジェストも調査できるようになっているため、各プラットフォームごとのニーズを把握できる点がポイントです。

まとめ:サジェストキーワードでSEO対策をしましょう

サジェストキーワードの仕組みや、SEO対策への活用方法を解説してきました。サジェストキーワードを活用することでユーザーニーズをより詳細に把握できるようになるため、今後のコンテンツ作成にぜひお役立てください。

弊社では、SEO対策を多角的な観点からサポートする「SEO診断サービス」をご用意しています。アクセスがなかなか伸びない・検索順位が一向に上がらないなどの悩みを抱えている方は、ぜひ一度WebサイトのSEO診断を試し、今後の改善点を洗い出してみてはいかがでしょうか。

SEO診断の詳しい内容はこちら

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

当社でご提供しているサービスの資料ダウンロードはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

SEO診断の資料はこちら WEBサイト高速化の資料はこちら

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。