田中 雄太

【正しい集客経路】SEOとリスティング広告の使い分けを解説

SEO診断

【正しい集客経路】SEOとリスティング広告の使い分けを解説のサムネイル

SEOとリスティング広告について適切な理解を深めることができれば、状況に応じて効果的な集客方法を選択することができます

しかし、SEOとリスティング広告の違いや、それぞれのメリットデメリットに良くわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、SEOとリスティング広告の基礎知識とともに、それぞれをどのように使い分けるかを解説しますので、ぜひ今後のWeb集客の参考にしてください。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

リスティング広告の概要

リスティング広告を適切に使用すれば、自社のWebサイトや特定のコンテンツを、広告枠として検索上位に表示させることができます。ここでは、リスティング広告の概要についてご説明します。

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、ネットの検索結果ページ上部に表示される「検索連動型広告」のことです。ユーザーが特定のキーワード検索した際に、連動して「広告」として検索画面に表示されます。多くの企業や実店舗を保有している経営者の方は、自社サイトのアクセスを増やすべくリスティング広告を効果的に活用しています。

また、リスティング広告では、ユーザーが1クリックするごとに費用が課金されていきます。従って、1クリックもされなければ費用が発生することはなく、1クリックされたごとに費用が発生する仕組みであるため、予算以上に費用が使われてしまう危険性は高くないことが特徴です。

リスティング広告の特徴

リスティング広告の特徴は、「有料」「即効性が高い」「ターゲットを狙いやすい」などの3つが挙げられます。

リスティング広告では、費用を支払いさえすれば、すぐに検索結果の上位にWebサイトやコンテンツを表示させることが可能です。従って、SEOのように中長期的な施策を講じる必要がなく、即効性が非常に高いと言えるでしょう。

さらに、狙うキーワードごとに「年齢・性別」などのセグメントを切れるため、自社商品を購買する意欲が高いユーザーをターゲットにすることが可能です。

SEOの概要

Webサイトなどのオウンドメディアを活用して、SEOでWeb集客する会社が近年増加しています。ここでは、SEOの基礎知識や特徴について解説します。

SEOとは?

SEOとは、会社のホームページをGoogleから高く評価してもらうように最適化し、検索エンジンからの集客数を増やすことです。Webからの王道の集客方法とも言える施策であり、一般的には「検索エンジン最適化」のことをSEOと呼んでいます。

近年では、スマホやタブレットなどの普及に伴い、Web集客への需要が向上しています。チラシや新聞などのマス広告に投資をしても、思うような効果が得られず、オンラインでの広告に切り替えている企業が増えているためです。

2019年には、インターネット広告費がテレビ広告費を抜いたというデータも出ている以上、今後もWeb集客が主流になることが予想され、SEO対策に力を入れている企業も増加傾向にあります。

SEOの特徴

SEOには、「無料で一定期間のWeb集客が可能」「効果が出るまでに時間がかかる」という2つの特徴があります。

SEO対策では、どれだけ力を入れて記事を制作したとしても、公開してから上位表示されるまでには、3ヶ月〜6ヶ月程度の時間を要します。従って、SEO対策は短期的に取り組むものではなく、中長期的に力を入れ続けることが必要です。

しかし、上位表示までには時間を要するものの、一度上位表示させることができれば、その後は一定期間上位表示させ続けられる傾向にあります。

初動は辛いものの、根気よく取り組むことで、中長期的にWeb集客が可能になることがSEO対策の特徴だと理解しておきましょう。

SEOとリスティング広告の違いについて

SEOとリスティング広告の違いは、主に下記の4つが挙げられます。

  • 即効性
  • クリック率
  • コントロールのしやすさ
  • 費用

それぞれの違いについてご説明します。

即効性

まず、SEOでは上位表示されるまでに3ヶ月以上必要になることが一般的ですが、リスティング広告は即効性が非常に高いです。

リスティング広告は費用がその分かかってしまうものの、SEOには期待ができない「スピード感」に期待ができる他、リスティング広告経由での「売上」にも期待ができます。

Webサイトを立ち上げたばかりの頃は、リスティング広告で売上の見通しを立て、その売上をSEO対策の費用へと転換していく形が望ましいかもしれません。

クリック率

リスティング広告は、クリック率が低い傾向にあります。理由としては、リスティング広告では左上部分に「広告」と表示される特徴があり、ユーザーによっては広告を好まないケースもあるためです。

一方のSEOは、リスティング広告に比べるとクリック率が高くなる傾向にあります。SEO1位のコンテンツのクリック率は約20%と言われている一方で、リスティング広告は3%未満だと言われているケースが多いです。

コントロールのしやすさ

SEOでは、検索結果や順位をコントロールすることはできません。SEOはGoogleのアルゴリズムによって検索順位が変動するため、効果的に上位表示させるコツはあるものの、意図的に検索結果を操作することは困難であると言えます。

しかし、リスティング広告では、Googleのアルゴリズムに関係なく、特定のキーワードを指定して上位表示させることが可能です。また、「ユーザーの居住地」「年齢」などのセグメントを切れる他、常に予算に応じて広告の出稿量を調整できるため、SEOと比較してコントロールはしやすいと言えるでしょう。

費用

最後に、SEOとリスティング広告では費用面にも大きな違いが生まれます。仮にSEO対策を自社ですべて行う場合、必要になるのは、サーバー代・ドメイン代のみとなります。加えて、コンテンツを制作するための人件費は必要になるものの、文章執筆などは外部のライターに依頼することもできます。

従って、文章執筆費用を除けば、SEO対策に必要なのはサーバー代・ドメイン代のみとなるため、一般的には「年間10,000円〜15,000円」程度に抑えられます。

一方のリスティング広告は、企業によって予算は異なるものの、月額10万〜30万円以上は必要になると思っておいたほうが良いでしょう。リスティング広告は即効性が高いと言えど、効果的に流入するキーワードを見つける必要があるため、特に出稿を開始した直後は費用が大きくなる傾向にあります。

SEOとリスティングでは、特徴や費用がまったく異なるため、自社の予算やリソースを鑑みたうえで施策を検討すると良いでしょう。

リスティング広告のメリットとデメリット

先ほどまで、SEOとリスティング広告の特徴を解説してきました。ここからは、リスティング広告を運用する利点と欠点について解説します。

リスティング広告のメリット

リスティング広告を運用することで、下記3点のメリットを享受できます。

  • 早く集客することができる
  • ターゲットを狙うことが可能
  • コントロールしやすい

それぞれのメリットついてご説明します。

早く集客できる

まず、広告運用スタートと同時に集客できることがリスティング広告のメリットです。広告出稿の初期の段階からアクセスを集められる可能性が高いため、新サービスの認知度を高めたいシーンや、初期のWeb集客でとても役に立ちます。

ターゲットを狙える

リスティング広告では、集客したい特定のユーザーに絞り込むことが可能です。ユーザーが検索するキーワードを選定できるだけでなく、ユーザーが住んでいるエリア・年齢・性別など、セグメントを切った出稿が可能であるためです。

たとえば、地方の飲食店様など、全国的な集客を狙う必要がない場合では、特にリスティング広告のターゲティングが役立ちます。一部の地域のみに広告が出稿される設定にしておけば、費用を確実に抑えられるだけでなく、地域全体に向けてサービスの認知度を高められます。

コントロールしやすい

リスティング広告では、様々なものを意図的にコントロールできます。広告の表示回数やクリック数・成約率などのデータを確認し、都度状況に応じて軌道修正ができるためです。

たとえば、リスティング広告を運用する中で効果が高いキーワードを継続しつつ、反応が良くないキーワードの出稿をストップすることもできます。

広告の反応を確かめながら、常に最適なキーワードで広告を出向できるように心がけましょう。

リスティング広告のデメリット

次に、リスティング広告を運用する際のデメリットを2つ見ていきましょう。

  • 費用が高い
  • ユーザーからクリックされにくい
それぞれのデメリットについてご説明します。

費用が高い

リスティング広告では、クリックされる度に費用が発生します。月間の上限予算を設定することは可能であるものの、SEO対策と比較して大きな費用が必要になることは間違いありません。

そして、売上を見込める・大きなアクセスを集められる人気のキーワードを狙う場合は、CPCと呼ばれる1クリックあたりの金額も高くなる傾向にあります。

リスティング広告を開始するのであれば、毎月数十万円程度の費用が必要になることを前提に運用することをおすすめします。

ユーザーからクリックされにくい

リスティング広告では、検索結果に「広告」という表示が付いてしまう分、ユーザーからクリックされにくい傾向にあります。

クリックされなければ費用は発生しませんが、それでは広告を出稿している意味があまりないと考えられるため、やはり売上やアクセスを集められる広告を出稿することは非常に重要です。

従って、リスティング広告はクリック数が比較的少ないことを理解したうえで、出稿するキーワードを慎重に選びながら運用していきましょう。

SEOのメリットとデメリット

SEOのメリットとデメリット

ここからは、SEOでWeb集客する利点と欠点について解説します。

SEOのメリット

SEOのメリットは下記3つになります。

  • 無料で集客できる
  • 中長期的に集客可能
  • ブランディング効果がある

それぞれについてご説明します。

費用がかからない

SEO対策では、上位表示させるための施策に費用はかかりません。また、コンテンツは一度制作してしまえば、半永久的に公開され続けます。従って、リスティング広告のようにずっと施策を講じ続ける必要がないため、その分のリソースを別の事業や広告運用に回せるメリットもあります。

中長期的にWeb集客できる

SEO対策が成功すれば、中長期的にWeb集客が可能です。アルゴリズムアップデートなどの影響にもよりますが、一度上位表示させることができれば、安定的に上位表示され続けることに期待ができます。

また、近年のSEO対策では、Googleのアルゴリズムが企業サイトを優遇している傾向にあります。従って、SEO対策に本格的に取り組もうと考えている方や、既にSEO対策を開始されている方であれば、これからも力強い追い風が吹いていくことが予想されます。

ブランディング効果がある

検索エンジンで上位表示できると、自社商品・サービスの知名度向上を図ることができるため、ブランディング効果にも期待ができます。また、ブランディングが高まることで、自社商品の信頼性や権威性も徐々に向上していきます。

そして、高品質コンテンツ 公式ガイドラインでも解説されているように、Googleは「E-A-T」と呼ばれる指標を重要視しています。

EATとは、専門性・権威性・信頼性の3つを指します。ブランディング効果があることで、これらのEATが高まり、Googleから好まれる信頼性のあるWebサイトを作り上げることが可能です。

SEOのデメリット

次に、SEOのデメリットを見ていきましょう。

  • 上位表示までに時間を要する
  • 緻密なサイト設計をしないと上位表示されない
  • コントロールが難しい

それぞれのデメリットについてを解説します。

上位表示されるまで時間がかかる

SEOでは、上位表示されるまでに時間を要します。基本的には、3ヶ月〜6ヶ月程度の時間を要すると思っていたほうが良いでしょう。

また、SEO対策では狙うキーワードや競合の強さによって、上位表示されるまでの時間も異なります。一般的に「ビッグワード」と呼ばれる大きな売上を期待できるキーワードでは、1年以上の時間を要することもあるため、やはり中長期的に取り組む姿勢が重要です。

緻密なサイト設計をしないと上位表示されない

SEO対策では、リンク構造などが緻密に考えられたWebサイトを作り上げなければ、上位表示させることは難しいと言えるでしょう。

具体的には、Googleの検索ロボットである「クローラー」が巡回しやすいサイト設計や、ユーザーが使いやすいサイト内容になっていることを意識することが大切です。

つまり、トップページから2クリック以内で必要な情報に辿り着けるなど、分かりやすい階層構造のサイトにしておくと良いでしょう。

コントロールしにくい

SEOは、非常にコントロールがしにくい集客手段と言えます。Googleのアルゴリズムが定期的にアップデートされるため、それに伴い、検索結果の順位変動が起きるためです。2020年では、約3ヶ月〜6ヶ月に1度のペースでGoogleのアップデートが実施される結果となりました。

しかし、コントロールがしにくいことは事実ではあるものの、ユーザーと検索エンジンの双方に好まれる施策も存在します。それが「コンテンツSEO」と呼ばれるものです。

コンテンツSEOとは、常にユーザーファーストで物事を考え、ユーザーのためになる良質なコンテンツを制作することを指します。

制作側の自己満足で終わってしまうようなコンテンツは公開しないことを念頭に、常にユーザーファーストで運営していくことを心がけましょう。

SEOとリスティング広告を使い分ける方法

SEOとリスティング広告を使い分けることができれば、効果的にWeb集客することが可能です。また、両者をうまく使い分けることができれば、コストを抑えられることにも繋がります。

短期ですぐに集客したい場合はリスティング広告

短期間ですぐにWeb集客をしたい場合は、リスティング広告を使用すると良いでしょう。リスティング広告では費用はかかるものの、自社の見込み客を短期間で集客し、売上に繋げることが可能です。

なお、リスティング広告では、スモールスタートにて運用を始めましょう。まずは少額で運用を始め、アクセス解析などを踏まえたうえで「注力しても大丈夫」だと判断した段階で、徐々に予算を増やしていく方法が効果的です。

中期的に無料でWeb集客したい場合はSEO

中長期的に無料でWeb集客したい場合は、SEOを活用すると良いでしょう。費用をかけずに集客可能となるため、これまでに使用していた広告費を削減できます。

Googleで上位表示されるためには、3ヶ月〜6ヶ月以上の期間が必要となります。また、SEO対策に初めて取り組まれる方であれば、深い知見がないことから、より多くの時間を費やしてしまう危険性も考えられます。

そういった遠回りを防ぐためにも、実績のあるSEO対策会社に依頼をしてみても良いかもしれません。

できればSEOとリスティング広告を両立すべき

資金や労力に余裕がある場合は、SEOとリスティング広告を両立すると良いでしょう。SEOとリスティング広告を併用することで、短期間で集客しつつ、今後の集客媒体を育てることが可能になります。

そして、SEOで集客が可能になれば、これまでの広告費用を抑えることも可能です。

まとめ:SEO対策とリスティング広告を効果的に使い分けましょう

SEO対策とリスティング広告を効果的に使い分けましょう

Web集客をするためには、SEOとリスティング広告を使い分けることが必要です。これら両者についての理解を深め、適切に運用することができれば、費用対効果の高い集客が可能になるでしょう。

しかし、実際にSEO対策などに取り組もうと考えても、何から初めて良いのかわからないといった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。弊社では、多角的な観点からSEO対策の改善点を診断する「SEO診断サービス」をご用意しています。SEOから着手すべきかどうか把握するためも、まずは、下記のページから無料で資料をダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

SEO診断の詳しい内容はこちら

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

当社でご提供しているサービスの資料ダウンロードはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

SEO診断の資料はこちら WEBサイト高速化の資料はこちら

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。