アダムテクノロジーズ運営チーム

文字数とSEOは関係あり?検索順位への影響を詳しく解説

SEO診断

文字数とSEOは関係あり?検索順位への影響を詳しく解説のサムネイル

多くのコンテンツや記事設計を考えてSEO対策をしていても、なかなか検索順位や売上が伸びないとき、コンテンツの文字数に原因があるのではないかと考える方も多いのではないでしょうか。実際、文字数とSEOの関係性は専門家の間でも意見が分かれる部分ではあるものの、SEO対策において「文字数が密接に関係している」ことは間違いありません

そこでこの記事では、文字数がSEOに与える影響と、文字数を考慮して検索意図を満たしたコンテンツを作る方法を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

SEOと文字数は関係あり?

結論から申し上げると、文字数はSEOに直接的な効果を与えません。なぜなら、検索エンジンに文字数でコンテンツの質を判断するアルゴリズムがないためです。そのため、文字数が500文字であろうと、50,000文字であろうと、それだけでコンテンツに優劣は付けられないということです。

しかし、文字数が多いコンテンツのほうが、検索エンジンに評価されやすい傾向にあります。それは、ユーザーの検索意図を満たすためには、必然的に多くの文字数が必要になるためです。網羅的な内容にすることによって検索意図を満たすことができ、検索エンジンからも良質なコンテンツと判断される可能性が高くなるため、結果的に文字数が多い(網羅的な内容)のコンテンツが上位表示できるということです。

文字数は間接的にSEOに影響する

上述した内容と若干重複する部分はありますが、文字数はSEOに直接的に影響を与えるわけではなく、間接的に影響を与えます。ユーザーの検索意図を満たすためには、キーワードと関連性の高い情報を網羅する必要があります。

つまり、SEOにおいて文字数が多いことが正解なのではなく、あくまでユーザーの検索意図を満たせるだけの文字数でコンテンツを作ることが正解になります。よりユーザーの悩みを解決できる包括的なコンテンツを作成することで、結果的に上位表示できる可能性も高まるでしょう。

「ユニーク単語数」とは?

上記でも解説したように、文字数はSEOに間接的に影響を与えます。また、より網羅的なコンテンツを作ることで、結果的に検索エンジンで上位表示できる可能性が高まります。しかし、網羅的なコンテンツとは、具体的にどのようなものを指すのでしょうか。

その答えの1つとなるのが「ユニーク単語数」です。ユニーク単語数とは、コンテンツの中に出てくる「単語の数」を表す言葉であり、網羅的なコンテンツを作るためには欠かせない要素となっています。

たとえば、1つのコンテンツの中に「SEO」という単語が50個出てきたとしても、ユニーク単語数は1個としてカウントされます。つまり、ユニーク単語数は、コンテンツの中に出てくる有効な言葉の数として認識しておけば良いでしょう。

そして、コンテンツの中に使用するユニーク単語の選別はどうすれば良いかという話ですが、結論、下記3つのキーワードを使用すれば問題ありません。

  • 関連キーワード:検索キーワードに関連するキーワード
  • サジェストキーワード:ユーザーの検索候補
  • 共起語:コンテンツの中で、キーワードと一緒に使われることが多い単語

これら3つのキーワードを、タイトルや見出し、本文で使用することで、検索エンジンから網羅的なコンテンツと判断される可能性が高くなります。

メタ情報の文字数は何文字が最適?

ここまで、コンテンツの文字数とSEOの関係性について解説をしてきました。しかし、SEOからの流入を狙うのであれば、タイトルやメタディスクリプションなどの「メタ情報」の文字数を最適化することも重要です。

ここでは、それぞれの最適な文字数について見ていきましょう。

タイトルの文字数

まず、タイトルは「コンテンツをクリックするかどうか」をユーザーが判断する重要な要素であるため、最適な文字数で作成することが重要です。タイトルは、スマートフォンやPCによって表示される文字数が異なりますが、最大で35文字、できる限り32文字程度におさめることが望ましいです。

また、タイトルを付ける際は、キーワードを詰め込みすぎないことも重要です。必ず、1つのコンテンツでは1キーワードのみしか狙わないことを徹底し、なるべく左詰めで含めるようにしましょう。

メタディスクリプションの文字数

メタディスクリプションとは、SERPs(検索結果)でタイトルの下に表示される、記事の説明文のことです。検索結果に表示されるメタディスクリションは120文字前後であるため、その文字数に合わせて作成すると良いでしょう。

また、スマートフォンの場合は表示される文字数が100文字前後に減ってしまうため、なるべくメタディスクリプションの前半に、クリックさせるための文言や魅力的な文章を含めておくことが重要です。

文字数を考慮して検索意図を満たしたコンテンツを作る方法

ここまで、文字数は間接的にSEOに影響を与えることや、メタタグの最適な文字数などについて解説をしてきました。ここからは、文字数を考慮しながら、検索意図を満たしたコンテンツを作る方法をご説明します。

  • キーワードからユーザーの検索背景を考える
  • キーワードから外れそうなら内部リンクを繋ぐ
  • 専門知識を噛み砕いて伝える

上記3つのポイントを順番に見ていきましょう。

キーワードからユーザーの検索背景を考える

まずは、キーワードからユーザーの検索背景を考えることが重要です。キーワードからユーザーの悩みを考慮し、仮説を立て、実際にそのキーワードで上位表示されているコンテンツの内容を確認します。確認後、仮説にずれがあれば修正し、検索背景に沿ったコンテンツを作成できる準備を進めていきます。

その際、上述したように、関連キーワード・サジェストキーワード・共起語の3つを同時に調査し、ユニーク単語数を担保できる設計にすることも大切です。ユニーク単語数が多いほどより網羅的なコンテンツと判断されるため、上位表示できる可能性も高まるでしょう。

しかし、このときの注意点は、ユニーク単語数や情報量を意識するあまり、ユーザーが必要としていない情報まで盛り込んでしまうことです。それらを盛り込んでしまうと、かえって検索エンジンから「検索意図を満たしていないコンテンツ」とみたされ、上位表示できない可能性が高まってしまうため、必ず必要な情報のみをコンテンツに加えることを意識しましょう。

文字数が多すぎるようであれば内部リンクを繋ぐ

2つ目のポイントは、適切に内部リンクを繋ぐことです。検索意図を満たせる網羅的なコンテンツを作成しようとすると、必然的に文字数が多くなります。これには、ユーザーの満足度が高まりやすくなるメリットがあるのですが、逆に「離脱率が高まってしまう」というデメリットも存在します。

そのため、コンテンツ全体を通して文字数が多くなりすぎてしまう場合には、適所で内部リンクを繋げましょう。1コンテンツあたりの文字数が少なくなってしまっても、検索エンジンは適切に張り巡らされた内部リンクは評価する傾向にありますので、その1コンテンツの評価が下がってしまう危険性はありません。

専門知識を噛み砕いて伝える

最後のポイントは、専門知識を噛み砕いて伝えることです。これは、ユーザーの満足度を高めるために重要なポイントになります。たとえば、SEO対策に今まで一度も携わったことがない方に上級者向けの解説をしたとしても、当然ながらユーザーの満足度が高まることはありません。

しかし、専門知識を噛み砕いて伝えることで、ユーザーが自分ごとのように内容を捉えることが可能になります。網羅的なコンテンツを作ったとしても、ユーザーが理解できなければ意味をなさないため、専門知識を噛み砕いて伝えることを意識してみましょう。

文字数をカウントするおすすめツール

最後に、文字数をカウントできるおすすめのツールを紹介します。それは、Google Chromeの拡張機能である「かんたん文字数カウント 」です。

かんたん文字数カウントを導入することで、自社のWebサイトの文字数はもちろん、競合サイトの文字数も1クリックで調べられるようになります。すでに上位表示されているコンテンツに負けない記事を作るためにも、こちらのツールを平均的な文字数を調査する際に役立ててみてください。

まとめ:適切な文字数で検索意図を満たしましょう

文字数とSEOの関係性や、検索意図を満たすコンテンツを作る方法を解説してきました。文字数はSEOに間接的に影響を与え、網羅的なコンテンツを作ることで、上位表示できる可能性が高まります。まずは、キーワードからユーザーの検索意図を読み解き、専門知識を噛み砕いて説明するコンテンツを作っていきましょう。

弊社では、対策希望キーワードや目標検索数に対して、WebサイトのSEO対策上の改善点を診断する「SEO診断サービス」をご提供しています。SEO診断後も、効果検証レポートと改善タスクの詳細を基に、最適な運用方法もご説明いたします。

まずは、下記のページからSEO診断サービスの概要資料をダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

SEO診断の詳しい内容はこちら

この記事の執筆者

田中雄太

twitterアイコン Facebookアイコン

アダムテクノロジーズ執行役員 SEOコンサルタント

株式会社アダムテクノロジーズ 執行役員。
ユーザーニーズと最も近いSEO対策で、あらゆるビジネスを加速させ、より良い社会の実現を目指す。
入社から5年間で100社以上のSEO対策に従事し、様々なジャンル・キーワードでの上位表示を実現。顧客目線での目標達成にコミットしたSEOコンサルティングが強み。

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

当社でご提供しているサービスの資料ダウンロードはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

SEO診断の資料はこちら WEBサイト高速化の資料はこちら

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。