田中 雄太

hタグの使い方とは

SEOナレッジ

hタグの使い方とはのサムネイル

コンテンツSEOを始めたばかりの人がまず始めに覚えるHTMLタグが、hタグなのではないでしょうか。単純で簡単そうに見えるタグですが、実は使い方を間違えてしまう人というのが続出するタグでもあるのです。しかしhタグはSEO的に非常に重要な役割を持っていて、間違えた使い方をしてしまうと非常にもったいない事態になってしまいます。ここではそんなhタグの使い方について、いま一度詳しくご説明したいと思います。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

hタグとは

hタグとは、見出しタグとも呼ばれ、ユーザー及び検索エンジンに対してコンテンツの構成を正確に伝えるためのタグです。 h1からh6までの6段階に分けられ、数字が小さいほど重要度が高くなっています。 hタグが付されたテキストは通常、その他のテキストに比べて大きなサイズだったり装飾が施されたりします。そのため、その見出しの下にくる文章の内容が簡潔に示され、ユーザーや検索エンジンの理解を助けるという役割を持っています。 例えばこのページの最初にある「hタグの使い方とは」という大見出しにはh1タグを使っており、さらにこの章の冒頭にある「hタグとは」という中見出しにはh2タグを使っています。通常のテキストとはサイズやデザインが違い、h1とh2とでも違っているのが分かると思います。ちなみに次の章の中の「ユーザビリティへの効果について」と「SEO的効果について」という小見出しにはh3を使っているので、そちらも見比べていただけるとより分かりやすいかと思います。 hタグが重要だと言われる理由として、
  • ユーザビリティへの効果
  • SEO的効果
という2つの要因が挙げられます。ここからそれらの効果について詳しく説明していきます。

hタグがもたらす効果

hタグを使うことには、ユーザビリティとSEOに対してそれぞれ効果があるとお話ししました。 では一体どのような効果があるのか、ここで見ていきましょう。

ユーザビリティへの効果について

hタグが明らかな効果をもたらすのは、ユーザビリティに対してです。コンテンツの章構造を視覚的に分かりやすく示し、伝えることができるのです。 例えばhタグによる見出しをつけずにコンテンツを構成すると、長い文章に区切りがなく、途中で話題が変わっていてもパッと見では分かりません。その文章が何と何と何の話をしているのか、読み終わって見ないと明らかにならないのです。 しかしそこに、話題ごとにhタグで見出しを入れることによって、どこからどこまでが何の話題なのかということを一目瞭然にすることができます。「この範囲ではコレとコレとコレの話をしているな」とすぐに分かるので、必要な情報かどうかの判断がすぐにできますよね。 情報の取捨選択が必要なネットユーザーにとって、これは非常に勝手の良い状態かと思います。 また、h1、h2、h3……と様々な数字のhタグを使い分けることによって、大見出し、中見出し、小見出しといったようにコンテンツの階層構造もユーザーに示すことができます。

SEO的効果について

hタグはユーザビリティに対して大きな効果をもたらしますが、SEO的な効果もおおいに期待できます。 hタグがあることによって、検索エンジンのクローラーもユーザーと同じように、コンテンツの章構造や階層構造を読み取り解析することができるようになります。結果として、そのコンテンツはより適切な形で検索エンジンにインデックスされるのです。

hタグの基本的な使い方

記述方法としては単純で、「見出し文」(nは1〜6までのいずれか)という要領で表記します。 基本的にh1は1ページにひとつだけ使い、h2以降は回数の制限はありません。HTML5ではh1の回数も制限されていませんが、検索エンジンの判断を妨げる可能性も考えられるため、今のところh1の多用はあまりおすすめできません。 Hタグの使い方のポイントとして、数字はただ見出しの内容の重要度を表すだけではなく、階層を構成する上での番号になっているということを忘れてはいけません。h1の中にh2が入り、h2の中にh3が入る、といった様に、正しい階層を構成することが鉄則です。 ここを理解できていない人というのが意外に多く、初心者が陥りやすい部分になっています。

h1〜h6の使い分け

まず手始めに見出しの規模として、h1が大見出し、h2が中見出しという意識を持ちましょう。 h1はそのページの大見出しであり、ページ全体の内容を表すもの、及びキーワードを含んでいることが望ましいです。 h2はページの内容を大まかに章分けしたもので、とりあえずh2で分けられていれば、際立って読みづらいコンテンツになることはないかと思われます。 逆に言うと、テキストコンテンツを作成する場合には少なくともh1、h2は用いる必要があるでしょう。 h3以降は小見出しというイメージで、h2の中でさらに分けたい時にはh3、h3の中で分けたい時にはh4という様に数字を使い分けていくと間違いはないです。

まとめ

hタグは単純で簡単そうなイメージでありながら、意外にも使い方を間違えてしまいやすいポイントがいくつかあります。 ユーザビリティやSEOに効果を持つタグであるだけに、使い方においてケアレスミスをしてしまっては非常にもったいないですね。 hタグをマスターして、SEOに強くよりよいコンテンツを作成しましょう。

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

当社でご提供しているサービスの資料ダウンロードはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

SEO診断の資料はこちら WEBサイト高速化の資料はこちら

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。