田中 雄太

SEOライティングの基礎12選【これだけマスターすればOK】

SEOナレッジ

SEOライティングの基礎12選【これだけマスターすればOK】のサムネイル

SEOでコンテンツを上位表示させるためには、SEOライティングの基礎を理解することが欠かせません。SEOライティングでは、ユーザーニーズを満たしつつ、検索エンジンが読み取りやすいよう構成することが大切です。

しかし、どのようにライティングすれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。この記事では、SEOライティングとは何か・SEOライティングを行う上での確認事項や基礎知識について解説をします。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

SEOライティングとは

そもそも、SEOとは「検索エンジン最適化」の略称で、検索エンジンに上位表示させるための技術や考え方のことです。SEOライティングでは、この考えに基づきライティングを行います。

Googleでは、Googleが掲げる10の事実という考え方を重要視しています。Googleが掲げる10の事実の記事を要約すると、SEOで最も大切なことは「ユーザーの満足度を最大化すること」だと考えられます。

この考えに基づき、Googleでは検索アルゴリズムのアップデートが頻繁に行われています。つまり、ユーザーニーズを満たすことなく、ユーザーが有益性を感じられない記事はアップデートの対象に十分なり得ます。

同時に、検索エンジンにわかりやすい文章構成であることも大切です。作成されているコンテンツは、クローラーと呼ばれるロボットが周回し、コンテンツの文章を「機械的に評価」しています。

ユーザーのニーズを意識しつつ、Googleの機械にも分かりやすい文章構成を心がけてライティングをすることが、SEOライティングの基本的な考え方です。

SEOライティングを行う前に確認するべき4つの重要事項

SEOライティングを行う前に確認するべき4つの重要事項

SEOライティングを行う前に、確認しておくべき重要事項が4つあります。重要事項を理解していなければ、ユーザーニーズを満たした記事を作成することは困難であり、記事が上位表示される可能性も低くなるでしょう。

SEOライティングを行う前に、確認しておくべき重要事項は下記のとおりです。

  • 明確なペルソナ設定
  • ペルソナの悩みを分析すること
  • 記事のゴール設計
  • 構成作成が大切

これらを順番にご説明します。

明確なペルソナを設定すること

ペルソナとは、マーケティング用語の一つで、SEOライティング上では「想定読者」のことを表します。ペルソナを設定する必要があるのは、必要な情報を対象の読者に適切に伝えるためです。

女性の肌のケア方法を調べる場合でも、20代の女性と50代の女性では、肌の状態が異なるため、求めている情報も商品も変わります。ユーザーは自分にとって関係がないと判断すると、すぐに別の記事へ遷移してしまいます。

ペルソナ設計をする上では、特に「具体性」が大切です。年齢・性別・職業・知識レベルまで設定すれば十分だと言えるでしょう。

適切なペルソナを設定して、初めてニーズを踏まえた「訴求力が高い記事作成が可能」です。SEO上の評価に良い影響を与えるだけではなく、ユーザーの満足度や売り上げにも影響を与えます

内部リンク ペルソナ設定

ペルソナの悩みを読み解く

設定しているペルソナによって、抱えている悩みは異なるため、ペルソナの悩みを細かく分析します。悩み分析の精度を上げるためには、上述した具体性が大切です。

「30代 女性 乾燥肌」と検索するユーザーがいた場合、下記のような人物像が想像できます。

  • 31歳女性
  • 普段はOL
  • 乾燥肌で周りからの目が気になっている
  • 知識レベルはなく、安価で質の高い商品を探している

上記のユーザーが「30代 女性 乾燥肌」と検索するのは、これまで肌を気にしていなかったが、年齢を重ねるごとに肌の乾燥が目立ち始め、その症状を改善したいと思い始めたのではないかと考えられます。

このように、ペルソナ設定に明確な正解はないものの、具体性の高いユーザー像をイメージすることで、どのような文章を書けば良いのかがわかるようになります。

記事のゴールを設計する

ペルソナの悩み分析が完了したら、どのような文章を書けば悩みが解決するのか、記事を読んだ結果どのような行動を取って欲しいのかを設計しましょう。

上記の例で考えると、「乾燥肌の原因やスキンケアの基本的な知識を知り、自分に適切な商品の購入ができる」というのが、ゴールの例として考えられます。

記事の骨格(構成)を作成する

記事のゴールを設定できたら、ペルソナがそのゴールに自然と辿り着けるような記事の骨格(構成)を考えましょう。必要な情報としては、下記などが考えられます。

  • 30代女性の乾燥肌事情
  • 乾燥肌の原因
  • 乾燥肌の人・乾燥肌でない人の違い
  • 乾燥肌に合わせたスキンケアの知識
  • おすすめの商品(20代のため、価格が安くコスパがよいもの)
  • 商品を使用しているユーザーの口コミ
  • 正しいスキンケアの手順

ペルソナや悩みの分析、ゴールの設計ができていれば、骨格作成はスムーズにできるでしょう。

SEOライティングの基礎知識12選

SEOライティングでは、ユーザーのニーズに答えつつ、クローラーと呼ばれる機械が理解できる構造に整理することが大切です。

ここでは、クローラーが読み取りやすいSEOライティングの基礎知識を12個ご紹介します。

タイトルにはキーワードを左寄せで含める

キーワードは左寄せにしておくと、ユーザーにもクローラーにも読み取りやすくなります。タイトルはPCとスマホで表示される文字数が変わりますが、30から35文字前後に抑えておくと、タイトル全体が表示される傾向にあります。

また、タイトルは自然な日本語になっており、ペルソナが「クリックしたい」と思える設定になっていることが大切です。

わかりやすいパーマリンク(URL)を設定する

パーマリンクとは、記事のURLのことです。パーマリンクを気にするユーザーは少ないですが、わかりやすいパーマリンクに設定されていると、クローラーが記事の内容を理解しやすくなります。たとえば、パーマリンクに「SEO」という言葉が含まれている場合、クローラーは「SEOについて書かれている記事」だと理解できるということです。

わかりやすいパーマリンクの設定をするポイントは、アルファベットにすること・できるだけ短くすること・記事で狙うキーワードを入れることです。

特に、記事のURLを日本語に設定してしまうと、ユーザーもクローラーも読み取れない文字列として表示されてしまうため、注意が必要です。

タイトル・ディスクリプション・リード文にキーワードを含める

タイトル・ディスクリプション・リード文それぞれに、記事で狙うキーワードを含めるようにしましょう。ディスクリプションとは、Googleの検索結果の記事タイトル下に表示される文章のことで、リード文は記事の最初に書く「導入分」のことを指します。

上記それぞれにキーワードを含めることで、どのような内容の記事であるかを、ユーザーもクローラーも理解できるようになります。

見出しの階層構造を正しく設定する

見出しのタグをきちんとした階層にしておくと、クローラーが巡回しやすくなります。タイトルは

<h1>
大見出しを
<h2>
中見出しを
<h3>
と定めそれぞれが規則を守って配置されていることが大切です。

具体的な規則としては、見出しは数字の順番に使い、数字を飛ばさないようにすることを意識しましょう。<h2>の次の見出しに<h4>を使用することはNGだとされています。

見出しにもキーワードを含める

見出しにも、記事で狙うキーワードを含めるようにしましょう。「h2」は記事の中でも特にSEOにおいて重要な部分のため、優先的にキーワードを含めた構成を作成しましょう。

ただし、自然な日本語になる範囲で盛り込むことが大切です。あまりにもキーワードが多すぎる場合や、日本語が不自然な場合は、SEO評価が下がる可能性も考えられます。

関連キーワードを網羅する

関連キーワードとは、記事で狙うキーワードと関係性が高いキーワードのことです。関連するキーワードは、検索需要と関連しているため、網羅しておくと検索エンジンからの評価が高くなります。

関連キーワードを探すことができるツールの例としては、Googleサジェストキーワード一括ダウンロードツールが挙げられます。調査したいキーワードを検索窓に入力するだけで、関連キーワードを瞬時に調査できます。

また、下記の記事では目的別に役立つキーワードツールを11個厳選して紹介しているため、SEOで高い評価を獲得するためにも、本記事と併せてご覧ください。

内部リンク キーワード ツール

共起語を網羅する

共起語とは、特定のキーワードと一緒に使われることが多い言葉です。共起語を多く含めることで、表現の幅が広がり、分かりやすい文章となります。

「スキンケア」で考えた場合、「メイク」「石鹸」「肌トラブル」「化粧品」などが共起語の例として挙げられます。

Googleの検索エンジンは専門性を重視する傾向にあり、使用されている共起語数が増えることで、専門性の高い文章とみなされやすくなるのです。

ただし、共起語を盛り込むために不自然な日本語にする、表現がわかりにくくなってしまうことは避けましょう。ここで紹介するテクニックも大切ですが、ユーザーに役立つ情報を提供するということを念頭に置いて記事を制作しましょう。

代名詞はキーワードに置き換える

検索エンジンは、代名詞が何を指しているかを理解できません。そのため、代名詞を使うのは避けて表現することが大切です。

代名詞とは、「この」「その」「あの」「どの」などが挙げられます。代名詞を、キーワードもしくは関連キーワード・共起語に置き換えることで、圧倒的にわかりやすく読みやすい記事を制作できます。

キーワードの近隣性を意識する

次に、キーワードの近隣性を意識することが大切です。キーワードの近隣性とは、「狙うキーワードの距離」のことを指します。

たとえば、「SEOライティング」というキーワードを狙うと仮定します。この場合、「SEOで上位表示させるためには、ライティングが最重要です」と表現するよりも、「SEOライティングこそが、上位表示に最重要です」と表現するほうが、SEOとライティングというキーワードの距離が近くなります。

Googleのクローラーは、一文の中で距離が離れている文章を「関連性が低い」と判断するため、キーワードの近隣性を意識することで、より狙っているキーワードをクローラーに認識させられます。

画像には「altタグ」を設定する

「altタグ」とは、画像の内容を、テキストで説明するタグのことです。クローラーは、altタグがない画像の内容を判断することはできませんが、「altタグ」があることで、どのような画像であるかを判断できるようになります。

また、画像が表示されないブラウザや読み上げ機能を使った場合では、altタグに設定されている文章が表示されるため、読者が内容を把握できるというメリットもあります。読者の目には見えにくい部分ですが、忘れずに設定しておくことが大切です。

最低限のマークアップを行う

Googleのクローラーは、文章の役割を把握する能力が高くありません。HTMLを使ってマークアップすることで、文章の役割や重要性を把握しやすくなります。

上記で紹介した、見出しの設定・箇条書き・リンクの設定・引用・表の設定などをHTMLで記述すると、クローラーがスムーズに内容を把握できます。

キーワードをゆらして共起語を網羅する

キーワードをゆらすとは、同じ意味ではあるが表現が変わる言葉を指します。たとえば、「りんご」と「Apple」はどちらも同じ果物ではありますが、表現方法は異なります。これらのゆらしたキーワードを、あえて記事の中で両方使用することで、りんご・Appleのどちらで検索された場合でも、上位表示できる可能性が高まります。

また、揺らしたキーワードの中には競合が少ない場合もあり、効率的に上位表示ができる期待が持てます。

SEOライティングと文字数の関係性

SEOライティングを意識する場合、どのくらいの文字数が必要になるかわからない方も多いのではないでしょうか。具体的に何文字が良いというわけではありませんが、ユーザーニーズを満たせているかが大切です。

ユーザーのニーズを満たしていれば、文字数に関係なく評価されます。逆に文字数が多くてもユーザーのニーズを満たしていなければ、評価はされません。つまり、ユーザーニーズを満たしていれば、文字数に関係なく上位表示されるということです。

ユーザーニーズを満たせば文字数は「100文字」でもOK

極端ではありますが、ユーザーのニーズを満たしていれば「100文字」でも上位表示される可能性はあります。こちらの情報は、Googleの社員である「ジョン・ミューラー氏」が公式に明言しています。

ただし、実際に100文字のページが上位表示されているかというと、そうではありません。ユーザーにとって必要な情報を網羅し、ニーズを満たすためには、やはり1,000〜2,000文字など、ある程度の文字数は必要になることがわかります。

「文字数が多い=網羅性がある」ではなく、網羅性を高めるための、最適な文字数を意識して記事を制作しましょう。

コンテンツ量が多くなる場合は内部リンクにて対応

ユーザーニーズを満たそうとする結果、どうしても文字数が多くなってしまうこともあります。しかし、あまりに文字数が多すぎると、読者が離脱してしまう可能性が高まります。

こういった場合は、内部リンクを活用するのがおすすめです。内部リンクとは、同じサイトの中の別の記事にリンクを貼ることです。内部リンクを貼ることで、ユーザーの回遊性が高まり、滞在時間が長くなる効果があります。その結果、SEO上の効果も期待できるでしょう。

また、内部リンクを貼るときは、アンカーテキストを適切に設定してください。アンカーテキストとは、リンクを含むテキストのことです。アンカーテキストで、リンク先のページの内容が分かるようにしましょう。

SEOライティングをマスターしましょう:まとめ

SEOライティングをマスターしましょう

SEOライティングで準備するべきことと、基礎知識について解説しました。SEOライティングでは、ユーザーニーズに答えることを大切にしつつ、クローラーが読み取りやすいよう配慮することが大切です。

言葉にするとシンプルではありますが、ユーザーニーズを満たしつつ、SEOに配慮した記事を作成することは簡単ではありません。従って、長期目線でSEOライティングを理解することを心がけ、多くの記事を制作する中でマスターしていきましょう。

弊社では「SEO診断サービス」を提供しており、SEO運用の方法をご提案いたします。効率的かつ無駄のないSEO対策を講じるためにも、下記から無料で資料をダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

【無料】資料ダウンロード&お申し込みはこちら

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

当社でご提供しているサービスの資料ダウンロードはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

SEO診断の資料はこちら WEBサイト高速化の資料はこちら

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。