田中 雄太

URL正規化とは

SEOナレッジ

URL正規化とはのサムネイル

SEOの内部対策をする上で欠かせない作業の一つに「URL正規化」があります。SEO上大きな意味を持つURL正規化ですが、気づいていなかったり対処法がわからなかったりなどして正規化できていないサイトというのが意外と多くあります。しかしちゃんと確認して対処しなければ非常にもったいないことでもあるのです。ここではURL正規化ついて、その理由や実例、対処法などをお話ししていきます。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

URL正規化とは

Webページでは場合によって、同一コンテンツのページがいくつかのURLに渡って存在してしまうというケースがあります。 そういった際に、オリジナルのページとして検索エンジンから評価されるべきURL、つまり「正規のURL」を検索エンジンが判断できるようにすることを「URL正規化」といいます。

URL正規化をする理由

URLが複数存在している場合、検索エンジンは「同じコンテンツが書かれた複数のページが存在している」と認識してしまうことがあります。言ってしまえば、コピー率が100%のページが存在してしまっていることになるのです。 コピーコンテンツの存在によるマイナスはSEO上非常に大きく、検索エンジンからの評価が著しく下がってしまう可能性があるため、URLの正規化はSEO対策をする上では必須の作業になるのです。 また検索エンジンがページを評価する際に、複数ある中のどのURLをオリジナルページとしていいか分からず、本来一つのURLが受けるべき評価が存在している複数のURLに分散されてしまうことがあります。さらに検索エンジンからの評価だけではなく、他サイトからのリンク効果が分散してしまう可能性も考えられます。 そういった意味でも、URL正規化は欠かせません。

正規化されていない例と対処法

URLの最後にindex.html

http://www.abcdefg.jp/ http://www.abcdefg.jp/index.html 「index.html」という、拡張子を含んだURLが存在する場合があります。この場合、どちらのURLにアクセスしても同じ内容のページが表示されてしまいます。

対処法

拡張子を含んでいる方のURLにアクセスした際に、元のURLに転送されるよう301リダイレクトをかけます。

www.の有無

http://www.abcdefg.jp/ http://abcdefg.jp/ 「www.」が含まれたURLと含まれていないURLがどちらも有効になってしまっている場合があります。どちらのURLでも正常に表示されます。

対処法

使わない方のURLに、使う方のURLに転送するよう301リダイレクトをかけます。

httpとhttps

http://www.abcdefg.jp/ https://www.abcdefg.jp/ 「http」と「https」のどちらのURLも存在してしまっていて、正常に表示される状態です。

対処法

セキュリティー面を考えると「https」を使うのが望ましいです。Googleでも「https」を推奨しています。 「https」に転送するよう、「http」の方に301リダイレクトをかけます。

閲覧する端末によって異なるURL

http://www.abcdefg.jp/ http://www.abcdefg.jp/sp/ http://www.abcdefg.jp/ http://www.gfedcba.jp/ 「/sp/」のようにスマートフォンでの閲覧用にURLを分けたり、同じ内容でもドメインを分けてスマートフォン用のページを用意したりしているサイトがあります。この場合も表示形態は違えど内容は同じであるため、URL正規化をすることが望ましいです

対処法

この場合には「301リダイレクト」を使うとスマートフォン用のページが表示されなくなってしまうため、「canonicalタグ」を用いて正規化します。 canonicalタグは、Googleに対して「この2つは同じ内容なので、こちらに評価を統一してください」と示すものです。スマートフォンページが表示される状態のまま、オリジナルページに評価を統一することができます。

まとめ

URLが複数存在している状態というのは調べてみなければ気づきにくい部分でもあるため、URL正規化が忘れられてしまいがちです。 しかしコピーコンテンツと判断されてのマイナスというのはSEO上非常にもったいなく残念なことです。 ぜひ今一度ご自身のサイトを調べてみて、URL正規化をしておきましょう。

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

当社でご提供しているサービスの資料ダウンロードはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

SEO診断の資料はこちら WEBサイト高速化の資料はこちら

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。