アダムテクノロジーズ運営チーム

FCP(First Contentful Paint)とは?低下の原因や測定方法と改善方法について解説

高速化

FCP(First Contentful Paint)とは?低下の原因や測定方法と改善方法について解説のサムネイル

2021年6月に実施されたページエクスペリエンスアップデートで、コアウェブバイタル(Core Web Vitals)が検索ランキング要因に組み込まれるなど、昨今のSEOにおいて、ページ表示速度の改善はより一層大切になってきました。

また、コアウェブバイタル以外にも、ページスピードに関連する指標は多数あり、その内の一つがFCPです。

本記事では、FCPとは「何を表しているのか・どう測定するのか・どう改善するのか」について詳しく解説していきます。

目次 プラスマーク 表示 プラスマーク 閉じる

FCP(First Contentful Paint)とは、ユーザーが URL をクリックしてから、サイトを表示させるための要素をレンダリングするまでの時間を指します。

FCPは秒数で表し、速度の分類については、0~1 秒未満の場合は「高速」、1以上~2.5 秒の場合は「平均」、2.5 秒以上の場合は「低速」とされています。

なお、似た言葉にLCPがありますが、LCP(Largest Contentful Paint)は、ユーザーがページ内にアクセスしてから、メインコンテンツを見ることができるようになるまでの時間を指します。

LCPについては下記の記事で解説しております。

LCP(Largest Contentful Paint)とは?低下の原因や測定方法と改善方法について解説

FCPの測定方法

GoogleはFCPを測定するツールを提供しています。それらについてみていきましょう。

Web Vitals

Google Chromeの拡張機能であるWeb Vitalsは、測定したいページをブラウザで表示すると右上に表示されます。

しかし、テスト環境におけるシュミレーションの結果を表示するデータであるため、本来のユーザーが取得したデータの結果と異なる数字が表示される可能性があるので注意が必要です。

PageSpeed Insights

PageSpeed Insights(https://developers-jp.googleblog.com/)にアクセスし、調査したいホームページのURLを入力して、分析をクリックします。

表示された数値結果から判定が可能です。

また、こちらもWeb Vitalsと同じで「テスト環境におけるシュミレーションの結果」のデータが表示されるため、注意が必要となります。

FCP低下の要因

FCPが低下する原因は下記の通りです。

  • ・サーバー応答時間が長い
  • ・不要な画像・容量の重い画像が配置されている
  • ・ファーストビューの表示に不要なファイルの読み込みが行われている
  • ・Webフォントの読み込み

FCPを改善するには

では、これらのCLSの原因を改善するには何を行えばいいのでしょうか?ここからその改善方法について紹介します。

【改善方法①】画像サイズを指定する

ブラウザは画像よりもデータの軽いテキストから読み込みを始め、同時に画像の読み込みを開始します。

このため、画像サイズがwidth要素とheight要素で指定されていないと、ブラウザが画像を表示する範囲を判断できなくり、レイアウトのズレに繋がります。

よって、サイズの指定がされていない画像が問題になる場合は、画像が読み込まれる前に画像の表示する範囲を予め確保することで解決できます。

なお、cssアスクペクト比率を使って画像が表示される前から予定する画像領域を確保することも有効です。

【改善方法②】広告表示領域を予約する

広告の表示範囲を指定することも、画像と同じで有効的です。

しかし、広告を最大サイズで予約をすると空白ができる可能性があります。その結果、ユーザーに違和感を与えることに繋がってしまいますので注意が必要です。

広告は、コンテンツに適した画像サイズを予約することが重要です。

【改善方法③】Webフォントの使用を最小限に抑える

Webフォントとは、あらかじめWebサーバー上に置かれているフォントデータです。インターネット上で配布されているフォントデータ自体を読み込んで利用します。

ユーザー側の閲覧環境に影響されず、サイトの製作者が意図したとおりのデザインで閲覧してもらえるというメリットがあります。

一方で、FOUT(Flash of Unstyled Text)やFOIT(Flash of Invisible Text)が生じる可能性があるといったデメリットも存在します。

FOUTとは、Webフォントがブラウザに読み込まれるまで代替フォントが表示される仕組みです。フォントが切り替わる際にレイアウトが崩れるため、CLSを低下させる要因となります。

また、FOITとは、Webフォントが読み込まれるまでテキストが表示されない現象のことを指します。こちらもCLSを低下させます。

これらの現象を防ぐためには、CSSプロパティやWebフォントのレンダリングの最適化を行うことが大切です。

【改善方法④】サーバー応答を改善する

現在使用しているレンタルサーバーより応答速度が速いレンタルサーバーに乗り換えることが、サーバーの応答を改善するのに最も効果的な方法です。

また、それ以外の方法としては以下の方法が効果的です。

  • ・ユーザーから地理的に近いCDNを活用する
  • ・サードパーティの接続時間を早める
  • ・キャッシュの活用

まとめ

今回は、ページスピードに関連する指標一つであるFCPについて解説してきました。

FCPはコンテンツの質が検索順位に影響することを踏まえると、1つずつ改善を加えていくのが望ましいでしょう。

低下した原因を一つ一つ改善することで、ユーザーにとってさらに使いやすいWebサイトとなり、結果検索順位が上昇することにも期待ができます。

また、うまくFCPを分析し、改善を加えるのが難しいと考えるご担当者様もいらっしゃるかと思います。

弊社では、コアウェブバイタルをはじめとしたWebサイトの表示スピードの改善点を診断する「WEBサイト表示診断サービス」をご用意しています。まずは、下記のページから無料で資料をダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

当社でご提供しているサービスの資料ダウンロードはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

SEO診断の資料はこちら WEBサイト高速化の資料はこちら

CONTACT

お問い合わせ

大規模サイトにおけるSEO対策上の問題点を解消し、
集客の最大化を実現する相談役として
ぜひお気軽にご連絡ください。
経験豊富な技術者がSEO診断を行います。