WEBサイトの表示スピード改善で
何をすれば良いかわからない人のための
外注サービス

WEBサイトの表示スピードが遅いことで生じるリスクとは?

検索順位の低下

表示スピードの遅いサイトは速いサイトに比べてSEOの評価がマイナスになります。

直帰率の増加

表示速度が1秒から3秒へ落ちると直帰率は32%上昇するという調査結果がGoogle から報告されています。

CV(お問い合わせや商品購入の行動)の減少

ページの表示速度が0.1秒遅くなると売り上げが1%低下するとAmazonから報告されています。

WEBサイト表示スピードを改善するためには下記を行うことが必要です

オフスクリーン画像の遅延読み込み
ファーストビュー等の重要なリソースをすべて読み込んだ後に、オフスクリーンの非表示の画像を遅れて読み込むことで、操作可能になるまでの時間を短縮します。
使用していない JavaScript の削除
使用していない 不要なJavaScript を削除するか、WordPressプラグインの数を減らすことによって、データ通信量を減らします。
レンダリングを妨げるCSS/Java Scriptのリソースを除外
ファーストビューのコンテンツで読み込んでいるJavaScriptやCSSをインラインでHTMLに記述する等を行うことで、レンダリングを妨げるリソースを除外し、高速化します。
JavaScriptの最小化
JavaScript ファイルのスクリプトを結合、軽量化、圧縮等を行なうことで、ペイロード サイズとスクリプトの解析時間を抑えることができます。
適切なサイズの画像
width/height属性を指定して、適切なサイズの画像を配信することで、モバイルデータ量を節約し読み込み時間を短縮します。
静的なアセットと効率的なキャッシュ ポリシーの配信
ブラウザキャッシュを活用して有効期間を長くすると、再訪問したユーザーへのページの読み込み速度を向上できます。

やることが専門的で細かくて
何が書いてあるかわからないですよね・・・?

そんな時は、
私たちに丸投げしてください!

アダムテクノロジーズは
WEBサイトの表示スピードを改善する技術者集団です

高速化を知り尽くしたWebエンジニア

フルスタックエンジニア

Webサイト表示スピード高速化は、フロントエンド(Webブラウザ側)とバックエンド(サーバーやデータベース)の両方が関わるため、両方の知見と経験を有するエンジニアが作業に当たります。

効果を最大限に引き出すSEO技術者

SEOコンサルタント

Webサイト表示スピード高速化とSEOは深い関係があります。高速化の効果を最大限に引き出し、SEOでの集客に繋げるため、ベテランのSEO技術者が高速化をディレクションします。

これらの技術者が
あなたのサイトの
表示スピード高速化を実現

します!

アダムテクノロジーズが
WEBサイト表示スピード高速化で選ばれる理由

選ばれる理由1

業界トップの高速化技術

選ばれる理由1:業界トップの高速化技術

選ばれる理由1

WEBサイトスピード高速化は、特に高い技術力と経験が必要な施策で、行えるのはごく一部の業者に限られます。当社では大手企業様を中心にWEBサイト高速化に取り組んできた専門のエンジニアが改善するため、ここに当社ならではのクオリティが発揮されます。

選ばれる理由2

最新Googleアルゴリズムにも対応

選ばれる理由2:最新Googleアルゴリズムにも対応

選ばれる理由2

2021年に実装予定の最新Googleアルゴリズム「コアウェブバイタル」にもしっかり対応します。SEOに準拠したコーディングルールで高速化作業を行い、自然検索流入の増加につなげます。

選ばれる理由3

ツールで検出できないサーバー側も最適化

選ばれる理由3:ツールで検出できないサーバー側も最適化

選ばれる理由3

Page Speed Insightsを始めとするGoogle公式ツールを使った通常の高速化作業では、サーバー側の改善タスクまではわかりません。弊社はサーバー側の高速化を熟知した技術者が揃っているので、レンタルサーバーや仮想サーバーの選定、移管作業まで対応できます。特にWordPressに関する高い知見があるため、高速化に最適なプラグインのご提案や、セキュリティ面も含めた安全で効率的な高速化を実現します。

以下のような方が、
実際にWEBサイト表示スピードの高速化の対策をしています。

  • チェックボックス大規模サイト(月間10万PV以上)の運営者様
  • チェックボックスEC通販サイトの運営者様
  • チェックボックスリニューアルを検討中の運営者様
  • チェックボックスSEOが売上に直結している企業様
  • チェックボックスアフィリエイトメディアの運営者様
  • チェックボックスPage Speed Insightsで平均50点以下のサイトの運営者様

WEBサイト表示スピード
高速化のフロー

01

お問い合わせ

サービスの詳しいご説明をさせて頂きます

02

打ち合わせ・NDA締結

高速化対象のページの指定、お使いのサーバーのスペックやCMSのバージョンなどを確認させていただきます。またNDA締結後、FTP情報、WordPressの管理画面情報、ディレクトリマップ等をご共有いただきます。

03

診断開始

高速化に必要な改善項目を全て検出します。診断期間は5営業日程度になります。

04

診断書および御見積のご提出

高速化するためのタスクのご説明を行い、その修正項目を作業した場合の御見積も提出します。

05

お申し込み

06

高速化作業

高速化作業に入ります。

07

作業終了/効果計測

高速化の結果をご報告します。

サービス料金

WEBサイト
表示スピード
高速化
15万円〜
工数目安 5営業日〜

※1ページから承っております。
※複数ページのご依頼の場合はボリュームディスカウントも行っておりますので詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Webサイトの状況など、すぐにご相談したい方は
お電話にてご連絡ください。

03-6262-5382

03-6262-5382

電話受付:月〜金 9:00〜19:00(祝日は除く)

お問い合わせ・資料請求はこちら

WEBサイト表示スピード高速化サービスの
お問い合わせ・資料請求はこちらのフォームから。

お名前必須

会社名

メールアドレス必須

電話番号必須

※送信の前に「個人情報取り扱いについて」
ご一読くださいませ