Website Speed Optimization

WEBサイト表示スピード高速化

月10社限定
無料診断

高速化の成功率
85%以上

料金最安
10万円〜

WEBサイト表示スピード
高速化の概要

WEBサイト表示スピード高速化サービスは、14年間Googleアルゴリズムを研究し培った弊社独自のSEO技術と、
Google Speed Insightsやコアウェブバイタル(LCP/FID/CLS)ツールを基に、
非常に細かいチェックを行って高速化施策を行います。

FCP、Lazy Load、ネットワークペイロード、クリティカルリクエストチェーン、キーリクエストのプリロードなど、
50項目の診断項目を調査し、ブラウザ側とサーバー側の両面から
現在のWEBサイトにおける表示スピードを阻害する課題を解決します。

コアウェブバイタル等、最新Googleアルゴリズムにも対応しています。

CLIENTS

導入実績企業

ノウハウや実績を評価していただき、多くの企業様にご導入いただております。

  • dents
  • dac
  • bleach
  • ayumi
  • jaic
  • jpmc
  • m3
  • mynavi
  • neo-career
  • nkc
  • oedo
  • something
  • yomiuri

表示スピードが遅くなる原因

表示スピードが遅くなる原因としては、フロントエンドとバックエンドで次のような要素があります。
表示スピードを高速化するには、下記の改善が必要です。

要因01

フロントエンド:ブラウザの
ファイルの読み込みが遅い

具体例

  • W3Cのアイコン不要なJavaScriptやCSSが多くある
  • 画像のアイコン画像ファイルが最適化されていない
  • 動画のアイコンYouTube等の第三者コードが多くある
  • コードのアイコンレンダリングを妨げるリソースがある
  • サイトのアイコンDOMサイズが大きい

など

要因02

バックエンド:サーバーの
レスポンスが遅い

具体例

  • PHPのアイコンPHPのバージョンが古い
  • サーバーのアイコンサーバーのメモリー容量が少ない
  • ローディング中のアイコンサーバーのキャッシュが設定されていない
  • 画像のアイコン画像の読み込みが設定されていない
  • WordPressのアイコン不要なプラグインやテーマがある

など

表示スピード高速化の方法

以下のような対策・最適化を行うことで、WEBサイトの表示スピードを高速化することができます。

表示スピード高速化作業の例

ファイルのイメージ

フロントエンド:
「画像ファイルが最適化されていない」

  • ①圧縮してファイル容量を減らし最適化する
  • ②img要素にwidth、height属性を設定する
  • ③WebP等の次世代フォーマットで配信する
画像のイメージ

バックエンド:
「画像の遅延読み込みが未設定」

  • ①img要素に「loading="lazy"」を記述する
  • ②遅延読み込みのプラグインを導入する
  • ③WordPress5.5にバージョンアップする

表示スピード高速化成功率の高い項目リスト*弊社実績より

高速化成功率の高い項目リスト

コンテンツや記事の中に画像を使っているWEBサイトは数多く、画像が多ければ読み込み数が多くなるので、
画像の圧縮や次世代フォーマット配信がWEBサイト高速化の鍵となっています。

その他にもHTML・CSS・PHPなどファイルの最適化をすることの読み込みを早くする手法としては有効です。
制作段階では、表示スピードのことまで考えて作られてはいないことが多いので、この機会にコンテンツの見直しをしましょう。

DOWNLOAD

資料ダウンロード

資料のイメージ画像

WEBサイト表示スピード高速化の資料DLはこちらから。
SEOに課題を感じている方は、ぜひご覧になってください。

資料はこちら

表示スピードが遅いサイトのリスク

検索順位が下がる

Googleは2018年1月、「ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用する」と発表しました。
このアップデートは「スピードアップデート」と呼ばれています。これにより、表示スピードが遅いWEBサイトは検索順位が下落につながります。

表示スピードと検索順位の関連性

また、2018年より導入されているモバイルファーストインデックスにより、特にスマートフォンの表示パフォーマンス及び高速化が検索順位に影響します。

直帰率が悪化する

表示スピードが1秒から3秒へ落ちると直帰率は32%上昇する」という調査結果がGoogleから報告されています。他社事例として、ウォルマートでは、「1秒高速化するごとに、コンバージョンが最大2%増加した」という成果が報告されており、WEBサイトの表示スピード高速化が重要視されています。

表示スピードの影響で直帰率が悪化するグラフ

上図はウォルマートのスピードとCVRの関係を示すA/Bテストですが、表示スピードが遅くなるとCVRが大きく下がっていることがわかります。

当社高速化の特徴

業界一を誇る調査力

Page Speed Insightsだけではなく、LighthouseやChrome UV Reportなど、全7種類の調査ツールを駆使して表示スピードを阻害する課題を隈なく発見します。課題の粒度ごとに最適なツールを使うことで、多角的にサイトを診断し、細かな表示スピードの問題点を発見します。

業界一を誇る調査力

100項目の高速化タスクに
対応できる技術力

7種類の調査ツールで多角的に検出した100項目以上の高速化タスクについて、弊社の専門エンジニアが包括的に対応します。
当社では、数々のWEBサイトの表示スピード高速化を手がけた専門性の高い技術と、長年Googleアルゴリズムを研究してきたSEOノウハウにより、他社にはできない「表示スピード高速化」と「SEO」を掛け合わせた改善を行います。

100項目の高速化タスクに対応できる技術力

最新Googleアルゴリズムも対応

「コアウェブバイタル」を始め、検索順位のランキング要因となっている、スピードに関する全てのGoogleアルゴリズムに対応します。
2021年に実装予定の最新Googleアルゴリズム「コアウェブバイタル」にもしっかり対応します。SEOに準拠したコーディングルールで高速化作業を行い、自然検索流入の増加につなげます。

LCPについて

LCP -Largest Contentful Paint

LCPは、ページが読み込まれるまでの速度(ローディングパフォーマンス)を表す指標です。
ページが最初にロードを開始してから、2.5秒以内にページで最も大きな要素が読み込まれることが理想とされます。

FIDについて

FID -First Input Delay

FIDは、ユーザーがページ内でアクションを起こせるまでの待機時間を測定する指標です。
リンクのクリックやボタンのタップなどが考えられ、1/100秒未満であることが理想とされます。

CLSについて

CLS -Cumulative Layout Shift

CLSは、ページのレイアウトが突然変わったりすることによる、ユーザーのUX低下を防ぐための視覚的安定を図る指標です。
優れたユーザー体験を提供するためには、ページのCLSを0.1未満にすることが理想となります。

実績紹介

当社グループサイトにて高速化を実施し、いずれも100点近いスコアとおります。

ぜひ実際にアクセスいただき、読み込みスピードの速さを体感してください。

ADAMTECHNOLOGIES コーポレートサイト

ADAMTECHNOLOGIES コーポレートサイト

ADAMTECHNOLOGIES PageSpeedInsightスコア

ADAMTECHNOLOGIES PageSpeedInsightスコア

URL

https://adam-technologies.jp/

施策内容

画像の遅延読み込み
次世代フォーマットによる配信
画像の圧縮
HTML・CSS・JavaScriptファイルの圧縮
JavaScript・WEBフォントの遅延読み込み
データベースの最適化
キャッシュの活用
リンクのプリロード

工数

3営業日程度

WP.make コーポレートサイト

WP.make コーポレートサイト

WP.make PageSpeedInsightスコア

WP.make PageSpeedInsightスコア

URL

https://wpmake.jp/

施策内容

HTML・CSS・JavaScriptファイルの圧縮
JavaScript・WEBフォントの遅延読み込み
データベースの最適化
キャッシュの活用
リンクのプリロード

工数

3営業日程度

このサービスは次のコンサルタントが担当します

田中 雄太

田中 雄太

2015年に入社。SEOライター、SEOプランナー、営業職を経て、SEO事業部長を務める。コンテンツマーケティングから高速化、薬機法、WordPressなど、SEOに関連する知識を幅広く備える。

富澤 洋斗

富澤 洋斗

個人で月間40,000PVのメディアを立ち上げた後、2020年に当社へ入社。SEOプランナー、営業職を経験。現在は主にWebサイト表示スピード高速化やMEOが専門領域している。

谷髙 大貴

谷髙 大貴

フロントエンジニアの経験を持つアカウントプランナー。2021年に当社へ入社。SEMを中心としたWeb広告運用が専門領域。エンジニアの経験をいかしWebサイト表示スピード高速化のノウハウも持つ。

サービスの流れ

STEP
01

STEP
01

お問い合わせ

サービスの詳細についてご説明させて頂きます。

サービスの詳細についてご説明させて頂きます。

STEP
02

STEP
02

打ち合わせ・NDA締結

表示スピード高速化対象のページ指定、お使いのサーバースペックや、CMSのバージョンなどを確認させていただきます。またNDA締結後、FTP情報、WordPressの管理画面情報、ディレクトリマップ等をご共有頂きます。

表示スピード高速化対象のページ指定、お使いのサーバースペックや、CMSのバージョンなどを確認させていただきます。またNDA締結後、FTP情報、WordPressの管理画面情報、ディレクトリマップ等をご共有頂きます。

STEP
03

STEP
03

診断開始

表示スピード高速化に必要な改善項目を全て検出します。診断期間は5営業日程度になります。

サイト表示スピード高速化に必要な改善項目を全て検出します。診断期間は5営業日程度になります。

STEP
04

STEP
04

診断書・御見積のご提出

表示スピード高速化するためのタスクのご説明を行い、その修正項目を作業した場合の御見積も提出します。

表示スピード高速化するためのタスクのご説明を行い、その修正項目を作業した場合の御見積も提出します。

STEP
05

STEP
05

お申し込み

御申込書にご同意をいただきます。

御申込書にご同意をいただきます。

STEP
06

STEP
06

高速化作業

表示スピード高速化の作業に入ります。

表示スピード高速化の作業に入ります。

STEP
07

STEP
07

作業終了/効果計測

表示スピード高速化の結果をご報告します。

表示スピード高速化の結果をご報告します。

サービス料金

料金 作業工数
10万円〜 最短 3営業日〜
料金
10万円〜
作業工数
最短 3営業日〜

オプション

画像、動画軽量化のみのご発注もいただけますので、お気軽にご相談ください。

画像軽量化 ¥20,000〜
次世代フォーマット対応(主にWebP) ¥20,000〜
動画の軽量化 ¥20,000〜
ご注意点
高速化診断の後、施策にかかる工数を計算して概算お見積もりを提出します。
ご発注をいただいた後にサイトの構造を見させて頂き、料金が変動する場合は正式なお見積もりを提出します。
また、その他、表示スピード高速化を目的としたリニューアルやバージョンアップ作業など、ご要望に応じて柔軟にプランをご用意させて頂きます。

よくある質問

  • 可能です。弊社と作業を分担することも可能ですので、都度お気軽にご相談くださいませ。

  • 可能です。実際の作業内容が決定しましたら、お打ち合わせにて作業内容をご説明させていただくことは可能です。

  • 作業に関しては最短で3〜5営業日ですが、サイトの構成によって作業工数は変動します。また、弊社のリソースによって作業開始日をご相談させていただく可能性がございます。

  • 費用に関しましては、サイトの構成や実際に行う作業内容によって変動しますので、ご契約前にお見積もり書を作成させていただきます。

  • 可能です。弊社と作業を分担することも可能ですので、都度お気軽にご相談くださいませ。

  • WEBサイトスピード診断、あるいは表示スピード高速化の作業が完了した月の月末締めのご請求、翌月末までのお支払いになります。

CONTACT

ご相談・お問い合わせ

WEBサイト表示スピード高速化の
無料相談はこちら

WEBサイトの表示スピードに課題を感じられている方は、ぜひ一度お問い合わせください。